Back

ⓘ 花粉学 (かふんがく、Palynology)は、名の通り花粉を研究する学問である。その中身は多岐にわたり、植物学・農学・医学・地質学・考古学等の、あらゆる分野において、現 ..




花粉学
                                     

ⓘ 花粉学

花粉学 (かふんがく、Palynology)は、名の通り花粉を研究する学問である。その中身は多岐にわたり、植物学・農学・医学・地質学・考古学等の、あらゆる分野において、現生や化石の花粉についての研究テーマが多数存在する。 花粉学は、現生植物の花粉の形とその生物学的特性を研究する基本的な「現生花粉学」と、花粉 ・胞子化石を研究対象とする「古花粉学」に大別される。しかし、それ以外にも様々で多彩な分野に別れる。

                                     

1. 花粉学の種類の例

  • 蜜花粉学
  • 宇宙花粉学
  • 石炭花粉学
  • 農業花粉学
  • 考古花粉学
  • 花粉層序学
  • 南極花粉学
  • 法花粉学
  • 石油花粉学
  • 鉱床花粉学
  • 空中花粉学
  • 海洋花粉学
  • 植物学
  • 糞花粉学
                                     

2. 外部リンク

  • 英国シェフィールド大学花粉学センター
  • 花粉と胞子の同定に関する文献
  • 古生代花粉学国際委員会(CIMP) 、古生代国際委員会。
  • アメリカ層序花粉学者協会(AASP)
  • Palynologische Kring、オランダ、ベルギー
  • PalDat、オーストリアのウィーン大学がホストする花粉データベース
  • 国際花粉学会連盟
  • リンネ協会花粉学スペシャリストグループ(LSPSG)
  • インド、ポンディシェリフランス研究所花粉学研究所
  • 微小古生物学会
  • カナダ花粉学者協会
  • 花粉学ユニット、キューガーデン、英国
                                     

3. 参考文献

  • 徳永重元「花粉学の現状とその問題点」。
  • 徳永重元「我国の古花粉学・現状と展望(とくに地質学に関連して)」。
  • ムーア、PD、等。 (1991)、 花粉分析 (第2版)。ブラックウェル科学出版物。ISBN 0-632-02176-4ISBN 0-632-02176-4
  • ロバーツ、N。(1998)、 完新世の環境史 、ブラックウェル出版。 ISBN 0-631-18638-7ISBN 0-631-18638-7
  • 徳永重元「多彩なる花粉学」。
  • トラバース、A。(1988)、 古リンパ学 。ハイマンを倒す。 ISBN 0-04-561001-0ISBN 0-04-561001-0