Back

ⓘ 人的災害 ..




                                               

SL-1

SL-1 (静止型低出力原子炉1号、英: Stationary Low-Power Reactor Number One )は、アメリカ陸軍の実験用原子炉。1961年1月3日に原子炉の制御棒の不適切な引き抜きによる蒸気爆発とメルトダウンを起こし、3人の運転員が死亡する事故が発生した。 この事故はアメリカ国内において唯一、即死者を出した原子炉事故である。 事故は約80キュリー(3.0TBq)のヨウ素131を放出した。 アイダホ州東部の人里離れた高地の砂漠にあるため、重大な事故にはならなかった。 約1.100キュリー(41 TBq)の核分裂生成物が大気中に放出された。 アイダホ州アイダホフォールズの西約40マイル(65 km)にある国立原子炉試験所 (NRTS)にあるこの施設は、 陸軍 ...

                                               

汚染された紙幣

汚染された紙幣 (おせんされたしへい、Contaminated Banknotes)とは、コカインなどが汚染物質として付着した紙幣のことである。都市伝説の1つに銀行券の大半はコカインの痕跡が残っているというものがあるが、実際に各国で行われた研究によりこの逸話は裏付けられている。例えばアメリカでは、ロサンゼルスにおいて1994年に第9巡回区控訴裁判所が平均すると4枚の紙幣のうち3枚以上がコカインもしくはその他の違法な薬物に汚染されていると断定している。 それ以外の国の紙幣にも同じように薬物に汚染された形跡がみられ、病気を媒介する役割を果たしていることを示す研究まである。とはいえ病気が紙幣を通じてどの程度まで容易に伝染するの ...

                                               

環境に及ぼす人類の影響

環境に及ぼす人類の影響 (かんきょうにおよぼすじんるいのえいきょう 英:Human impact on the environment,anthropogenic impact on the environment)では、人類によって直接的または間接的に引き起こされた生物的物理的環境の変動および生態系や生物多様性や天然資源の異変 について記述する。 具体的には、地球温暖化や海洋酸性化などの環境劣化、大量絶滅や生物多様性の喪失 、生態系の危機や生態系崩壊などがある。社会の必要性に合わせて人類が環境を作り変えてしまうことが深刻な影響を引き起こしており、これは人口過多問題が続いているので悪化している。地球規模で環境に損害を(直接的または間接的に)与える人類の活動を幾つか ...

                                               

感電

感電 (かんでん)とは、 電撃 (でんげき)、電気ショックとも呼ばれ、電気設備や電気製品の不適切な使用、電気工事中の作業工程ミスや何らかの原因で人体または作業機械などが架線に引っかかる等の人的要因、或いは機器の故障などによる漏電や自然災害である落雷などの要因によって人体に電流が流れ、傷害を受けることである。人体は電気抵抗が低く、特に水に濡れている場合は電流が流れやすいため危険性が高い。軽度の場合は一時的な痛みやしびれなどの症状で済むこともあるが、重度の場合は死亡に至ることも多い。高圧又は特別高圧の電気施設などには電気設備に関する技術基準を定める省令第23条に危険表示等の安全対策をすべきことなど ...

                                               

群集事故

群集事故 (ぐんしゅうじこ)とは無秩序な集団(人の集まり)によって発生する事故の形態である。災害によって誘発されたパニックの際に発生しやすいことはよく知られるが、パニック状態ではないときに発生することもある。

                                               

原子力事故

原子力事故 (げんしりょくじこ、英: Nuclear and radiation accidents )とは原子力関連施設での放射性物質や放射線に関係する事故のこと。放射性物質や強力な放射線が施設外へ漏れ出すと、人々の健康・生活や経済活動に大きな被害をもたらす。原子力関連施設内での事故であっても、放射性物質や放射線の漏出にまったく無関係な事故は原子力事故とは呼ばない。 原子力発電所などで事故が発生した場合には、国際原子力事象評価尺度(INES)による影響度の指標が「レベル0」から「レベル7」までの8段階の数値で公表される。本項目ではINESレベル4未満の事象も含めて記述する。1970年代以降、レベル4以上の事故は7年以内の間隔で起こっている。

                                               

