Back

ⓘ 軍事学者 ..




                                               

カール・フォン・エスターライヒ=テシェン

カール・フォン・エスターライヒ ( Erzherzog Karl von Österreich, Herzog von Teschen, 1771年9月5日 - 1847年4月30日)は、フランス革命戦争、ナポレオン戦争期に活躍したオーストリア帝国の軍人、皇族。テシェン(チェシン)公。ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝レオポルト2世とその皇后マリア・ルドヴィカの第3子。神聖ローマ皇帝フランツ2世(オーストリア皇帝としてはフランツ1世)の弟。 カール大公 として知られる。

                                               

ユゼフ・ベム

ユゼフ・ザハリアシュ・ベム (ポーランド語:Józef Zachariasz Bem;ハンガリー語:Bem József、1794年3月14日 - 1850年12月10日)は、ポーランドの将軍。ポーランドおよびハンガリーの国民的英雄で、両国のナショナリズムと他国のヨーロッパ・ナショナリズムを団結させた人物として知られる。ハンガリー名は ベム・ヨージェフ 。 ベムはタデウシュ・コシチュシュコ(アメリカ独立戦争に参加)やヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ(ナポレオン・ボナパルトのイタリア遠征、ロシア遠征に参加)と同様、ポーランドの未来のためにポーランド国外で戦いを続けた。彼は軍事指揮者として様々な地域で活躍し、その軍事的才能は多くの人々に必要とされた。

                                               

マウリッツ (オラニエ公)

マウリッツ・ファン・ナッサウ (Maurits van Nassau, 1567年11月13日 - 1625年4月23日)は、オランダ総督、オラニエ公。ウィレム1世の次男で、フィリップス・ウィレムの弟、フレデリック・ヘンドリックの兄。父の死後、スペインとの八十年戦争において中心的な役割を果たした。 死に臨んで、「2プラス2は4である」ということを自己の信条にしたほどの合理主義者であったとされる。また、自らの軍隊に徹底した訓練を行うと共にそのマニュアル化を行った。これがヨーロッパ各国の軍隊に多大な影響を与えたことから、「軍事革命」とも評価される。

                                               

ライモンド・モンテクッコリ

ライモンド・モンテクッコリ (Raimondo Montecuccoli, 1609年2月21日 - 1680年10月16日)は、オーストリアの軍人、軍事学者。