Back

ⓘ 司書講習 (ししょこうしゅう)とは、司書となる資格を付与する講習のことである。図書館法(昭和25年法律第118号)の第6条などに定めがある「司書の講習」のことである。 ..




                                     

ⓘ 司書講習

司書講習 (ししょこうしゅう)とは、司書となる資格を付与する講習のことである。図書館法(昭和25年法律第118号)の第6条などに定めがある「司書の講習」のことである。

                                     

1. 概要

第二次世界大戦後、図書館法の制定とともに法制化された司書資格・司書補資格を、現職の図書館員たちに付与するために始められた。初回は1951年(昭和26年)に東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、九州大学を会場に開講され、翌年以降は全国各地の国立大学を巡回するように開講された。

当初は国立大学が主であったが2年目以降は私立大学でも行われるようになり、1950年代後半からは私立大学が主流となった。2004年(平成16年)を最後に筑波大学の司書講習が終了し、以降の実施大学はすべて私立である。

本来は現職職員への資格付与を目的としたものであったが、現在では学生や非正規職員、他業種からの転職などを目指す者などが多く、当初とはその役割も変わってきている。なお、受講者は女性が圧倒的に多い。

2019年は、富士大学(岩手県)、聖徳大学(千葉県)、明治大学(東京都)、鶴見大学(神奈川県)、愛知学院大学(愛知県)、桃山学院大学(大阪府)、別府大学(大分県)の7大学で実施される。通常、夏季に約2か月間の日程で行われるが、過去には冬季に実施する大学もあった。

大学に2年以上在学し62単位以上を修得した者、大学・短大・高専を卒業した者、司書補として通算2年以上の勤務経験を有する者が受講できる。ただし、規定の単位を取得しても、在学中の大学生であれば大学を卒業するまで、司書補であれば通算3年に達するまで、司書資格を取得したことにはならない。

司書資格を取得したからといって、実際に図書館で働ける可能性は決して高くはない。特に近年は図書館職員の非正規化が進んでおり、毎年1万人の有資格者が輩出されるのに対し、公立図書館での正規司書の採用は日本全国あわせても年に数十人程度である。