Back

ⓘ サルギス・サルグシアン ( Sargis Sargsian, アルメニア語: Սարգիս Սարգսյան, 1973年6月3日 - )は、アルメニア・エレバン出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシング ..




サルギス・サルグシアン
                                     

ⓘ サルギス・サルグシアン

サルギス・サルグシアン ( Sargis Sargsian, アルメニア語: Սարգիս Սարգսյան, 1973年6月3日 - )は、アルメニア・エレバン出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス1勝、ダブルス2勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス38位、ダブルス33位。身長180cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

                                     

1. 来歴

サルグシアンは4大大会の男子シングルスで、2003年全豪オープンと2004年全米オープンで4回戦に進出し、全仏オープンとウィンブルドン選手権でも複数回の3回戦進出を果たしている。男子テニス国別対抗戦デビスカップでも、アルメニアが1996年に初参加した時からずっとデビスカップアルメニア代表を支え、当地のスポーツ史に大きな足跡を残した。

サルグシアンは7歳からテニスを始め、アルメニアのスポーツ選手育成機関で学んだ後、1993年からアメリカに留学した。アリゾナ州立大学の学生テニス選手だった頃、サルグシアンは同大学で最初のNCAAシングルス選手権優勝者になっている。1995年にプロ入りし、主催者推薦で初出場した全米オープンでいきなり3回戦に進出した。翌1996年、アルメニアはデビスカップに初参加を果たす。5月下旬にイスタンブールで行われた最下位グループヨーロッパ・アフリカゾーン・グループ3の総当たり戦が、アルメニアのデビスカップ初挑戦であった。1997年7月、サルグシアンはテニス殿堂選手権で初のATPツアー決勝に進出し、ブレット・スティーブンを7-6, 4-6, 7-5で破り、ツアー初優勝を達成した。

それから、サルグシアンは全仏オープンで1998年~2000年の3年連続3回戦進出を果たす。この3年間、彼はティム・ヘンマン、ウェイン・フェレイラ、チャン・シャルケン、アルノー・クレマンなどの強豪選手を撃破し、1999年の3回戦では大会前年優勝者のカルロス・モヤと対戦した。2001年には、ウィンブルドン選手権で初の3回戦進出を果たしている。

30歳を迎えた2003年、サルグシアンはテニス経歴で最も充実した年を送った。この年、彼はツアーでシングルス2大会に準優勝、ダブルスで2大会優勝、全豪オープン4回戦進出などの戦績を記録する。それまで全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープンの3回戦に勝ち上がってきたサルグシアンだが、この全豪オープンで初の4回戦進出を決めた。3回戦で地元オーストラリアのマーク・フィリプーシスを破ったサルグシアンは、初進出の4回戦でウェイン・フェレイラに3-6, 4-6, 6-3, 3-6で敗れた。その後ウィンブルドン選手権でも2年ぶり2度目の3回戦に進出するが、フアン・カルロス・フェレーロに敗退する。同年の秋に、サルグシアンはロシアでの2大会で決勝に進んだが、9月末のクレムリン・カップ決勝ではテーラー・デントに、10月のサンクトペテルブルク・オープンではグスタボ・クエルテンに敗れ、6年ぶりとなるツアー2勝目のチャンスを逃した。

2004年のシーズンは、全米オープンで4回戦進出があった。1回戦でアレックス・コレチャ、2回戦でアテネ五輪の単複金メダルを獲得したニコラス・マスーを破って勝ち進んだサルグシアンは、4回戦でアンドレ・アガシに3-6, 2-6, 2-6のストレートで完敗した。

サルグシアンはオリンピックのアルメニア代表選手としても、1996年アトランタ五輪と2000年シドニー五輪、2004年アテネ五輪の3度出場を果たしている。アトランタではダニエル・ネスターとの1回戦に勝利しているが、シドニーとアテネでは初戦敗退に終わっている。

2005年ウィンブルドン選手権1回戦でニコラス・マスーに敗れた試合が、彼の最後の4大大会出場になった。2006年7月、デビスカップでイワン・ドディグに敗れた試合を最後に、サルグシアンは33歳で現役を引退した。

                                     

2. 4大大会シングルス成績

略語の説明

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期 WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

※: 1997年全米2回戦の不戦勝は通算成績に含まない

                                     

