Back

ⓘ 数学史 ..




                                               

イシャンゴの骨

イシャンゴの骨 (イシャンゴのほね、英語: Ishango bone )は、1960年にアフリカ・コンゴで発見された後期旧石器時代の骨角器。骨の年代はおよそ2万年前で、大きさの異なる刻み目が3列に亘って骨につけられている。この刻み目の数が、ある列は素数だけであったり、別の列では掛け算などを示唆するような内容であったため、発見以来数学的に意義のある考古学的証拠とされてきたが、一方でこの数に数学的な意味はないとする指摘もある。 イシャンゴの骨は2011年現在ブリュッセルにあるベルギー王立自然史博物館で常設展示されている。

                                               

キープ (インカ)

キープ (スペイン語: Quipu 、ケチュア語:khipu)は、インカ帝国で使われた紐に結び目を付けて数を記述する方法。ケチュア語で「結び目」を意味する 。キープは紐の結び目の形で数を表現する 結縄 (けつじょう)の代表例である。

                                               

群論の歴史

群論 (さまざまな形の群を研究する数学の分野)は、様々な形で同時にに発展してきた。群論は3つの歴史的な起源がある: 代数方程式、数論と幾何学である。ジョセフ=ルイ・ラグランジュ、ニールス・アーベル、エヴァリスト・ガロアは、群論の分野の初期の研究者であった。

                                               

佐々木力

佐々木 力 (ささき ちから、1947年3月7日-2020年12月4日 )は、日本の科学史学者。 東京大学教養学部教授、大学院総合文化研究科教授。中国科学院教授、中部大学中部高等学術研究所特任教授、神奈川県和算研究会会長を歴任した。 専門は科学史・科学哲学、とくに数学史であり、日本オイラー研究所名誉所長なども務めた。また「反時代的な社会主義者」を自称するトロツキストでもあり、日本陳独秀研究会会長も務めた。また、「九条科学者の会」呼びかけ人を務めていた。

                                               

数学の未来

数学の自然の姿と個別の数学的な問題の将来への進行は広く議論される話題である。―現代数学についての過去の多くの予想は置き誤れるかまたはまったくの間違いであり続けてきた、そうなので今日の多くの予言が似たような経過をたどるかもしれないことを信じる理由がある。しかしながら、その対象はいまだひとつの重要性をもたらしそして多くの著名な数学者によって書かれてきた。典型的には、それらは特定の諸問題について直接的に努力する研究議題を定めるよう欲することにより、あるいは、数学の一般分野へ関係する下位学問分野のところの方法のひとつの明確化、更新、ならびに外挿への欲望により、動機づけられてきた。現在、過去、未来に ...

                                               

中国の数学

中国の数学 (ちゅうごくのすうがく、英:Chinese mathematics)とは、紀元前11世紀までに現在の中国で独立して興り、独自に発展した数学のこと。具体的な独自発展には、非常に大きい数および負の数を含む数の設定、十進法、十進法体系の位取り記数法、二進法、代数、幾何学、三角法などがある。

                                               

バクシャーリー写本

バクシャーリー写本 は、今のパキスタンのバクシャーリー(Bakhshali)付近で発見された文献。西暦4世紀から5世紀頃に書かれたとされる。サンスクリット語のシャーラダー文字で書かれており、古代インドのヴェーダ時代と古典期をつなぐ数学の貴重な文献として知られている。

                                               

ベルヌーイ家

ベルヌーイ家 (Bernoulli ドイツ語: )は、17世紀以降に活躍したヨーロッパの学者の一族。3世代のうちに8人の傑出した数学者を輩出した。 ベルヌイ 、 ベルヌーリ 、 ベルヌリ とも呼称される。

                                               

レボンボの骨

レボンボの骨 (レボンボのほね)は、南アフリカとエスワティニの間にあるレボンボ山脈で発見された、刻み目のついたヒヒの腓骨で作られた骨角器。刻み目の部分が変わっていることは、異なる刃先を使ったことを示しており、この骨の発見者である Peter Beaumont は、このことが世界中で発見される刻み目と同じように、儀式に参加している間にできた刻みだという証拠であると考えている。 24回の放射性炭素年代測定によると、この骨は43.000~44.200年前のものである。よって、時々混同されるイシャンゴの骨よりもはるかに古い時代のものである。8万年前の刻み目のついた骨も存在するが、その刻み目が単に装飾的なものなのか、機能的な意味を ...