Back

ⓘ 三嶋りつ惠. 三嶋 りつ惠 (みしま りつえ、1962年 - )は、日本のアーティスト。ガラス作家。京都府出身。 ..




                                     

ⓘ 三嶋りつ惠

三嶋 りつ惠 (みしま りつえ、1962年 - )は、日本のアーティスト。ガラス作家。京都府出身。

                                     

1. 経歴

1989年からヴェネツィアに移住し、1996年よりムラーノ島の硝子工房で職人とのコラボレーションにより作品制作を行う。2011年より京都に住まいを移し、ヴェネツィアとの二拠点で活動している。「風景に溶け込み、光を通して輪郭だけを浮かび上がらせること」を狙いとして、色鮮やかな色彩が主流であるヴェネツィアン・グラスの中でも透明度の高い無色透明のガラスを用いる作品で知られる。ガラス特有の量感を湛えた作品は大胆な造形でありながら、その時々の光や空間と結びついて多様な表情を見せる繊細さも併せ持ち、展示空間から着想を得て構成されるインスタレーションでの評価も高い。

                                     

2. 主な展覧会

個展
  • 「Giardino dell’Anima」(Hedge Gallery、サンフランシスコ、2007年)
  • 「フルーツオブファイア」(Brutto Gusto、ロッテルダム、2003年)
  • 「清澄」(シュウゴアーツ、東京、2013年)
  • 「In Grimani. Ritsue Mishima Glass Works」第 55 回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展関連企画(国立パラッツオ・グリマーニ美術館、ヴェネツィア、2013年)
  • 「光の縁側」(シュウゴアーツ、東京、2004年)
  • 「Frozen garden / Fruits of fire」(Museum Boijmans、ロッテルダム、2010年)
  • 「Istante」(Brutto Gusto、ベルリン、2016年)
  • 「光たまわる」(ぎゃらりぃ思文閣、京都、2007年)
  • 「あるべきようわ」(資生堂ギャラリー、東京、2011年)
  • 「ドルチェヴィータ」(ぎゃらりぃ思文閣、京都、2012年)
  • 「Stream of Light」(Brutto Gusto、ベルリン、2010年)
  • 「Cristal Blanc」(Galerie Pierre Marie Giraud、ブリュッセル、2017年)
  • 「百年後 – 未完の考古学」(シュウゴアーツ、東京、2008年)
  • 「East Meets West」(Brutto Gusto、ベルリン、2008年)
  • 「水脈」アジア回現代美術展 特別連携事業(思文閣、京都、2017年)
  • 「Natuurfragmenten」(Brutto Gusto、ロッテルダム、2005年)
  • ライブインスタレーション「Mishima Intuizioni」(スプートニクパッド、東京、2002年)
  • 「Illumination」(Galerie Pierre Marie Giraud、ブリュッセル、2012年)
  • 「Consciousness」(Galerie Pierre Marie Giraud、ブリュッセル、2015年)
  • 「星々」(シュウゴアーツ、東京、2017年)
  • 「Gibigiana」(Galleria Blanchaert とのコラボレーション、Vivaio Riva Greenhouse、ミラノ、2000年)
  • 「Giardino dell’Anima」(Renzi & Reale Studio、ミラノ、1990年)
  • Vincenzo Castella とのインスタレーション(Le Case DʼArte、ミラノ、2004年)
  • 「Lumina」(Luhring Augustine、ニューヨーク、2019年)
  • 「Risonanze」(Galleria Blanchaert とのコラボレーション、San Sisto Chapel、Basilica of San Lorenzo、ミラノ、2001年)
  • 「椀へ 」(注:「椀」は木へんではなく光) 思文閣銀座 東京
  • 「Genèse」(Galerie Pierre Marie Giraud、ブリュッセル、2007年)
  • 「しずかな粒子」(ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡、2007年)
  • 「きらりろら」(Galleria Blanchaert、ミラノ、2002年)
  • 「きらりろら」(Kobo + Space Tomo Gallery、東京、2002年)
  • 「All That Is Solid」(Hedge Gallery、サンフランシスコ、2011年)
  • 「Riflessi」(Galerie Pierre Marie Giraud、ブリュッセル、2010年)
  • 「Life: objects of water and light」(Hedge Gallery、サンフランシスコ、2005年)
  • 「フルーツオブデザイア」(Kroller-Muller Museum、オッテルロ、2003年)
グループ展
  • 「All’Ombra della Luce」(アートバーゼル デザインマイアミ Perrier-Jouetブース、マイアミ、2015年)
  • 「とめどないエネルギー ガラスをめぐる探究と表現」(富山市ガラス美術館、富山、2017年)
  • 「Spring at Palazzo Fortuny. Ritsue Mishima. Tras Forma」(Museo Fortuny、ヴェネツィア、2014年)
  • 「光のあいだ」(シュウゴアーツ、東京、2015年)
  • 「Recent Acquisitions – New in De Hallen Haarlem」(Frans Hals Museum、ハーレム、2012年)
  • 「Imagining Prometheus」(Palazzo della Ragione、ミラノ、2003年)
  • 「Glass, Textiles, Lacquer & Ceramic」(Erskine, Hall & Coe、ロンドン、2018年)
  • 「Glass and Ceramics Today」(LʼArc en Seine & Pierre Marie Giraud、ニューヨーク、2009年)
  • 「雪見の庭」(しずおか国際園芸博覧会、浜松、2004年)
  • 「Geometrica」(Tristan Hoare、ロンドン、2018年)
  • 「Living With Art」(Albion Barn、オックスフォード、2016年)
  • 「東アジア文化都市2017京都 アジア回廊 現代美術展」(二条城、京都、2017年)
  • 「Vetri Nel mondo. Oggi」(Instituto Veneto di Scienze、ヴェネツィア、2004年)
  • 「Earth, Fire & Water」(Katie Jones、ロンドン、2005年)
  • 「庭をめぐれば」(ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡、2012年)
  • 「Ritsue Mishima Holger Niehaus」(Brutto Gusto、ベルリン、2013年)
  • 「コンテンポラリーデコラティブアーツ」(Sothebyʼs、ロンドン、2001年)
  • 「西から東から」(シュウゴアーツ、東京、2005年)
  • 「グループ展」 Katie Jones、ロンドン、2000年)
  • 「あこがれのヴェネツィアン・グラス 時を超え、海を越えて」(サントリー美術館、東京、2011年)
  • 「第2回菊池寛実賞 工芸の現在」(菊池寛実記念 智美術館、東京、2016年)
  • 「グラス&セラミックス」(Galleria Blanchaert、ミラノ、1999年)
  • 「第 53 回ヴェネツィアビエンナーレ」(ヴェネツィア館、ヴェネツィア、2009年)
  • 「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」ヨコハマトリエンナーレ 2014(横浜美術館、横浜、2014年)
                                     

3. パブリックコレクション

  • Frans Hals Museum ハーレム、オランダ
  • Boijmans Van Beuningen ロッテルダム、オランダ
  • Alter Hof Herding コースフェルト、ドイツ
  • ヴァンジ彫刻庭園美術館 静岡、日本
  • Musée des Arts décoratifs パリ、フランス
  • Museum Jan van der Togt アムステルフィーン、オランダ