Back

ⓘ 科学 - 科学, 疑似科学, 科学史, 科学館, 自然科学, 生命科学, 科学的方法, 科学哲学, 脳科学, 食品科学, 科学雑誌, 文部科学大臣, 2020年の科学, 王立学会, 科学基礎論学 ..




                                               

科学

科学 ( かがく 、 ( 羅: scientia 、英: science 、仏: science 、独: Wissenschaft )という語は文脈に応じて多様な意味をもつが、おおむね以下のような意味で用いられている。 (広義)体系化された知識や経験の総称であり、形式科学、自然科学、社会科学の総称。 (最狭義)自然科学。 (狭義)科学的方法に基づく学術的な知識、学問。

                                               

疑似科学

疑似科学 (ぎじかがく、英: pseudoscience 、英: pseudo-science )とは、表面だけの科学や、誤った科学のことであり、科学的方法に基づいていると誤って考えられたり、あるいは科学的事実だと(間違って)位置付けられた、一連の信念のことである。

                                               

科学史

科学史 (かがくし、英語:history of science)とは、科学の歴史的変化や過程を研究する学問分野である。これを専攻する学者は 科学史家 と呼ばれる。

                                               

科学館

科学館 (かがくかん)とは、自然科学に関連する展示を行う博物館である。 例えば、蒸気機関のしくみや、力学のモデル、化学物質の分子模型などを展示しているものもあれば、交通、通信、鉄道、産業技術に特化した科学館もあるし、子供のための理科、科学教育を主とするものも造られている。また、定期的に科学イベントも行われたりもする。

                                               

自然科学

自然科学 ( しぜんかがく 、 ( 英: natural science )とは 自然における観測可能な対象やプロセスに関する科学あるいは知識のこと。例えば、生物学や物理学など。数学のような抽象的知識(抽象に関する知識)や、哲学のような理論的知識とは区別して用いられる用法。 自然に属するもろもろの対象を取り扱い、その法則性を明らかにする学問。

                                               

生命科学

生命科学 (せいめいかがく、英: life science )は、 生命を研究対象とする学問のことである。自然科学(natural science)の中で、物理科学(physical science)と対をなす。広義には、応用分野も含む。

                                               

科学的方法

科学的方法 (かがくてきほうほう、英: scientific method )は、知識を獲得するための経験的方法である。 科学的手法 、 科学的検証 などとも呼ばれている。

                                               

科学哲学

科学哲学 (かがくてつがく、英語: philosophy of science )とは、科学を対象とする哲学的な考察のことである。

                                               

脳科学

脳科学 (のうかがく、英: brain science )とは、ヒトを含む動物の脳と、それが生み出す機能について研究する学問分野である。対象とする脳機能としては視覚認知、聴覚認知など感覚入力の処理に関するもの、記憶、学習、予測、思考、言語、問題解決など高次認知機能と呼ばれるもの、情動に関するものなどである。

                                               

食品科学

食品科学 (しょくひんかがく、英語: Food science 、食品学や食科学と呼ばれることもある。Gastronomic Arts and Sciences)は、食品を研究対象とした応用科学でありまた、人文科学 社会科学 自然科学における知見を統合的に適用して食に関する諸問題を研究し、あるいは解決を図る学際的な学問領域でもある。 食品技術者研究所 は、食品科学を「工学、生物学、物理学を適用して食品に纏わる自然現象や品質低下の原因、食品加工に関する法則を研究し、一般消費者が消費する食品の改良を対象とする学問」 と定義している。書籍 Food Science では、一般的な用語としての食品科学を「基礎科学と、食品や食品加工の原理に纏わる物理、化学、生物 ...

                                               

科学雑誌

科学雑誌 (かがくざっし、英語: science magazine )とは、一般の科学に対する興味(好奇心)を満たすことを目的とした雑誌のジャンルである。

                                               

文部科学大臣

文部科学大臣 (もんぶかがくだいじん、英: Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology )は、日本の文部科学省の長たる国務大臣。略称は 文科相 (もんかしょう)。

                                               

2020年の科学

2020年の科学 (2020ねんのかがく)では、2020年の科学分野に関する出来事について記述する。 2019年の科学 - 2020年の科学 - 2021年の科学

                                               

王立学会

王立学会 (おうりつがっかい、 Royal Society )は、1660年にロンドンで作られた民間の科学に関する団体である「 自然についての知識を改善するためのロンドン王立学会 」( The Royal Society of London for Improving Natural Knowledge )のことである。他の日本語訳として 王立協会 (おうりつきょうかい)、 王認学会 (おうにんがっかい)がある。結成以来現在まで続いており、最古の学会である。ロイヤルという名前は1662年にチャールズ2世の勅許を得て法人格を得たためつけられたが、国王または女王はあくまで守護者(パトロン)と言う位置づけで、フランスの王立パリ科学アカデミーと違って国庫の補助はなく、1850年に政府の補助金 ...