公害

公害 (こうがい、英語:Pollution、Environmental disaster)とは、経済合理性の追求を目的とした社会・経済活動によって、環境が破壊されることにより生じる社会的災害である。

                                               

雑居ビル火災

雑居ビル火災 ( ざっきょビルかさい )とは、都市部に顕著な雑居ビルで発生する火災の様式(または傾向)である。単なるビル火災と違い雑居ビルの営業形態に被害を拡大する社会要因がある。

                                               

人為的な要因による死者数一覧

以下は世界史における 人為的な要因による死者数一覧 である。一覧では、出来事の名前、場所、それぞれの出来事の開始と終了の時期についても述べている。いくつかの出来事については、含まれるカテゴリーが一つ以上になる場合もある。また、いくつかの出来事では、他の出来事と重なっている場合もあり、小さな出来事における死者数がさらに大きな出来事の中で発生した一部であることもある。 死者数はほとんどの場合、多くの不確実な部分がある。表では、低い推定値と高い推定値の相乗平均の順に並べてある。例えば、低い推定値が500人、高い推定値が2000人であったとき 500 ⋅ 2000 = 1000 {\displaystyle {\sqrt {500\cdot 2000}}=1000} と ...

                                               

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン は、 セーブ・ザ・チルドレン世界連盟 のパートナーとして、イギリスとアメリカ合衆国の各セーブ・ザ・チルドレンの要請を受けて1986年に設立されたNGOである。以前は日本国外務省所管の社団法人だったが、公益法人制度改革に伴い、2011年4月1日から公益社団法人。 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン SCJ の日本国内事務所は、東京都千代田区の本部事務局と、大阪府大阪市中央区の大阪事務所の2箇所。

                                               

接地

接地 (せっち)とは、電気機器の筐体・電線路の中性点・電子機器の基準電位配線などを電気伝導体で基準電位点に接続すること、またその基準電位点そのものを指す。本来は基準として大地を使用するため、この名称となっているが、基準として大地を使わない場合にも拡張して使用されている。 アース (英: earth )、 グラウンド (米: ground )とも呼ばれる。

                                               

戦災

戦災 (せんさい)とは、戦争、戦乱等によって非戦闘員あるいは非軍事的施設が被害を受けることを災害の一種として捉えた呼び方。国民保護法における 武力攻撃災害 に相当する。 日本において単に「戦災」と言う場合、太平洋戦争による被害を一般にさす事が多い。

                                               

第二の災害

第二の災害 (だいにのさいがい)とは、大規模な災害が発生した際に、被災地域に届けられながらも、実際の役に立たないなどの理由で、余計な混乱を被災地域に発生させる膨大な量の救援物資のことである。

                                               

断水

断水 (だんすい)とは、何らかの原因で水の配給が止まることである。水道局から家庭への送水を言うことが多い。

                                               

風評被害

風評被害 (ふうひょうひがい)とは、風評によって、経済的な被害を受けること。狭義として「報道被害」もこれの一部にあたる。

                                               

放射能汚染

放射能汚染 (ほうしゃのうおせん、英: radioactive contamination, radiological contamination )とは、放射性物質の存在によって望まれない場所や物質(表面、固体、液体、気体、および、人体を含む)が汚染されること、または、その放射性物質の存在を指す。量、つまり、表面上(単位表面積)の放射能を指す言葉として用いることは、あまり、正式には行われていない。 放射能汚染では、意図せず、望まれない放射能の存在については言及するが、関係する危険性の大きさについて具体的な指標は与えない。

                                               

有事

有事 (ゆうじ)とは、国家や企業の危機管理において戦争や事変、武力衝突、大規模な自然災害などの非常事態を指す概念。対義語は平時あるいは日常時である。

                                               

輪番停電

輪番停電 (りんばんていでん、英: Rolling blackout )とは、電力需要が電力供給能力を上回ることによる大規模停電を避けるため、電力会社により一定地域ごとに電力供給を順次停止・再開させることである。

                                               

労働災害

労働災害 (ろうどうさいがい、英: work accidentあるいはworkplace accidentなど )とは、労働者が、業務に起因して被る災害。労働者が、労働に関連する場(状況)で、事故にあったり疾病にかかること。短縮する場合は 労災 (ろうさい)と呼ばれる。