Back

ⓘ コンテクスト (英: Context )あるいは コンテキスト とは、文脈や背景となる分野によってさまざまな用例がある言葉であるが、 一般的に 文脈 (ぶんみゃく)と訳されるこ ..




                                     

ⓘ コンテクスト

コンテクスト (英: Context )あるいは コンテキスト とは、文脈や背景となる分野によってさまざまな用例がある言葉であるが、 一般的に 文脈 (ぶんみゃく)と訳されることが多い。文脈により「 脈絡 」、「 状況 」、「 前後関係 」、「 背景 」などとも訳される 。

                                     

1. 概要

  • 言語学における コンテクスト とは、メッセージ(例えば1つの文)の意味、メッセージとメッセージの関係、言語が発せられた場所や時代の社会環境、言語伝達に関連するあらゆる知覚を意味し、コミュニケーションの場で使用される言葉や表現を定義付ける背景や状況そのものを指す。例えば日本語で会話をする2者が「ママ」について話をしている時に、その2者の立場、関係性、前後の会話によって「ママ」の意味は異なる。2人が兄弟なのであれば自分達の母親についての話であろうし、クラブホステス同士の会話であれば店の女主人のことを指すであろう。このように相対的に定義が異なる言葉の場合は、コミュニケーションをとる2者の間でその関係性、背景や状況に対する認識が共有・同意されていなければ会話が成立しない。このような、コミュニケーションを成立させる共有情報をコンテクストという。
  • シチュエーション・コメディにおける コンテクスト とは、そのショーが公開されている時代背景やその時点の社会の出来事などを意味する。例えば、"I love Lucy"には1950年代のアメリカのコンテクストが反映されている。
  • 心理学における コンテクスト とは、フォアグラウンドの事象に伴うバックグラウンドの刺激を意味する。例えば、ネズミがネコを恐れながらエサを探しているとき、ネコがフォアグラウンドの事象であり、探し回っている場所(および時間)がバックグラウンドの刺激である。海馬にはある種のコンテクスト処理に特化した神経構造があると考えられている。
  • 思想史における コンテクスト とは、思想書の記述の背後にある「社会的文脈」「思想史的背景」を意味し、上述の言語学のコンテクストとも重なる。特にQ・スキナーらケンブリッジ学派の思想史方法論において論点になる。 → インテレクチュアル・ヒストリー#クェンティン・スキナーとケンブリッジ学派
  • 人工知能における コンテキスト は、意思伝達、言語学、形而上学などに属する部分と深い関係がある。自動的な推論を使ってそれらの観点が如何にしてコンピュータシステム上でモデル化できるかは、人工知能の研究テーマの1つである。
  • 情報工学における コンテキスト は、デバイスが使われている状況を意味する。例えばある時点でデバイスを使用しているユーザーなど。コンテキストアウェアネスおよびコンテキストスイッチを参照されたい。
  • マーケティングの方法論として、顧客の背景を理解・把握したうえで、それに沿った商品プロモーションを行うことを「 コンテクスト・マーケティング 」と呼ぶ。
                                     

2. 関連項目

  • 文脈主義
  • 文脈依存文法 - 文脈自由文法
  • 形式文法
  • 高・低文脈文化