Back

ⓘ 猿沢茂. 猿沢 茂 (さるさわ しげる、1960年1月30日 - )は広島県安芸郡府中町出身の元サッカー選手。 ..




                                     

ⓘ 猿沢茂

猿沢 茂 (さるさわ しげる、1960年1月30日 - )は広島県安芸郡府中町出身の元サッカー選手。

                                     

1. 来歴

府中中学に入学後から本格的にサッカーをはじめ、1年次からセンターフォワードCFとして活躍。2年次には中国大会優勝を飾った。また、中学時代に広島大河FCに入ってプレーしている。

県立広島工業高等学校通称・県工時代 は高校1年次からCFとしてレギュラーとなり高校選手権出場。2年次にはインターハイ出場。3年次では攻撃的なMFとしてチームの軸となりインターハイ、選手権の両大会で活躍した。かつて御三家と言われながら、永らく低迷が続く広島高校サッカーが久しぶりに輝いた瞬間だった。現在では県工出身者の中でも知名度は低いが、当時はこの猿沢の才能が最も注目され、ルックスの良さもあり一番人気が高かった。

その後、大阪体育大学へ進学し、エースストライカーとして活躍した。また1979年には県工の同級生の沖宗敏彦、中本邦治らと共にU-20サッカー日本代表に選ばれ、日本で行われた第2回FIFAワールドユース選手権 に出場した。

就職の際には大阪に在住していた事もありヤンマー現セレッソ大阪から熱心に勧誘を受けたが、1982年に郷里のマツダへ入社。マツダSC現サンフレッチェ広島に入団し、ウイングとして開幕戦からフル出場、4得点2アシストの活躍から同年には日本サッカーリーグJSL新人王を獲得した。その後、攻撃的なMFとして活躍、JSL2部への降格を2度も経験、1988年にはハンス・オフト監督下で信藤克義、高橋真一郎ら地元選手やディド・ハーフナーらともに頑張り、天皇杯準優勝に貢献した。

Jリーグ創設の3年前・1989年に現役を引退。その後はマツダに勤務している。

息子は3人おり、サッカーおよびアイスホッケーの選手として活躍している。

2013年よりJリーグのマッチコミッショナーを務める。

                                     

2. 所属クラブ

  • 1978年 - 1981年: 大阪体育大学
  • 1982年 - 1989年: マツダ
  • 府中町立府中小学校
  • 1975年 - 1977年: 広島工業高校
  • 府中町立府中中学校 広島大河フットボールクラブ
                                     

3. 参考文献

  • 『サッカーマガジン』1979年4月25日号、1983年02月01日号
  • 「THIS IS MY SOCCER LIFE73」『サッカーダイジェスト』1986年3月号
                                     

4. 外部リンク

  • 猿沢茂 - Transfermarkt.comによる選手データ 英語
  • 猿沢茂 - FIFA主催大会成績 英語
                                     
  • 猿沢 猿澤 さるさわ 日本の地名 猿沢 村 猿沢 池 日本の姓 猿沢茂 など 猿沢 で始まるページの一覧
  • 東海大学卒業後 1983年にマツダに入社 同期に小林伸二 信藤克義ら 現役時代はマツダSCでプレー 1987年 信藤と共にマツダのプロ契約第1号となる 同年には 高橋真一郎 猿沢茂 ディド ハーフナーらと共に天皇杯決勝進出に貢献した 現役引退後 1999年に母校東海大学のサッカー部監督に就任した 1976年 - 1979年 :
  • 沖野 隆幸 おきの たかゆき 1959年4月10日 - は 広島県出身の元サッカー選手 県立広島工業高校の3年時の1977年には 猿沢茂 とツートップを組み岡山高校総体ベスト4 得点王も獲得し全日本高校選抜にも選出された 1982年に東京農業大学を卒業後 日本サッカーリーグ2部に降格した杉山隆一
  • その後広島県立広島工業高等学校教員となりサッカー部を指導 攻撃的なチームを作り上げた その当時の教え子に 河内勝幸 楚輪博 金田喜稔 石崎信弘 木村和司 猿沢茂 中本邦治 大井成元 沖宗敏彦 沖野隆幸らがいる その後 呉大学福祉情報科助教授を務めた a b 松田輝幸 - 研究者 ReaD &
  • ひろし 1956年5月1日 - は 日本の元サッカー選手 サッカー指導者 広島県広島市生まれ 広島県 大阪府育ち 県立広島工業時代は金田喜稔 木村和司 石崎信弘 猿沢茂 らとスペクタクルなサッカーを展開し高校選手権などで活躍した 法政大学時代はユース代表の主将も務めた 卒業後 ヤンマーディーゼルサッカー部に入部
  • 日本代表や年代別日本代表の選手を育てるなど 育成年代の指導実績を持っている マツダ本社がある安芸郡府中町出身であり 同町出身の同世代に金田喜稔や 猿沢茂 がいる 広島県立広島皆実高等学校 早稲田大学出身 1977年度大学入学 1980年度卒業 卒業同期は原博実 当時の早大学ア式蹴球部同世代の選手と
  • 太田賢吾 グルージャ盛岡 柿本倫明 上原洋史 川西翔太 FC岐阜 河原忠明 熊元敬典 桑原裕義 込山和樹 近藤岳登 中退 酒井将史 坂本修佑 奈良クラブ 猿沢茂 澤上竜二 セレッソ大阪 島田貴裕 下村東美 末吉塁 モンテディオ山形 菅原渉 F.C.大阪 高畠勉 立川小太郎 AC長野パルセイロ 田所諒
  • 1部所属のマツダSC サンフレッチェ広島の前身 に入団する 同年 攻撃的なMFとして ハーフナー ディドや信藤克義 信藤健仁 松田浩 小林伸二 猿沢茂 高橋真一郎らと共に 同シーズンの天皇杯決勝進出に貢献したが JSLではシーズン終了後2部に降格してい オフト監督退任と同時にマツダを退団した
  • 練習に何とか付いて行く 2学年上の金田喜稔や1学年上の木村和司ら一流選手のプレーを手本にできたことで 徐々に上達していった 3年次の1977年には 猿沢茂 沖野隆幸 中本邦治 沖宗敏彦 木村ら強力メンバーが揃って社会人や大学生を含んだ全広島大会で優勝し 県内ではJSLの東洋工業を除いて敵なしの力を誇
  • 1985年のJSL2部最終戦の対田辺製薬戦での唯一の得点は高橋の直接FKによるゴールで この得点はマツダをJSL1部昇格に導いた 1987年には 猿沢茂 木村孝洋ら地元広島出身者や小林伸二や中村重和らと共に 天皇杯決勝進出に貢献した 1986年JSL選抜 日本B代表 1987年には日本代表に選出された
  • に入団した ディフェンダー サイドバック として信藤克義 信藤健仁 や松田浩らとDFラインを形成 高校 大学の後輩にあたる小林伸二や 高橋真一郎 猿沢茂 木村孝洋ら地元広島出身者 ディド ハーフナーら外国人らとプレーした 1982年にはJSL選抜 1987年にはハンス オフト監督のもと 天皇杯決勝進出に貢献した
  • 1986年 当時日本サッカーリーグ JSL 1部所属のマツダSC 現サンフレッチェ広島 監督のハンス オフトに誘われコーチ兼任選手として来日 1987年には 信藤克義 猿沢茂 高橋真一郎 木村孝洋ら地元広島出身者と共に 天皇杯決勝進出に貢献 1987 - 88シーズンにはJSLベスト11に選ばれ長男マイク出生 1989年