Back

ⓘ スターパティア・ヴェーダ は、ウパ(副)・ヴェーダの1つで、ヴェーダの建築学(建築計画学)都市計画学。後に中国に伝わり、風水になったといわれる。 環境との調和を重 ..




                                     

ⓘ スターパティア・ヴェーダ

スターパティア・ヴェーダ は、ウパ(副)・ヴェーダの1つで、ヴェーダの建築学(建築計画学)都市計画学。後に中国に伝わり、風水になったといわれる。

環境との調和を重視した(ヴァースツ)街作りから、個別の住宅の設計に関わる知識を提供する。都市の場合は、中心にブラフマスターンという広場を設け、そこから道路や住宅を配置する。

住居の場合は朝・昼・夕の太陽の光の影響を重視した部屋の作りをする。活動欲求の湧く部屋の位置、食欲が湧く部屋位置、休息に向いた部屋位置などがあるという。

                                     
  • ヴェーダ として加えられた 付随的 応用的な知識をまとめたものをいう アーユル ヴェーダ - アタルヴァ ヴェーダ に付随する医術 ガンダルヴァ ヴェーダ - サーマ ヴェーダ に付随する音楽 舞踊 スターパティア ヴェーダ - ヤジュル ヴェーダ に付随する建築術
  • リグ ヴェーダ 梵: ऋग व द ṛgveda 英: Rigveda は 古代インドの聖典である ヴェーダ の1つ サンスクリットの古形にあたる ヴェーダ 語で書かれている 全10巻で 1028篇の讃歌 うち11篇は補遺 からなる リグ は 讃歌 ヴェーダ は 知識 を意味している
  • 一方 白ヤジュル ヴェーダ は サンヒ ター とブラーフマナが分離してそれぞれ独立した文献となっている そのため 黒ヤジュル ヴェーダ は 白ヤジュル ヴェーダ よりも古く成立したと考えられている ヴェーダ リグ ヴェーダ サーマ ヴェーダ アタルヴァ ヴェーダ
  • ヴェーダ ーンガ vedāṅga とは 古代インドのスムリ ティ smṛti 聖伝文学 の一種で バラモンが祭祀を適切に行うための6種類の ヴェーダ の補助学をいう 文字通りには ヴェーダ の四肢 aṅga を意味する ヴェーダ ーンガは以下の6つの学問から構成される シクシャー śikṣā - ヴェーダを正確に唱えるための音声学
  • サーマ ヴェーダ Sāmaveda, स मव द は バラモン教の聖典である ヴェーダ の一つ 祭式において旋律にのせて歌われる讃歌 sāman を収録したもの 歌詠を司るウドガートリ祭官 udgātṛ によって護持されてきた 讃歌の多くは リグ ヴェーダ に 一部は他の ヴェーダ 文献に材を取っており オリジナルのものは少ない
  • ついたものだが こういった記述が見られるのは リグ ヴェーダ と アタルヴァ ヴェーダ だけである ウパ ヴェーダ は他に ガンダルヴァ ヴェーダ 歌舞学 芸術学 ダヌル ヴェーダ 英語版 兵法 弓の科学 スターパティア ヴェーダ 建築学 都市設計 がある サンスクリット語で書かれ
  • 終わり を掛け合わせたもので ヴェーダ の最終的な教説を意味し ウパニシャッドの別名でもある 開祖はヴァ ーダ ラーヤナで 彼の著作 ブラフマ スートラ 別名 ヴェーダ ーンタ スートラ のほか ウパニシャッド と バガヴァッド ギー ター を三大経典 プラ スター ナ トラヤ としている ヴェーダ
  • 造物主 生類の主 という意味で ヴェーダ に記述もあり インドラ サヴィトリ ソーマ ヒラニヤガルバなど創造神を指している ブラーフマナ では ブラフマー神を指す マリーチ Marichi アトリ Atri アンギラス Angiras プラス ティ ヤ Pulastya プラハ Pulaha
  • 楽園プロジェクト のために活動してきた 理想的な住居や街を提供するために マハリシ スターパティア ヴェーダ インド風水 を活用する アメリカの部門は アメリカとカナダで50の 不死なるものたちのマハリシ シ ティ Maharishi Cities of Immortals という共同体を建設す
  • アバイ チャラナラヴィンダ バク ティ ヴェーダ ンタ スワミ プラブパ ーダ サンスクリット語: अभयचरण रव न द भक त व द न त स व म प रभ प द, ラテン文字転写: Abhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami