Back

ⓘ 環境社会科学 ..




                                               

定常経済

定常経済 すなわち 定常状態の経済 (英: steady-state economy )とは一定の 物理的な 財産(資本)と一定の人口規模から成り立つ経済である。実際には、このような経済は時間経過において成長しない。その用語は通常特定の国の国民経済を指すが、しかしそれはひとつの都市や地域、もしくは世界の経済システムについても適用しうる。初期の経済思想史において、18世紀の古典派経済学者のアダム・スミスは経済の 定常状態 (英: stationary state )の概念を展開した:スミスは世界のいかなる国民経済も早晩定常の終局状態に落ち着くだろうことを信じた。 1970年代以降、定常状態の経済の概念は環境経済学者のハーマン・デイリーの主導の仕事 ...