Back

ⓘ ヴェドゥータ ( Veduta )とは、都市の景観をきわめて精密かつ大規模に描いた絵画または印刷物。 veduta はイタリア語で景観(view)という意味。複数形は vedute 。ヴェ ..




ヴェドゥータ
                                     

ⓘ ヴェドゥータ

ヴェドゥータ ( Veduta )とは、都市の景観をきわめて精密かつ大規模に描いた絵画または印刷物。 veduta はイタリア語で景観(view)という意味。複数形は vedute 。ヴェドゥータを描く画家は vedutisti と呼ぶ。 都市景観画 (としけいかんが)とも訳される。

                                     

1. 歴史

風景画というジャンルが生まれたのは、16世紀、フランドルの パウル・ブリル あたりからと言われる。17世紀になって、オランダの富裕な中流階級が地元愛をアピールする目的で、見てそれとわかる都市や田園の風景を細密に描いた特産品の絵をオランダ人画家たちが作りだした。その代表的作品が、ヨハネス・フェルメールの『デルフトの眺望』である。ヴェドゥータの発展に大きな貢献をしたのはそのオランダのヘント出身で、17世紀後半にローマに住んでいた建築家・製図家・彫刻師のLievin Cruylである。Cruylは都市景観の地形上の外観を線図で再現した。

18世紀、グランドツアーが普及すると、フォロ・ロマーノやカナル・グランデのヴェドゥータがイギリス人貴族の大陸への興味を掻き立てた。18世紀中頃になると、ヴェネツィアがヴェドゥータの中心として知られるようになった。カナレットとフランチェスコ・グアルディの一族がこのジャンルの作品を多く制作し、そのうち何人かはヴェネチアを離れ、ヨーロッパの他の都市で活動した。たとえば、カナレットはロンドン、その甥のベルナルド・ベッロットはドレスデンとワルシャワへ行った。

ヴェネツィア以外のイタリアの都市では、ヴェドゥータは特異な進化を遂げた。廃墟を得意としたジョバンニ・パオロ・パンニーニ、都市景観に加えて人間や動物に脇役の役割を与えたカスパー・ファン・ウィッテルやヘンドリック・フランス・ファン・リント、ガスパール・デュゲのような古典的な風景画をヴェドゥータに発展させたヤン・フランス・ヴァン・ブローメン、などである。

やがてヴェドゥータの中に、パンニーニの絵のように架空の景観を描いたものも出てくる。カプリッチョまたは vedute ideate 、 veduta di fantasia と呼ばれるものである。ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージはこのジャンルのエッチングの第一人者で、『ローマの景観』シリーズは大ヒットした。

19世紀になって、人々は地形上の正確さより個人的な印象を求めるようになり、それはヴェドゥータではない他の絵画、後には写真、パノラマがそれに応えた。

ヴェネツィアではよそから移住してきた画家たちがコミュニティを作っていた。ガリツィア出身の アントニエッタ・ブランダイス 、スペインからマルティン・リコ、マリアノ・フォルトゥーニ、Antonio María Reyna Manescau、Rafael Senet、ペルーからFederico del Campo。ヴェネツィアの景観画は国際的に需要があり、彼女/彼らはイタリアの景観画を描くことだけで大きな名声を得た。とくにdel Campoの景観画はイギリス人観光客に人気で、何度も描かされた。Reyna Manescauも同様で同じ景観画をわずかに違えたものを描き続けた。

                                     

2. 外部リンク

  • ウィキメディア・コモンズには、 ヴェドゥータ に関するカテゴリがあります。
                                     
  • Vanvitelliあるいはガスパーロ デリ オッキアーリ Gasparo degli Occhialiとして知られている ローマで長らくキャリアを積んだ 彼は ヴェドゥータ として知られる風景画のジャンルの発展に中心的な役割を果たした ファン ウィッテルは父が手押し車製作職人であるカソリックの家庭に生まれた 彼は現
  • ヴェドゥータ イタリア語で 眺め の意味 の名人のように 彼も自身の都市眺望の秀でた精確さを達成するためカメラ オブスキュラを使用していた 伯父はきっちりした理想的な光景を描こうとしたが ベッロットはあるがままの日常生活の光景を描こうとしており この点に特徴が認められる ベッロットは ヴェ
  • ユベール ロベール Hubert Robert 1733年5月22日 1808年4月15日 はフランスの画家である イタリアで学び 都市景観画 ヴェドゥータ や奇想画 カプリッチョ と呼ばれる 実在の建物 古代遺跡 それに架空の遺跡などを描く風景画の作者として知られる
  • Bibiena: 1659 - 1739 の弟子であったと推定されている 1711年にローマに移り ベネデット ルティ 1666 1724 に学んだ ローマでは ヴェドゥータ 都市景観画 を得意とする画家 カナレット 1697 - 1768 と知り合い 影響を受けた ローマでは装飾画家として知られるようになり Villa
  • ヴィヴィアノ コダッツィ Viviano Codazzi 1604年頃 - 1670年11月5日 はイタリアの画家である ヴェドゥータ 都市景観画 や カプリッチョ 奇想画 の描き手として知られる ナポリやローマで活動した イタリア北部のベルガモで生まれた 1620年頃ベルガモを出たとされ ロー
  • 1768年4月19日 は ヴェ ネツィア共和国の景観画家 版画家である ヴェドゥータ 都市景観画 を得意とした 父親であるベルナルド カナールも画家であったことから区別するために 小カナル カナレット と呼ばれるようになった 1719年ごろローマで 父親とともに 劇場舞台背景絵画制作をやっていた 1720年までには ヴェ
  • その作品は 古代ローマ 旧約聖書 新約聖書 ナポリ ヴェ ネツィア メスから霊感を得た 荒廃 自然の 大変動 不思議な建物 が特色で 20世紀になって アンドレ ブルトンからシュルレアリスムの先駆者と評価された その特異なスタイルが 次世代のイタリアの都市の風景画 ヴェドゥータ
  • 8年に結婚 カルヴァリア ゼブジドフスカにある彼のホリデーハウスにはよく足を運んだ 1913年に彼女は ヴェ ネツィアへ向かい その町が垣間見せる雰囲気のすべてを落とし込んだ傑作である ヴェドゥータ 都市景観画 を描き上げ 1914年からの第1次世界大戦中にはウィーン応用美術大学で勉強に励んだ
  • アゴスティーノ タッシのクアドラト ゥー ラなフレスコ画やクロード ロラン ヘルマン ファン スワーネフェルトの都市景観画を見て影響されたのかもしれない カプリッチョを提唱したことで知られるのがジョバンニ パオロ パンニーニで そのスタイルは1740年代のカナレットの ヴェドゥータ
  • 設立されたが 1758年に廃校になった でも学んだ 当時 ヴェ ネツィアで働いていて後にイギリスで活動することになる風景画家のフランチェスコ ツッカレリや ローマ在住のフランス人画家 クロード ジョセフ ヴェ ルネ 都市景観画 ヴェドゥータ が得意なローマの画家 アンドレア ロカテッリらの影響を受け