Back

ⓘ ミハイル・ミシュスティン. ミハイル・ウラジーミロヴィチ・ミシュスティン (ミシュスチンまたはミシュースチン、ロシア語: Михаи́л Влади́мирович Мишу́стин 、ラテン文 ..




ミハイル・ミシュスティン
                                     

ⓘ ミハイル・ミシュスティン

ミハイル・ウラジーミロヴィチ・ミシュスティン (ミシュスチンまたはミシュースチン、ロシア語: Михаи́л Влади́мирович Мишу́стин 、ラテン文字表記の例: Mikhail Vladimirovich Mishustin 、1966年3月3日 - )は、ロシア連邦の政治家、経済学者、一等ロシア連邦経済勤務国家顧問、経済学博士。現在はウラジーミル・プーチン政権にて第11代連邦政府議長、 ベラルーシ・ロシア連合国家 (正式名称は「 連合国家 」)の閣僚会議議長(首相)を務めている。それ以前は連邦税務局長官を務めた。ロシアの納税システムの近代化及びデジタル化を成し遂げた有能な税務官僚としての実績を評価され、政治的実績は皆無でありながら、2020年1月に第11代連邦政府議長に指名された。

                                     

1. 経歴

  • 1989年 モスクワ機械・精密機器大学でシステムエンジニアリングの学位を取得。
  • 1998年 ロシア連邦税務局に入局。ロシア連邦税務・公共料金担当省(国税庁)次官、ロシア連邦経済開発貿易省連邦不動産総局局長、連邦経済特別区管理局局長を歴任。
  • 1992年 同大学の大学院を修了。大学院卒業後は試験所の監督として働き始め、後に公的非営利団体となるInternational Computer Club IAC の理事会を率いた。
  • 1966年3月3日 ソビエト連邦のロシア・ソビエト連邦社会主義共和国のロブニャでユダヤ系ロシア人の父親とロシア人の母親のもとに誕生した。
  • 2020年1月16日 下院議会がミハイル・ミシュスティンを賛成383票・反対0票・棄権41票で承認し、第11代ロシア連邦連邦政府議長に就任。それと同時に連邦税務局長官を退任。
  • 2009年2月 ロシア連邦大統領の人事リストに入る。
  • 2008年 公務員を退職し、再び投資分野のビジネスを開始する。
  • 2010年4月 連邦税務局長官に任命される。
  • 2020年1月15日 ドミートリー・メドヴェージェフ首相が内閣総辞職を表明したのに伴い、ウラジーミル・プーチン大統領より後継のロシア連邦首相に指名される。
                                     

2. 新型コロナウイルス感染

  • 2020年 新型コロナウイルス感染症の流行では対策本部を指揮している。同年4月30日にプーチン大統領とのビデオ通話による面談で「新型コロナウイルスの検査を受け、陽性反応が出た」と報告し、当面は他人との接触を絶つために自主隔離に入り、執務・会議についてはリモートワークにより継続した。その間アンドレイ・ベロウソフ第一副首相がロシア連邦首相代行を務め、5月19日に復職した。