Back

ⓘ 標式遺跡 ..




                                               

伊場遺跡

伊場遺跡 (いばいせき)または 伊場遺跡群 (いばいせきぐん)は、静岡県浜松市中区伊場にある弥生時代から平安時代にかけての複合遺跡。弥生時代の環濠集落のほか、古代敷知郡の郡衙および栗原駅家跡と見られる遺構・遺物が発見された。1954年(昭和29年)に県指定史跡に指定されたが1973年(昭和48年)に指定解除された。このため1974年(昭和49年)には指定解除の取消を求めた行政訴訟「 伊場遺跡訴訟 」を引き起こした。

                                               

サーマッラー

サーマッラー ( سامراء Sāmarrāʾ)はサラーフッディーン県に属するイラクの都市。

                                               

パジリク古墳群

パジリク古墳群 (パジリクこふんぐん)、または、 パジリク遺跡 (パジリクいせき)とは、ロシア連邦、南シベリアのアルタイ地方中央付近、アルタイ共和国の標高1600mのパジリク河岸にある大型円墳5基、小型円墳9基からなる墳墓(クルガン)群。 1929年にM.P.グリャズノフとS.I.ルデンコ、1947年から1949年にかけてS.I.ルデンコによって大型円墳5基を含む8基の墳墓が発掘調査された。

                                               

ハルシュタット (オーバーエスターライヒ州)

ハルシュタット ( Hallstatt )は、オーストリア中部オーバーエースターライヒ州に属する小規模な 基礎自治体 。ザルツブルク市にほど近く、オーストリア・アルプスの麓の湖水地帯ザルツカンマーグート地域の最奥に位置する景勝地である。

                                               

半坡遺跡

半坡遺跡 (はんぱいせき)は、中国の陝西省西安市灞橋区滻河東岸の新築街道半坡村に位置する新石器時代の遺跡。市内より東8キロの台地に位置し、仰韶文化に属する典型的な母系氏族集落遺跡である。 1952年に発見され、1954年から1957年にかけて発掘調査が行われた。遺跡面積は約5万平方メートル、その内五分の一の範囲が調査され、住居跡46箇所、窖穴200以上、墓葬遺構247箇所(成人用174、子供用73)、陶窯遺構6箇所を調査、1万点以上の遺物が発見された。中国で初めて発見された大規模旧石器時代の遺跡として注目され、1958年に博物館が建設されている。また同遺跡からは 半坡文字 と呼ばれる文字に近い記号も発見されている。 集落は不規 ...