Back

ⓘ 人類学の分野 ..




                                               

人類生物学

人類生物学 (じんるいせいぶつがく、英語:human physiology)は、ヒトを対象とした生物学の一分野であり、医学、霊長類学や他の様々な分野と密接に関連している。 ヒトは、数100兆個の細胞からなる多細胞の真核生物である。ただし人体を構成する細胞の数については諸説あり、幅広い値が提唱されている。種としてみると、ヒトは霊長類に属し、高度に発達した脳によって霊長類の他の種と区別される。ヒトは多細胞の動物であるが、生物学的プロセスの多くは酵母などの真核単細胞生物や、さらには原核生物とさえ共通している。 ヒトと酵母の生物学的に最も大きな違いの一つは、酵母は単細胞生物であるということである。酵母は分裂し、新しい個 ...

                                               

政治人類学

政治人類学 (せいじじんるいがく)とは、社会構造の基盤に注目して政治制度の構造を研究する人類学の領域である。

                                               

民族菌類学

民族菌類学 は、菌類の歴史的な使用や社会学的な影響の研究であり、民族植物学や 民族生物学 の下位分野とみなされている。 理論上は火口や、薬としての 薬用キノコ や(酵母を含む)食物も含まれるが、マジックマッシュルームやベニテングタケ、麦角菌のような向精神性のキノコや菌類の研究が多い。 アメリカの銀行家のロバート・ゴードン・ワッソンは、1950年代にこの分野の研究の先駆者となり、彼は妻と共に、 クランデロ (治療的シャーマン)の マリア・サビーナ によるマサテコ族のキノコの儀式に参加し、西洋で最初にそのことで記録された者となった。生物学者の リチャード・エヴァンズ・シュルテス もまた民族菌類学者の先駆者とみ ...

                                               

民族植物学

民族植物学 は植物と人間の文化の相互関係を研究する学問分野である。アメリカ合衆国の植物学者John W. Harshbergerが1895年に初めて用いた言葉といわれている。