Back

ⓘ 画期的治療薬 ..




                                               

アベマシクリブ

アベマシクリブ の選択的阻害薬である。製品名は ベージニオ 、 Verzenio 。 乳癌の画期的治療法として米国食品医薬品局 FDA に2015年10月指定された。 2017年9月28日にFDAにより米国内での乳癌での使用が承認された。日本では2018年11月20日薬価収載された。

                                               

デュピルマブ

デュピルマブ (dupilumab、商品名: デュピクセント Dupixent)は、湿疹といった アレルギー性 疾患の治療のために設計されたヒト型抗ヒトIL-4/13受容体モノクローナル抗体である。副作用にはアレルギー反応、 口唇ヘルペス 、 角膜の炎症 がある。 リジェネロン フアーマシューティカル社とサノフィ・ジェンザイム社によって開発された。 FDAはデュピルマブを「画期的治療薬Breakthrough Therapy」に指定し優先審査により2017年に認可した。2017年現在、年間およそ3万7千ドルの費用がかかる。 日本では2018年に認可され、サノフィ株式会社が発売している。「デュピクセント皮下注300mgシリンジ」および「デュピクセント皮下注300mgペン」と ...

                                               

ニラパリブ

ニラパリブ (Niraparib、開発コード:MK-4827)は、上皮性卵巣癌、卵管癌、原発性腹膜癌の治療に用いられる経口抗癌剤である。日本では卵巣癌の治療・維持療法で用いられる。類薬のオラパリブは BRCA 遺伝子変異陽性の患者に使用されるが、ニラパリブはBRCA遺伝子変異の有無に拘らず使用可能である。 米国と欧州で2017年に、日本で2020年に承認された。

                                               

パルボシクリブ

パルボシクリブ (英: Palbociclib )は、HR陽性およびHER2陰性の乳がんの治療薬。ファイザーが開発し、 イブランス (Ibrance)の商品名で販売されている。サイクリン依存性キナーゼ CDK4およびCDK6の選択的阻害剤で 、がん治療薬として承認された最初のCDK4/6阻害剤である。