Back

ⓘ 言語学 - 言語学, 計算言語学, 個別言語学, 理論言語学, 歴史言語学, 応用言語学 ..




                                               

言語学

言語学 (げんごがく、英: linguistics )は、人文科学の一分野である。ヒトが使用する言語(自然言語や人工言語)の意味や構文などを、科学的手法を用いて研究する。

                                               

計算言語学

計算言語学 (けいさんげんごがく、英: computational linguistics )とは、形式性を重視する言語学の一分野である。自然言語処理と共に「理科系言語学」と称される。 類似名称の言語学分野に計量言語学があるが、計量言語学は統計的な手法により自然言語を研究する分野であり計算言語学とは異なる。

                                               

個別言語学

個別言語学 (こべつげんごがく)とは、個別言語について研究する学問、すなわち日本語学、英語学、フランス語学などの総称的ないし通称的名称である。個別言語学という名を持つ、独立した学問のシステムが存在する訳ではない。

                                               

理論言語学

理論言語学 (りろんげんごがく、英語:theoretical linguistics)は、以下の2つの用法がある。

                                               

歴史言語学

歴史言語学 (れきしげんごがく、英語:historical linguistics)とは、言語の歴史的変化の様子とその要因を研究の対象とする、言語学の一分野である。 現在(または過去のある時点で)用いられる言語を対象とする共時言語学に対して、 通時言語学 (つうじげんごがく)ともいう。

                                               

応用言語学

応用言語学 (おうようげんごがく、英語:applied linguistics)とは、言語と個人・社会に関わる問題を発見し、調査し、解決策を提供する学際的な分野である。理論言語学が「言語の構造」を対象としているのに対し、応用言語学は言語に関する人間行動(=言語行動)をマクロ的に捉えている。 応用言語学に関連する学問分野として、教育学、心理学、人類学、社会学などが挙げられる。