Back

ⓘ 数学の概念 ..




                                               

無次元量

無次元量 (むじげんりょう、英語: dimensionless quantity )とは、全ての次元指数がゼロの量である。慣習により無次元量と呼ばれるが無次元量は次元を有しており、指数法則により無次元量の次元は1である。 無次元数 (むじげんすう、 dimensionless number )、 無名数 (むめいすう、 bare number )とも呼ばれる。 無次元量の数値は単位の選択に依らないので、一般的な現象を特徴付ける物理量として、物理学、工学、経済など多くの分野で広く用いられる。このようなパラメータは現実には物質ごとに決まるなど必ずしも操作可能な量ではないが、理論や数値実験においては操作的な変数として取り扱うこともある。