                                               

科学基礎論学会

科学基礎論学会 (かがくきそろんがっかい、英語名: The Japan Association for Philosophy of Science )は、1954年2月に設立された日本の学会。学会の趣旨は「科学の基礎に関する研究を促進し、海外の学界との連絡をはかり、斯学の向上発展に寄与すること」。学際的な学会であり、会員の専門分野の構成は、数学、哲学、論理学、物理学、心理学など、 多岐にわたる。2011年3月現在の会員数は一般会員約440名、名誉会員4名。2006年時点での女性会員比率は約7%となっている。

                                               

科学の甲子園ジュニア

科学の甲子園ジュニア (かがくのこうしえんジュニア)とは中学校等(中等教育学校前期課程・特別支援学校中学部在籍生を含む)の生徒がチームで理科・数学・情報における複数分野の競技を行う大会。主催は国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)。同じくJSTが主催する科学の甲子園の中学版として位置づけられている。

                                               

学会 (会議)

学会 (がっかい、英称: en:Academic conference、通称:会議)、 シンポジウム (英称:en:Symposium)、 研究発表会/研究会 および ワークショップ (英称: academic workshop)は、研究者や実務家が成果について発表し、議論するための会議である。学術雑誌とともに、学術会議は研究者・実務家の間での情報交換を行うための重要な媒体となっている。

                                               

慣性重力波

慣性重力波 (かんせいじゅうりょくは、Inertial wave)は、惑星流体(回転成層流体)における最も基本的な波動で、地球の大気・海洋で観測されて「重力波」と呼ばれるものの総称である。

                                               

境界科学

境界科学 (きょうかいかがく)あるいは 周辺科学 (しゅうへんかがく)(英語:fringe science フリンジサイエンス )は、「fringe フリンジ(=周辺、境界)の科学」という意味の表現で、それにはいくつかの定義がある。1つは、内容は正しいのではあるが主流ではない科学、という定義で、その意味で 非主流科学 とも呼ばれる。もう1つの、より広義の定義は、概して非科学的なものだと見る否定的な定義である。

                                               

サイエンスコミュニケーション

サイエンス・コミュニケーション (英: science communication )とは、パブリック・コミュニケーションの一種で、非専門家に対して科学的なトピックを伝えることを指す。 科学コミュニケーション 、 科学技術コミュニケーション とも呼ばれる。多くは職業的な科学者が主体となる(アウトリーチ活動や科学普及活動と呼ばれる)が、現在ではそれ自体が一つの職業分野となっている。サイエンス・コミュニケーションの形としては、科学博覧会、科学ジャーナリズム、 科学政策 、メディア制作などがある。また学術雑誌などを通した科学者同士のコミュニケーションや、科学者と非専門家の間のコミュニケーションを指すこともある。後者は特に、科 ...

                                               

システム論

システム論 とは、生命科学から機構上の知見を借り受け、数学から表記上の知見を借り受けた理論であり、それらを論理として普遍化した構想のことである。

                                               

総合科学研究科

総合科学研究科 (そうごうかがくけんきゅうか)は、日本の大学院に設置されていた研究科である。主に総合科学の研究を行った。

                                               

デジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーション (英: Digital transformation ; DT or DX )とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。 デジタルシフト も同様の意味である。2004年にスウェーデンのウメオ大学教授、エリック・ストルターマンが提唱したとされる。ビジネス用語としては定義・解釈が多義的ではあるものの、おおむね「企業がテクノロジー(IT)を利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させる」という意味合いで用いられる。 なお、本用語は「 DX 」と表記されることが多いが、それは英語圏では「transformation」の「trans」の部分を「X」と略すことが一般的だからである。

                                               

統一科学

統一科学 (とういつかがく)とは科学史においての主張や運動の一つ。これはウィーン学派のモーリッツ・シュリック、ルドルフ・カルナップ、オットー・ノイラートらによって行われていた事柄である。論理実証主義の立場から物理学を基礎として、全ての科学というものは一貫した体系によって一つになるということであり、諸学を統一させようといった事柄であった。

                                               

プロセス (科学)

科学において、 プロセス は科学的方法を用いて観測できる現実の対象の変化全体である。それゆえ、全ての科学はプロセスの分析やモデル化を行う。

                                               

プロトサイエンス

プロトサイエンス (protoscience)とは、科学以前の、科学的プロセスにより研究されつつある新しい分野を呼ぶときに使われる言葉である。日本語の日用語として未定着である。使われる場合も意味は浮動しており、使う場面ごとに意味は変わるような状況である。 プロトサイエンスの用語は日本ではほとんど使われない。定訳ではないが、物事の科学性を論じる場面で 未科学 と使われる。

                                               

見えないもの

見えないもの (みえないもの Invisible)とは、人間などの動物が直接目で見ることができない事象を指す。 見えないものに関しては種々の分類がある。以下は主な例を示す。