Back

ⓘ 経済学 - 経済学, 農業経済学, 厚生経済学, 行動経済学, 環境経済学, 博士(経済学) ..




                                               

経済学

経済学 (けいざいがく、英: economics )とは、経済についての学問領域のこと。原語であるeconomicsという語彙は、新古典派経済学者アルフレッド・マーシャルの主著『経済学原理』(英: Principles of Economics, 1890年)によって誕生・普及したとされている。 "オイコノミコス

                                               

農業経済学

農業経済学 (のうぎょうけいざいがく、英: agricultural economics )は、農学あるいは経済学の一分野。本稿では、農業経済学を教授・研究する学科である 農業経済学科 (のうぎょうけいざいがっか)についても記す。

                                               

厚生経済学

厚生経済学 (こうせいけいざいがく、英: Welfare economics )とは、経済学の規範理論(英: normative theory )的研究の総称である。厚生経済学はミクロ経済学の主要な一分野として位置づけられ、記号論理学の手法が積極的に用いられる一方で、倫理学とも密接な関係がある。また、アロー以降の厚生経済学は、社会選択理論(英: social choice theory )とかなりの程度で同義である。 ケネス・アロー(1972年ノーベル賞受賞)やアマルティア・セン(1998年ノーベル賞受賞)らは、厚生経済学を「現実的あるいは仮想的な経済システムや経済政策を批判的に検討し、人々の福祉の観点からその性能を改善するために、代替的な経済システムや経済政 ...

                                               

行動経済学

行動経済学 (こうどうけいざいがく、英: behavioral economics )とは、経済学の数学モデルに心理学的に観察された事実を取り入れていく研究手法である。 行動経済学は当初は主流派経済学に対する批判的な研究として生まれたが、1990年代以降の急速な発展を経て米国では既に主流派経済学の一部として扱われるようになった。 なお、通常は「行動経済学」といえば第二世代以降の行動経済学(新行動経済学)を指すが、本記事では第一世代の行動経済学(旧行動経済学)についても併せて解説する。

                                               

環境経済学

環境経済学 (かんきょうけいざいがく、英: environmental economics )は環境問題を扱う経済学の一分野である。具体的課題としては、地球温暖化対策、廃棄物処理とリサイクル、森林破壊、生物多様性の保全などを扱った研究が多い。既存の経済学を前提として、環境問題に対してその応用分析を行う「環境の経済学」と、環境問題によって既存の経済学の枠組み自体が問い直されているという認識に基づく「環境と経済の学」に大別できる。

                                               

博士(経済学)

博士(経済学) (はくし けいざいがく)は、博士の学位であり、経済学に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。 1991年以前の日本では、 経済学博士 (けいざいがくはくし)という博士の学位が授与されており、経済学博士は、現在の「博士(経済学)」とほぼ同じものである。大学院によっては、博士(経済学)の中に、博士(経営学)や博士(商学)の対象とする研究領域を含んでいる場合が多い。 経済学博士は、1920年(大正9年)の学位令改正により追加された。それ以前は、法学博士の中に経済学の研究に関するものが含まれていた。日本で初めて経済学博士を授与されたのは、寺島成信(1923年。授与機関は東京 ...