3. 外部リンク

  • サルギス・サルグシアン - Olympedia (英語)
  • サルギス・サルグシアン - ATPツアーのプロフィール (英語)
  • サルギス・サルグシアン - デビスカップのプロフィール (英語)
  • サルギス・サルグシアン - 国際テニス連盟のプロフィール (英語)
                                     
  • 2008年 2018年 大統領在任 2008年 - 2018年 チグラン サルキシャン 在任 2008年 - 2014年 アルベリト サルキシャン - ソビエト連邦時代のロ シア 出身のサッカー選手 サルギス サルグシアン - アルメニア出身のテニス選手 ユーリイ サル キシャン - ウズベキスタン出身のソビエト連邦のサッカー選手
  • サル キス アルメニア語: Սարգիս は アルメニア系の男性名 サルギス とも表記される サル キス カシヤン - ロ シア 革命期からソビエト連邦初期のアルメニア人の革命家 政治家 サルギス サルグシアン - アルメニアのテニス選手
  • 2003年にプロ転向 8月の全米オープンではNCAAシングルス王者として主催者推薦で出場 1回戦で当時世界ランク52位の サルギス サルグシアン 相手に6 - 4, 3 - 6, 7 - 6 3 2 - 6, 5 - 7のフルセットで惜敗した この年は7月のインディアナポリス テニス選手権シングルスに
  • 在ニカラグア大使館 マナグア パナマ 在パナマ大使館 パナマ市 ホンジュラス 在ホンジュラス大使館 テ グシ ガルパ メキシコ 在メキシコ大使館 メキシコシティ アルゼンチン 在アルゼンチン大使館 ブエノスアイレス ウ ルグ アイ 在ウ ルグ アイ大使館 モンテビデオ エクアドル 在エクアドル大使館 キト コロンビア 在コロンビア大使館 ボゴタ
  • マニュエル サンタナ Manuel Santana スペイン ファブリス サントロ Fabrice Santoro フランス サルギス サルグシアン Sargis Sargsian アルメニア 佐藤博康 Hiroyasu Sato 日本 佐藤次郎 Jiro Sato
  • ロ シア 海軍 ロ シア かいぐん ロ シア 語: Военно - Морской Флот 略称 ВМФ 英語: Military Maritime Fleet は ロ シア 連邦が保有する海軍 旧ソ連海軍とは密接な関係があるので ここでは一括して扱う 正式名称を直訳するとロ シア 連邦軍事海上艦隊 ロ シア れんぽうぐんじかいじょうかんたい ロシア語:
  • 在レイクワース 英語版 領事館 アルゼンチン 在アルゼンチン大使館 ブエノスアイレス ウ ルグ アイ 在ウ ルグ アイ大使館 モンテビデオ エクアドル 在エクアドル大使館 キト エル サル バドル 在エル サル バドル大使館 サン サル バドル カナダ 在カナダ大使館 オタワ 在モントリオール総領事館 キューバ 在キューバ大使館 ハバナ
  • チン ギス カンがモンゴル帝国を建設した後 モンゴル族起源の人民に区別が設けられた チン ギス カンと同じ起源に出る諸部族は アラン ゴアが光線の作用によってはらんだ諸子の子孫であったために その純潔を示すため ニルン という姓で呼ばれた その他の諸部族は ドル ルギ ン 平民 と呼ばれた ドル ルギ
  • 機動戦士ガンダム00V ガンダムアヴァランチエク シア 刹那 F セイエイ ヤークトアルケーガンダム アリー アル サーシェス 機動戦士ガンダム00V戦記 ダブルオーガンダム セブンソード G ガンダムデュナメスリペア 刹那 F セイエイ ダブルオーク アン タ フルセイバー 刹那 F セイエイ
  • デュエルガンダムア サル トシュラウド イザーク ジュール ブリッツガンダム ニコル アマルフィ フォビドゥンガンダム シャニ アン ドラス レイダーガンダム クロト ブエル バスターガンダム ディアッカ エルスマン 機動戦士ガンダム00 ファーストシーズン ガンダムエク シア 刹那 F セイエイ
  •  インドネ シア 1 インド 1 イラン 4 イラク 2 アイルランド 3 イスラエル 2 イタリア 16 コートジボワール 2 ジャマイカ 11 日本 1 カザフスタン 6 ケニア 9 キリバス 2 キ ルギス 2 クウェート