Back

ⓘ 数学に関する記事 ..




                                               

0.999.

                                               

0次元

数学において位相空間が(小さい帰納次元に関して) 零次元 (れいじげん)または 0 次元 (ぜろじげん、英語: 0-dimensional )であるとは、空間の任意の点がその位相に関して開かつ閉な近傍からなる基本近傍系を持つことをいう。あるいは空間の任意の開被覆が、その開集合からなる細分で「空間の各点が細分被覆に属するちょうど一つの開集合のみに属する」という条件を満足するものを持つとき、(ルベーグ被覆次元に関して)零次元であるという。応用上現れる空間のほとんどで(より具体的には、可分かつ距離化可能ならば)この二つの意味の「零次元」は一致する。 ハウスドルフ局所コンパクト空間が零次元であるための必要十分条件は、そ ...

                                               

0の0乗

0 の 0 乗 (ゼロのゼロじょう、英: zero to the power of zero, 0 to the 0th power )は、累乗あるいは指数関数において、底を 0 、指数を 0 としたものである。その値は、代数学、組合せ論、集合論などの文脈ではしばしば 1 と定義される一方で、解析学の文脈では二変数関数 x y が原点 = において連続とならないため定義されない場合が多い。

                                               

1

1 ( 一 、 壱 、 壹 、 弌 、いち、ひと、ひとつ)は、最小の正の整数である。0 を自然数に含めない流儀では、最小の自然数とも言える。整数の通常の順序において、0 の次で 2 の前の整数である。1 はまた、実数を位取り記数法で記述するための数字の一つでもある。 「無」を意味する 0 に対して、1 は有・存在を示す最原初的な記号なので、物事を測る基準単位、つまり数や順序を数える際の初めである。英語の序数詞では、1st、 first となる。ラテン語では unus(ウーヌス)で、接頭辞 uni- はこれに由来する。

                                               

1次元

1次元 (いちじげん、 一次元 )は、空間の次元が1であること。次元が1である空間を 1次元空間 と呼ぶ。 なおここでいう空間とは、物理空間に限らず、数学的な一般の意味での空間であり、さまざまなものがある(詳細は「次元」を参照)。

                                               

1+1

1+1 (いちたすいち)は、加法の数式のひとつである。しばしば、最も単純な計算問題として言及され、様々な比喩に用いられる。計算結果が 2 とされる初等的、数学的な意味の他にも、抽象的な意味を持ち得ている。