Back

ⓘ 侯文健は天水連線所属の香港元朗区 区議会 ・ 天盛選挙区 選出議員である。 ..




                                     

ⓘ 侯文健

侯文健は天水連線所属の香港元朗区 区議会 ・ 天盛選挙区 選出議員である。

                                     

1. 2019年の香港区議会選挙

2019年7月、侯文健とほか4名の天水連線所属候補、林進、伍健偉、梁栄生、 関俊笙 が区議選への出馬準備をした。2019年10月4日に同選挙区への立候補を正式に届け出た。その後、同選挙区の2番候補となった。選挙結果では3.347票を得て当選した。敗れた陳思静候補の得票は2.830票だった。

                                     

2.1. 当選後の仕事と事件 非公式の宣誓式で嫌がらせを受けた

侯文健は2020年1月1日、他の民主派区議員13人とともに、元朗天水圍公園内で宣誓式を行った。法律で宣誓が義務付けられているわけではないが、区議会議員は香港人の意志表明によってその職に当選したので、任期の初日に宣誓を行うことにした。式の最後に、一人の女性が乱入して、区議を襲撃しようとした。取材中のメディアが動機を確認しようとしたところ、女性はメディアの撮影機材を叩き、混乱を招いた。

                                     

2.2. 当選後の仕事と事件 元朗襲撃事件の徹底捜査を求めて逮捕された

2020年7月19日、候を含む複数の元朗区議員が、襲撃事件現場から 元朗警察署 までデモ行進を行い、警察に対して事件の真相、特に「警黒癒着」の疑いについて徹底的な捜査を求める計画を立てた。しかし政府による防疫措置の再強化されたことを根拠に、デモは人数を制限された。

このうち警察は、未承認集会の疑いで、侯と天水連線所属の伍健偉、林進、関俊笙の4議員を逮捕した。4人は拘束から24時間後に釈放された。この逮捕は7-21襲撃事件(元朗襲擊事件)に警察が関与していたとの疑惑を追及しようとしたことに対する、警察による報復ではないかという疑いを招いた。