Back

ⓘ 児童心理学 (じどうしんりがく)とは、子供の心理的発達を扱う発達心理学の一部門。 ..




                                     

ⓘ 児童心理学

児童心理学 (じどうしんりがく)とは、子供の心理的発達を扱う発達心理学の一部門。

                                     

1. 概要

障害児も対象にするが、児童心理学と言った場合、健常児における平均的な発達を研究対象にする場合が多い。

子供の発達をどこで区切るか、流派によってかなり異なる。乳児期、幼児期、児童期、思春期と分類する事が多い。流派によっては、学校教育の影響を重視し、幼児期を学齢前期と称する事もあり、思春期の準備段階として、児童期後半(概ねプレティーン)を移行期と称する事がある。また小学3~5年生は仲間意識を身に付けるギャングエイジ、または運動神経を伸ばしやすいゴールデンエイジと言われている。

自意識の発達との関連で語られる事が多い(ジャン・ピアジェ参照)。しかし、現代の子供は、ピアジェの時代とは比較にもならないほどの情報に晒されている。子供観の根本的な見直しが迫られていると言ってもいいだろう。その場合は、児童心理学と、社会心理学の、学際領域となる。

                                     
  • 児童心理 は 1947年 昭和22年 創刊の月刊誌である 金子書房発行 創刊時は東京文理科大学内 児童 研究会が編集 その後 東京教育大学内 児童 研究会 東京教育大学が筑波大学となった後も 教育 心理学 臨床 心理学 等の専門家が編集委員として刊行され 現在に至っている 毎号特集が中心の誌面内容 月刊の
  • 子ども 心理学 科 こどもしんりがっか は 心理学 を基礎とし 主に子供 児童 の 心理 発達 行動などに関する知識と技術を修得 また研究 開発する学問の分野のことである 心理学 は人を対象とした広域の学問 研究分野である その中で子ども 心理学 児童心理学 は 児童 を中心としている 児童 は成人と異なり 心理
  • 児童心理 司 じどうしんりし は 児童 相談所において 心理学 の専門的学識に基づく 心理 判定業務に携わる職員 従来は 心理 判定員と呼ばれていたが 厚生労働省の 児童 相談所運営指針の改正に伴い 2005年 平成17年 より 児童心理 司の呼称が用いられるようになった 児童 相談所に 心理
  • 社会的 身体的な発達とそのための条件 また発達を阻害する要因や発達障害などが含まれる 発達段階ごとに区分された幼児心理学 児童心理学 青年 心理学 老年 心理学 などは発達 心理学 の下位領域と見なされる 近年 これらに加えて 胎児期や壮年期の研究も増えている エリク H エリクソンによる発達段階
  • 非行少年や不登校の 児童 生徒あるいは神経症青年への援助に 本人への 心理 療法より 家族への治療的介入が効果的であるとの見地から 1980年代に発展した 心理学 の中でも比較的新しい分野である 現代家族が直面する危機の克服を目指し 子供や配偶者の問題行動や 心理 面の症状 親子 夫婦の不和への 心理
  • 基礎 心理学 の下位分類 一般 心理学 標準 心理学 知覚 心理学 認知 心理学 学習 心理学 発達 心理学 乳幼児 心理学 児童心理学 青年 心理学 老年 心理学 人格 心理学 異常 心理学 社会 心理学 比較 心理学 深層 心理学 生理 心理学 神経 心理学 言語 心理学 計量 心理学 数理 心理学 生態 心理学 基礎 心理学
  • 人格主義 心理学 は ウィリアム スターンの研究対象とした 心理学 の一つ 主知主義的にひとの人格を分析することを特徴とした 児童心理学 への視野も確保して 知覚の発達段階に言及した 幼児 心理学 児童 言語 を著した スターンは自身の基本的観点を 人格主義的 発生論的観点とよんだ レフ ヴィゴツキー著 思考と言語 明治図書 1962年
  • 岩崎学術出版社 1971 優秀児 児童心理 叢書 V. 特殊 児童 の 心理 金子書房 1948 児童 の自然観 児童心理 第4巻 7号 1950 課題解決場面における幼児の知能的行動について - 課題解決過程に関する実験的研究 千輪浩先生還暦記念論文集 最近 心理学 の諸問題 東京大学 同記念事業委員会発行
  • 金子書房 1949年 児童心理 と 児童 文学 金子書房 1950年 現代文章 心理学 小説 新聞 論文のスタイル 新潮社 1950年 新稿 児童心 性論 学習指導の基礎 朝倉書店 1952年 算数の学習 心理 牧書店 1952年 作文教育新論 滑川道夫共著 牧書店 1953年 精神発達の 心理学 子どもの成長の弁証法
  • 児童 学 じどうがく 英: Pedology は 子供の行動や発達に関する学問 児童心理学 や教育 心理学 に隣接した領域であるが 芸術や教育 学 とは区別される 18世紀後期に 心理学 から枝分かれした 1893年にオスカー クリスマンが Pedology と命名 スタンレー ホールらが研究の基礎を築いた 1
  • 2016年12月13日 は 日本の 心理学 者 Ph.D イリノイ大学 1960年 東京生まれ 専門は 多岐にわたり日本における教育 心理学 発達 心理学 教育工学の分野に業績を残している 1949年 東京大学文学部 心理学 科卒業 1960年 イリノイ大学大学院博士課程修了 教育 心理学 1962年 日本女子大学助教授 児童 学