Back

ⓘ 芸術におけるセクシュアリティ ..




                                               

ヴァギナ・モノローグス

『 ヴァギナ・モノローグス 』(原題: The Vagina Monologues )は、アメリカのイヴ・エンスラーによって構成された一連の脚本、およびそれに基づく芝居の表題である。「ヴァギナ」は「女性器」、「モノローグス」は「独白(モノローグ)」の複数形であり、様々な女性たちが自らの女性器について語った内容が集められて構成されている。

                                               

ヴィーナス小像

ヴィーナス小像 (ヴィーナスしょうぞう)は、女性をかたどった後期旧石器時代の小像である。 男性または性別不詳にあらわされて彫られた数少ない彫刻もあわせて、ヴィーナス小像は女性をかたどった後期旧石器時代の小像であるならなんでもあてはまる。そしてレリーフもしくは岩や石に彫られたこれらもしばしばあわせて論じられる。多くはヨーロッパで見つかってきたが、しかしながらイタリアを除く地中海のような、いくつかの間隙があるものの、ユーラシアの大部分にわたるそれらの分布の広がりをもって、シベリアのようなはるか離れたところでも発見されてきた。 多くの年代は(26.000~21.000年前の)グラベット期からであるが、しかし早 ...

                                               

ウォレン夫人の職業

『 ウォレン夫人の職業 』(ウォレンふじんのしょくぎょう、 Mrs. Warrens Profession )は、ジョージ・バーナード・ショーの戯曲。検閲を受け上演禁止になり、作者を怒らせたことでも有名。ヴァルター・ベンヤミンもこの作品について語った。

                                               

芸術における膣と外陰部

本項目では 芸術における膣と外陰部 について解説する。 先史時代から21世紀の現代にいたるまで、膣と外陰部は美術のテーマでありつづけてきた。視覚芸術のなかで女性器を題材にしたものには、平面的なもの(絵画など)や、立体的なもの(彫刻など)がある。今から3万5千年ほど前にはすでに、人々は誇張された腹部や尻、乳房、太腿、そして女性器を備えたヴィーナスの彫像を作り上げていた。 1866年、ギュスターヴ・クールベは世界の起源と題する、女性器をクローズアップで描いた裸婦の絵を描いた。20世紀から21世紀にかけ、ニキ・ド・サンファルやジャン・ティンゲリー、五十嵐恵(ろくでなし子)、アニッシュ・カプーアなどの芸術家たちは ...

                                               

サロメ (戯曲)

『 サロメ 』( Salomé )は、オスカー・ワイルドの戯曲。新約聖書を元にした内容。1891年にフランス語で書かれ、1893年にパリで出版された。1894年に出版された英訳版ではオーブリー・ビアズリーの挿画が使用されている。英訳したのはワイルドの同性の恋人だったアルフレッド・ダグラスであるが、出来が悪く、ワイルド本人が翻訳を修正している。内容の背徳性から禁止令が出て、イギリスでは1931年まで上演できなかった。 女優サラ・ベルナールのために書かれたと噂されるが、ワイルド自身はこれを否定している。 日本で最初にこの戯曲でサロメ役を演じたのは松井須磨子である。1913年(大正2年)12月、島村抱月の芸術座による帝国劇場での ...

                                               

芝居 (ベケット)

『 芝居 』( Play )は、劇作家サミュエル・ベケットによる戯曲。初演は1964年、ニューヨークのチェリー・レイン劇場。

                                               

大衆文化における近親相姦

大衆文化における近親相姦 (たいしゅうぶんかにおけるきんしんそうかん)とは、大衆文化において扱われる近親相姦のことである。小説、音楽や映画などといった大衆文化の分野においては近親相姦のテーマが様々な形で扱われる。

                                               

タイタス・アンドロニカス

『 タイタス・アンドロニカス 』( Titus Andronicus )は、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア作の舞台作品。1590年前後に書かれたとされる、最初期の悲劇。 シェイクスピア全作品中、最も残虐で暴力に溢れているという点で異質な戯曲であり、そのため最近まで上演される機会も少なかった。だが20世紀後半以降は徐々に上演が増え、近年では2006年にイギリスにて、ロンドンのグローブ座での上演、ストラトフォード・アポン・エイヴォンで行われたRSC主催のフェスティバルに招聘された蜷川幸雄演出版の上演が共に注目を集めた。

                                               

プエル・ミンゲンス

プエル・ミンゲンス (ラテン語: puer mingēns とは、芸術作品において、小便をしたりそのふりをする姿で描かれる、思春期を迎える前の少年である。気まぐれや子供らしい無垢さから、生殖能力や男性的な見栄(虚勢)のエロティシズムまで様々な象徴的表現を読み取りうる。

                                               

冬物語 (シェイクスピア)

『 冬物語 』(ふゆものがたり、 The Winters Tale )は、ウィリアム・シェイクスピアの喜劇でありロマンス劇である。1610年に完成した。

                                               

文学における近親相姦

文学における近親相姦 には様々な形があり、散文的な構成のものから、あまり成熟していない読者を対象としたものもある。

                                               

ムツェンスク郡のマクベス夫人 (オペラ)

『 ムツェンスク郡のマクベス夫人 』(ロシア語: Леди Макбет Мценского уезда,英語: Lady Macbeth of the Mtsensk District )作品29は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチが1930年から1932年にかけて作曲した全4幕9場から構成されるオペラ。原作はニコライ・レスコフの同名の小説(1864年執筆)を基に、作曲者がオペラ化したもの(台本はアレクサンドル・プレイスと共同で作成)。 1作目の『鼻』に続いて作曲された第2作目のオペラで、作曲者が20代半ばに作られた力作である。しかし後述する「プラウダ批判」により上演が禁止されたため、1962年に本作を『 カテリーナ・イズマイロヴァ 』(作品114)として改訂している。

                                               

ルークリース凌辱

『 ルークリース凌辱 』(ルークリースりょうじょく、 The Rape of Lucrece )とは、伝説的な人物ルクレーティアにまつわるウィリアム・シェイクスピアの物語詩。1594年に書かれた。 シェイクスピアは前年(1593年)に出版した物語詩『ヴィーナスとアドーニス』にパトロンである第3代サウサンプトン伯ヘンリー・リズリーへの書簡を含め、その中で「厳粛な作品」を書く約束をしたが、それがこの『ルークリース凌辱』のことで、前作にあったユーモラスなトーンはなくなっている。

                                               

るつぼ (戯曲)

『 るつぼ 』(原題: The Crucible )は、アーサー・ミラーによる戯曲。セイラム魔女裁判を描き、1950年代に発生したマッカーシズムに対するアレゴリーとして受け取られた。1953年1月、ニューヨーク市 マーテイン・ベックシアター で初演。全4幕。 1957年にフランスで、1996年に米国で、それぞれ映画化された。

                                               

ワルキューレ (楽劇)

『 ヴァルキューレ 』(ドイツ語: Die Walküre )は、リヒャルト・ワーグナーが1856年に作曲し、1870年に初演した楽劇。台本も作曲者による。『 ワルキューレ 』の表記もある。ワーグナーの代表作である舞台祝祭劇『ニーベルングの指環』四部作の2作目に当たる。