Back

ⓘ 数学パズル ..




                                               

コンウェイの兵隊

コンウェイの兵隊 、または チェッカージャンピング問題 は、ある行より手前にチェッカー駒を並べた状態から、その行からできるだけ奥に駒を届ける1人用の数学ゲーム・パズルである。チェッカージャンピング問題とも呼ばれるが、ペグ・ソリテールの変種と考えたほうがわかりやすい。無限に広いチェッカーボード上で行い、ある行より下にのみ好きなだけ駒(兵)を置いて良い。ペグ・ソリテールと同様に、駒は縦横に隣接する駒を飛び越え(ジャンプし)、その飛び越された駒を盤上から取り除く(斜めに飛び越えてはいけない)。 この「飛び越えて除去」の繰り返しのみを用い、可能な限り上に駒を届けるゲームである。 コンウェイは、いかなる戦 ...

                                               

ナプキンリング問題

幾何学において ナプキンリング問題 は、球の周りの決まった高さの「バンド」、つまり球の中心に円柱の形の穴を空けた後に残る部分の体積を求めることに関係する。この体積は元の球の半径にはよらず、結果生じるバンドの高さにのみ依存することは直感に反する事実である。 この問題は球から円柱を取り除いた後に残るバンドが、ナプキンリングの形に似ているためこのように呼ばれる。

                                               

真に最難関の論理パズル

真に最難関の論理パズル (まさにさいなんかんのろんりパズル、The Hardest Logic Puzzle Ever) とは、アメリカの哲学者で論理学者の ジョージ・ブーロス がそう呼んでいた、1996年に「 The Harvard Review of Philosophy 」で掲載された論理パズルである 。問題を解決する複数の方法がブーロスの論説にあり、イタリア語翻訳が「世界で最も危険なパズル」というタイトルで、新聞ラ・レプッブリカに掲載された。 その問題とは以下の通り。 3柱の神様A、B、Cは、それぞれ誰かが真、偽、ランダムです。真は必ず真実の答えを、偽は必ず嘘の答えを言いますが、ランダムが真実を答えるか嘘を答えるかは完全にランダムです。あなたは3つの イエス・ ...

                                               

ロジックパズル

ロジックパズル ( 論理パズル 、 推理パズル ともいう)は、数学パズルの一種で、文章で説明される状況などから、論理的に矛盾無くあてはまる1通りのパターンを見つけ出す、といったような形式のパズルである。学術的に見ると制約充足問題であるものが多い。