Back

ⓘ 文化用語 ..




                                               

基層文化

基層文化 (きそうぶんか)は、ドイツの民俗学者ハンス・ナウマン(Hans Naumann、1886年-1951年)による文化観においてとくに強調された、民俗学の対象となる文化のことである。

                                               

教養

教養 (きょうよう)とは、個人の人格や学習に結びついた知識や行いのこと。これに関連した学問や芸術、および精神修養などの教育、文化的諸活動を含める場合もある。

                                               

国際交流

国際交流 (こくさいこうりゅう)には、さまざまな次元のものがある。まず留学、企業単位や政府の招聘レベルでの技術研修、これは企業の枠内のものから、工業、農林水産業、医療看護などに至るまで活発に行われている。学者や文化人の招聘・派遣もある。こちらから出て行くものとしては、日本青年海外協力隊やスポーツ団体派遣のスポーツ指導者などが挙げられる。 都道府県単位で、国際交流センターなどを都道府県庁所在地に設けている例も多い。都市部の自治体では「○○市国際交流協会」といった外郭団体が存在する。 民間レベルでは、ユネスコ、ライオンズクラブなどの国際親善活動や短期留学の斡旋、NPO、NGOなどの諸団体の海外協力ボラン ...

                                               

史跡保護

史跡保護 は、歴史に重要性のある建造物、物、景色、他の人工物を保存し、保護しようと努力する取り組みをすることである。この語は、特に建築された環境の維持することを指し、原生林または荒野の保存することは意味しない。

                                               

持続可能な開発のための文化

持続可能な開発のための文化 (じぞくかのうなかはいつのためのぶんか)とは、持続可能な開発を実現するため ユネスコが文化政策面から提言する行動規範である。ユネスコでは正式には英語で「 Culture for Sustainable Development 」と表記するが、一般的には「Cultural sustainability(文化的持続可能性)」と略され、ユネスコ内部でも「 Culture and Development(文化と開発) 」とさらに短く総括している。

                                               

進歩

進歩 (しんぽ)とは、望ましい方向へ物事や文化、文明などが進んでいくことである。対義語は 退歩 (たいほ)。類義語は 発展 、及び 発達 。また生物学の分野では 進化 がよく混同される。

                                               

同化政策

同化政策 (どうかせいさく、英語:cultural assimilation)とは、力を持つ民族が、弱い民族(もしくは集団)に対して自らの文化伝統を受け入れるよう強いる政策を言う。歴史的には古くからあるが、とりわけ国民国家形成期以降の同化政策が典型的なものである。

                                               

時計の聖地

時計の聖地 (とけいのせいち)とは、東京都中野区中野五丁目にある複合ビル「中野ブロードウェイ」内三階フロアの時計店密集エリアの事を指す。

                                               

ハイカルチャー

ハイカルチャー (英: High culture )とは、学問、文学、美術、音楽など人類が生んだ文化のうち、その社会において高い達成度を示していると位置づけられたもの。 上位文化 などと訳されることもある。または「文化」という言葉がもっぱらハイカルチャーを指すことがある。また、政治的・経済的な優位性を持つ人々によって支配された伝統的国民文化であることから社会的に高い位置づけをされているという側面もあり、現実に創造力の具現としての価値が高いかどうかは個別に判断を要する問題である。 ハイカルチャーは(主に19世紀までの間にヨーロッパを中心に形成された)貴族や富裕層階級のものであり、知識・教養を持つ少数の者が享受す ...

                                               

文化 (動物)

この記事では生物学における 文化 (ぶんか)という用語・概念について解説する。生物学では文化とは、 動物の行動における、個体間で伝達継承される、後天的に獲得された行動全般のこと(行動主義的な用法)。一般には文化は、人間とその他の動物を分けるためのものとして定義されるが、動物にも認められるという考え方に基づく。 文化人類学上の文化概念を、今西錦司が動物社会にまで敷衍させて用いたもの。 その「文化」というのは、文化人類学者によって表現が異なるが、例えばLinton(1945)によって「習得された行動と行動の諸結果の総合体であり、その構成要素があるひとつの社会のメンバーによって分有され伝達されるもの」とされた ...

                                               

文化事業

文化事業 (ぶんかじぎょう)文化に貢献するために行われる事業。

                                               

文化多元主義

文化多元主義 (英:Cultural pluralism)とは、大きな社会の中で小さな集団が独自の文化的アイデンティティを維持し、その価値観や慣習が支配的な文化に受け入れられ、それがより広い社会の法律や価値観と一致する場合に用いられる言葉である。社会学の用語として、文化的多元主義の定義と説明は時とともに進化してきた。文化的多元主義は、事実であるだけでなく、社会的な目標であるとも言われている。

                                               

文化的モザイク

文化的モザイク (ぶんかてきモザイク、Cultural mosaic、フランス語:la mosaïque culturelle)とは、様々な民族集団や言語、文化が社会の内部で共存する様を表す言葉。アメリカ合衆国が支持する同化政策を指して用いられる場合が多い、人種のるつぼ論のような他の制度とは異なり、多文化主義の考えを擁護。各民族が独自の文化や伝統を保持することを奨励する傾向が強い。

                                               

文化のダイヤモンド

文化のダイヤモンド (ぶんかのダイヤモンド, 英: cultural diamond )は、文化社会学において用いられるモデル。アメリカの社会学者 ウェンディ・グリスウォルド が著書" Cultures and societies in a changing world "で提唱した。 文化と社会の相関は、文化は社会を映す鏡というような、社会が文化を規定するという素朴反映論で議論されることが多かった。グリスウォルドがその起源と限界を示し、新たなモデルとして提案したのが、文化のダイヤモンドである。 文化のダイヤモンドは、文化的客体(文化的生産物)・社会的世界(社会的文脈)・生産者・享受者の4者を四角形の角に配置し、4者の間を6本の線分で結んだ形で表現される。「ダイ ...

                                               

文化の道

文化の道 (ぶんかのみち、英:Cultural Route/Cultural Road)は、2008年にユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(ICOMOS)が『文化の道に関する憲章』を採択し、翌年の第33回世界遺産委員会で承認された概念で、世界遺産において「道」に関する文化遺産の登録推進と、道を介して行われた文化循環の研究を行うことで文化摩擦を減らす啓蒙とすることを目的する指針である。 2013年の『世界遺産条約履行のための作業指針』では「遺産の道」(Heritage Route)という文言も盛り込まれた。 なお、実際には『文化の道憲章』が採択される前から「道の世界遺産」は登録が行われていた。 主な道の世界遺産 シルクロードの世界遺産登録は2002 ...

                                               

文化摩擦

文化摩擦 (ぶんかまさつ)とは、ある文化の常識・価値観と、他の文化の常識・価値観とが衝突することを指す。 著作権制度の厳しい日本とアジア諸国との対立も文化摩擦と言えよう。アジア諸国とは、文化摩擦を起こしやすい。お互いの考え方や姿勢が衝突を起こすことが多い。文化摩擦は主に性差、制度も含めた地域差、思考パターンの違いや世代の違いなどによって起こる場合が多い。 また、価値観の異なる個人と個人の間でも、文化摩擦は起きる。

                                               

文教政策

文教政策 (ぶんきょうせいさく) 日本の文教政策はかつて文部省が所管しており、教育政策のほか、スポーツ政策、学術政策、文化政策などがあった。2001年1月、科学技術庁との合併で文部科学省となり、文教政策と科学技術政策の双方を所管することとなった。

                                               

紫の経済

紫の経済 は、経済分野で財産やサービスの文化的潜在性の価値を高めながら持続可能な開発に関与するものである。