Back

ⓘ ホモ・サピエンス ( Homo sapiens 、ラテン語で「賢い人間」の意味、)は、現生人類が属する種の学名である。ヒト属で現存する唯一の種。 種の下位の亜種の分類では現生人 ..




ホモ・サピエンス
                                     

ⓘ ホモ・サピエンス

ホモ・サピエンス ( Homo sapiens 、ラテン語で「賢い人間」の意味、)は、現生人類が属する種の学名である。ヒト属で現存する唯一の種。

種の下位の亜種の分類では現生人類をホモ・サピエンス・サピエンスとすることで、彼らの祖先だと主張されてきたホモ・サピエンス・イダルトゥと区別している。創意工夫に長けて適応性の高いホモ・サピエンスは、これまで地球上で最も支配的な種として繁栄してきた。国際自然保護連合が作成する絶滅危惧種のレッドリストは、「軽度懸念」としている。

                                     

1. 分類

「ホモ・サピエンス」の学名は、1758年にカール・フォン・リンネが考案した。ラテン語の名詞で「homō」は「人」を意味する。「sapiens」は動詞 sapiō 「理解する、知っている」の現在分詞で「知恵のある」といった含み。

ホモ・サピエンスの亜種は、ホモ・サピエンス・イダルトゥと唯一現存するホモ・サピエンス・サピエンスである。ネアンデルタール人も一亜種としてホモ・サピエンス・ネアンデルターレンシスに分類する学説もあり、また種の標本が発見されたホモ・ローデシエンシスも、亜種としてホモ・サピエンス・ローデシエンシスに分類する学説もある。アルタイで発見されたデニソワ人も亜種とする学説があり、ホモ・サピエンス・アルタイと名付けられている。ちなみにネアンデルタール人やデニソワ人の遺伝子は現代人に混入している。

                                     

2. 起源

古人類学では、ホモ・サピエンスの起源でアフリカ単一起源説と 多地域進化説 の2つの仮説が長年激しく対立したが、現在はアフリカ単一起源説が主流である。更新世が始まる250万年前から現在まで、世界中の各地域で人類がそれぞれ独自に進化してきたとする多地域進化説は、 ミルフォード・H・ウォルポフ が人類の進化を説明するため、1988年に提唱した。

人類が共通の祖先を持つとする仮説は、1871年にチャールズ・ダーウィンが著した『 人間の由来 』の中で発表された。この説は古い標本に基づいた自然人類学上の証拠と近年のミトコンドリアDNAの研究の進展により、1980年代以降に立証された。遺伝的な証拠や化石の証拠によると、非現生人類のホモ・サピエンスは20万年前から10万年前にかけておもにアフリカで現生人類へ進化したのち、6万年前にアフリカを離れて長い歳月を経て世界各地へ広がり、先住のネアンデルタール人やホモ・エレクトスなどの初期人類集団との交代劇を繰り広げた。

現生人類すべての起源が東アフリカにあるとする説は、科学界でほぼ合意されている。

ネアンデルタール人のゲノムを解析した研究チームは、ヒトとネアンデルタール人のDNAには一部重複があり、ヒトを非アフリカ人とアフリカ人にグループ分けすると、前者は後者よりもネアンデルタール人に近い、という解析結果を提示した。そしてこのことから、ヒトがアフリカから各地に散らばる時期に、ネアンデルタール人からの遺伝的フロー(異種交配)があったと見るのが有力だとしているが、それ以外の可能性も排除はできないとしている。ケンブリッジ大学のAnders Erikssonと Andrea Manicaはネアンデルタール人とヒトとの交配説に疑問を呈し、DNAの重複はネアンデルタール人と現生人類の双方の共通の祖先の名残りとする仮説に基づいたシミュレーションにより、その仮説はDNAの重複を説明できるとする研究結果を2012年8月に発表した。

                                     

3. 進化

ヒト属とチンパンジーの共通祖先が分岐したのはおよそ200万-1.000万年前、ホモ・サピエンスとホモ・エレクトスの共通祖先が分岐したのはおよそ20万-180万年前と見られている。

現生人類はホモ・サピエンス種である。そして、そのうち唯一現存する亜種はホモ・サピエンス・サピエンスとして知られる。他の既知の亜種であるホモ・サピエンス・イダルトゥはすでに絶滅している。一時期、ホモ・サピエンス・ネアンデルターレンシスと呼ばれて亜種に分類されていたネアンデルタール人は3万年前に絶滅している。遺伝学研究は現生人類とネアンデルタール人の共通祖先がおよそ50万年前に分岐したことを示唆する。

現生人類の最も古い化石は、エチオピアの オモ遺跡 から発見されたおよそ19万5.000年前のものとされて来たが、2004年にモロッコのJebel Irhoudの地層で発見された、頭蓋骨及びその同年代のもの思われる複数の石器がおよそ30万年前のものであると結論づけられ、2017年6月のNatureに発表された。分子生物学の研究結果からすべての現生人類がおよそ20万年前のアフリカ人祖先集団に由来するとした証拠が示されているが、それより10万年ほども古い化石が発見されたことで、今後のさらなる研究が待たれる。アフリカ人の遺伝的多様性に関する広範な研究から、14の「祖先集団クラスター」に由来するサンプリングされた113の様々な集団のうち、サン人の遺伝的多様性が最も高いことが判明している。また、この研究報告は南西アフリカのナミビアとアンゴラの沿岸境界近くが現生人類の移動の起点だとしている。

直近1万5000年のゲノムを解析した結果、ヒト個体群の自然淘汰が現在も作用を続けていることが判明している。