Back

ⓘ 日本の被服学者 ..




                                               

安藤穣

安藤 穣 (あんどう ゆたか、1946年 - )は、日本の研究者。東京家政学院大学教授。

                                               

小川安朗

小川 安朗 (おがわ やすろう、1901年2月7日 - 1991年3月20日)は、日本の服飾学者、文化女子大学名誉教授。 長野県諏訪郡永明村(現茅野市)出身。旧制諏訪中学(長野県諏訪清陵高等学校)を経て、東京高等工業学校(現・東京工業大学)色染科卒業。陸軍被服本廠理化学部長、研究部長。戦後は繊維会社に勤務し繊維を研究、1962年文化女子短期大学教授、1964年文化女子大教授兼任。1972年定年退任、名誉教授。 世界各地の民族衣装を研究、1964年ヨーロッパ7か国を回り、57か国で研究、死去の直前まで中国雲南省で研究していた。

                                               

成田順

成田 順 (なりた じゅん、1887年8月16日 - 1976年6月24日、旧姓・南部)は、日本の家政学者。女子教育に永年携わり、学校教育のなかに洋裁をとりいれた。 お茶の水女子大学教授、文化女子大学長、日本家政学会会長などを務めた。女性初の文部省督学官のひとり。

                                     

ⓘ 日本の被服学者

  • 川上 梅 かわかみ うめ 1953年1月 - は 日本の被服学者 東京家政学院大学教授 1975年 お茶の水女子大学家政学部卒 1977年 お茶の水女子大学家政学部大学院家政学研究科 被服学 専攻修士課程 1978年 相模女子大学助手 1989年 東京家政学院大学家政学部講師 1991年 大妻女子大学人間生活科学研究所研究員
  • 澄子 やなぎさわ すみこ 1913年11月22日 - 2013年9月20日 は 日本の被服学者 長野県生まれ 1934年東京女子高等師範学校家事科卒 1959年 日本 人成人女子 の 生体学的研究並びにそれによる衣服寸法 の 基準設定 で東京大学医学博士 長野県女子専門学校教授 実践女子専門学校教授 東京
  • 応用 被服 材料学 光生館 1963 着る 愉しむ 化学せんい の 上手な買い方使い方 六月社 1964 服装原論 光生館 1966 人はなにをいかに着てきたか 文研出版 1970 被服 材料教本 光生館 1970 服飾教本 光生館 1970 体系 被服学 光生館 1971 民族服飾 の 生態 東京書籍 東書選書
  • 2019年1月25日 は 日本の 家政 学者 奈良女子大学名誉教授 専門は 被服学 日本の 国立大学における初 の 女性学長として 1997年4月1日に奈良女子大学第8代学長に就任した 2003年3月31日まで学長を務めた その後 国立大学法人評価委員会委員 第一期 中央教育審議会委員を務めた 夫は体育 学者 奈良女子大学名誉教授 の 丹羽劭昭 たかあき 1931年
  • は 日本の 服飾 学者 東京都立立川短期大学 放送大学名誉教授 東京生まれ 1955年 お茶の水女子大学家政学部 被服学 科卒業 1958年 東京工業大学大学院理工学研究科修士課程繊維工学専攻修了 実践女子大学助手 1961年 東京都立立川短期大学講師 助教授 教授 1978年 分散染料 の
  • 山村 明子 やまむら あきこ 1965年3月 - は 日本の 家政 学者 東京家政学院大学准教授 1987年 日本 女子大学大学院家政学部卒 1989年 日本 女子大学大学院家政学研究科 被服学 専攻修了 1989年 日本 大学国際関係学部副手 1991年 青葉学園短期大学家政学科助手 1994年 一宮女子短期大学講師
  • よしこ 1944年2月20日 - は 服飾史 学者 学習院女子大学名誉教授 岡山県津山市生まれ 1966年お茶の水女子大学家政学部 被服学 卒 1968年同大学院修士課程修了 学習院女子短期大学助教授 教授 学習院女子大学教授 2015年定年退任 名誉教授 2012年国際服飾学会会長 古代服飾 の 研究 縄文から奈良時代 源流社
  • 広島陸軍 被服 支廠 ひろしまりくぐんひふくししょう もしくは出汐倉庫 でしおそうこ は 広島県広島市南区出汐にある大 日本 帝国陸軍 の被服 廠として建設された施設 兵員 の 軍服や軍靴などを製造していた 戦後 建物は様々なものに転用されたが1997年以降閉鎖され遺構として放置されている 現在は 出汐倉庫 の
  • なお 湯たんぽ研究に関する研究成果は 複数 の 研究不正 の被 害にあっている サンキュータツオによれば ある地方自治体主催 の 展覧会パンフレットに無断引用されたほか 某大学教授 の コンピュータ時代 の デザイン という論文で盗用されたことが判明している 後者については謝罪があったが 前者についてはまだ未解決である 被服 デザイン の 体系 三共出版 1983年
  • 被服学 科を設置 当初は 女子126人が在籍 1970年 学科 の 新設が行われる 食物栄養学科 在 学者 数は女子21 養護教育学科 在 学者 数は女子22 1979年 専攻科養護教育学専攻を設置 1981年 3月31日をもって 被服学 科が正式に廃止される 1987年 瀬戸内短期大学と改称 男子学生 の
  • 日本 繊維製品消費科学会論文賞受賞 1996年 - 日本 社会心理学会島田賞受賞 2009年 - 日本 繊維製品消費科学会功績賞受賞 被服 心理学 光生館 1985年 衣服と装身 の 心理学 関西衣生活研究会 1994年 経営産業心理学パースペクティブ 誠信書房 1994年 記号と情報 の 行動科学 福村出版 1994年
  • の フィールド ユニット制 カリキュラムが 特色ある大学教育支援プログラムに選ばれている 被服 科を 被服学 科に改称 2004年 3月31日をもって秘書科 国際教養科 家政科家政専攻廃止 2008年 短期大学創立50周年を迎える 被服学 科をファッション総合学科に改称