Back

ⓘ 地球科学史 ..




                                               

シェハリオンの実験

シェハリオンの実験 (シェハリオンのじっけん、英: Schiehallion experiment )とはネヴィル・マスケリンにより1774年に実施された地球の平均密度の計測を目的とした実験である。王立協会からの研究費を得て同年夏、スコットランド・パースシャイアにあるシェハリオン山 を含む山岳地帯で実施された。本実験は、振り子 における、近傍にある山の引力に起因する、真の鉛直方向からの微小な変位角を計測するものである。シェハリオン山は、複数の選定候補の山の中で、その孤立性・ほぼ対称な形状など、理想的な実験立地にあると考えられていた。 本実験計画はかつてアイザック・ニュートンによってニュートンの万有引力の法則の実証的実験とし ...

                                               

水成論

水成論 (すいせいろん、 水成説 とも、英語:Neptunism)は、18世紀後半にアブラハム・ゴットロープ・ウェルナー により提唱された現在では否定されている地質学の理論であり、岩石は初期地球の海中で鉱物が結晶化したことにより形成されたとする。 英語名Neptunismは古代ローマの海の神ネプチューンに由来する。この理論の支持者(ネプツニスト)と、火山が岩石の起源に重要な役割を果たしたとする 火成論 として知られた対立する説の支持者との間には多くの論争があったが、地質学的事実がさらに判明していくにつれて斉一説の原理がその事実によく適合することが示されたため、19世紀初頭に修正された形の火成論が水成論に置き換わった。 ...

                                               

斉一説

斉一説 (せいいつせつ、英: uniformitarianism )とは、自然において、過去に作用した過程は現在観察されている過程と同じだろう、と想定する考え方。「現在は過去を解く鍵」という表現で知られる近代地質学の基礎となった地球観。天変地異説に対立する説として登場した。

                                               

大陸移動説

大陸移動説 (たいりくいどうせつ、英: continental drift theory, theory of continental drift )は、大陸は地球表面上を移動してその位置や形状を変えるという学説。 大陸漂移説 (たいりくひょういせつ)ともいう。 発想自体は古くからあり様々な人物が述べているが、一般にはドイツの気象学者アルフレート・ヴェーゲナーが1912年に提唱した説を指す。ヴェーゲナーの大陸移動説は発表後長く受容されなかったが、現在はプレートテクトニクス理論の帰結のひとつとして実証され受け入れられている。

                                               

地球温暖化に関する動きの歴史

地球温暖化に関する動きの歴史 (ちきゅうおんだんかにかんするうごきのれきし)では、地球温暖化の研究、対策などの歴史を述べる。

                                               

地向斜

地向斜 (ちこうしゃ、英: geosyncline)理論は、地殻変動と地質特性を説明する垂直地殻変動に関する理論だが、プレートテクトニクスに取って代わられた古い理論である。地向斜という言葉自体は、盆地に堆積した堆積岩層が圧縮変形して隆起してできた火山などを伴う山脈や線形の谷を表すのに今でも使われることがある。地向斜を構成する堆積岩塊は、褶曲、圧縮、断層などを伴った段階のものである。結晶性火成岩の貫入や谷の軸に沿った隆起などが、一般にその地向斜の終わりとなる。その後、褶曲山脈帯となるとされた。

                                               

天変地異説

天変地異説 (てんぺんちいせつ、Catastrophism)または 激変説 とは、地球や生物の歴史に関する初期の仮説の一つで、地層の形成や化石生物を天変地異的な現象で説明しようとするものである。ジョルジュ・キュヴィエによって唱えられ、斉一説や進化論に対する強い抵抗勢力であったが、19世紀には力を失った。

                                               

フランス科学アカデミーによる測地遠征

フランス科学アカデミーによる測地遠征 は、18世紀に現在のエクアドルに遠征して赤道での地球の緯度の1度当たりの子午線弧の距離を測量することによって地球の形状を明らかするために派遣された地学調査である。この調査は最初の近代的な科学的手法による地学調査のひとつで最初の主要な国際的な科学遠征でもある。

                                               

モホール計画

モホール計画 (モホールけいかく、英語: Project Mohole )とは、地球の地殻を貫いてモホロビチッチ不連続面まで掘削を行おうという、アメリカ合衆国の大計画。

                                               

地質学の歴史

地質学の歴史 (ちしつがくのれきし)では、自然科学の一分野である地質学の発展の歴史について述べる。地質学とは、地球の起源、歴史、構造を科学的に研究する学問である。