Back

ⓘ 建築学 - 建築美学, 日本建築学会, 建築学部, 日本建築学会賞, 日本建築学会作品選集新人賞, 建築, 建築学概論, 建築家, 岡田光正, 建築学者, 加藤渉, 日本建築学会作品選 ..




                                               

建築美学

建築学 (けんちくがく)は、建築について研究する学問である。

                                               

日本建築学会

一般社団法人日本建築学会 (いっぱんしゃだんほうじん にほんけんちくがっかい、英称:Architectural Institute of Japan、略称 AIJ )は、建築に関する学術・技術・芸術の進歩発達をはかることを目的とし、1886年(明治19年)に設立された日本の学会。日本学術会議協力学術研究団体。単に「建築学会」と呼ばれることもある。

                                               

建築学部

建築学部 (けんちくがくぶ)とは、大学の学部の名称。通常日本以外の海外の大学では、大学での建築学教育にあたり、日本のような工学部等の他学問分野との小学科方式をとらずに「建築学部」、あるいは都市計画学をも抱合した「建築・計画学部」のように学部として開設されているので、おもに海外の建築系学部を和訳する際に使用されていた。 大学院の場合、建築学専攻は工学研究科に属している場合が多い。

                                               

日本建築学会賞

日本建築学会賞 (にほんけんちくがっかいしょう)は、一般社団法人日本建築学会が設けている国内で最も権威のある建築の賞。日本国内における建築・建設分野で功績をあげた個人・団体を称え授与される。

                                               

日本建築学会作品選集新人賞

日本建築学会作品選集新人賞 (にほんけんちくがっかいさくひんせんしゅうしんじんしょう)は、2013年に創設された新人賞である。40歳未満の一般社団法人日本建築学会作品選集掲載作品の筆頭設計者を表彰する。受賞者には賞状を贈る。この賞は、過去に日本建築学会作品選奨を受賞した者は対象外としており、建築家の登竜門としての立ち位置が期待される。

                                               

建築

建築 (けんちく)とは、人間が活動するための空間を内部に持った構造物を、計画、設計、施工そして使用するに至るまでの行為の過程全体、あるいは一部のこと。

                                               

建築学概論

『 建築学概論 』(けんちくがくがいろん、原題:건축학개론)は、2012年公開の映画。韓国国内での観客動員数は400万人を超え、韓国の恋愛映画として歴代1位の興行記録を塗り替えた。監督のイ・ヨンジュは、自身も延世大学で建築学を専攻し、建築士として10年間働いた経験を持つ。

                                               

建築家

建築家 (けんちくか、 architect )は、一般的に建築における建物の設計や工事の監理などを職業とする専門家のことである。建築士とは違い、資格は特に必要ではない。 建築を実践することは、建物の設計や建物を取り巻く敷地内の空間で、人間の占有や使用を主目的としたサービスを提供することを意味する。語源学的に、建築家はラテンのarchitectusから派生している。更にそれは、ギリシャ語のチーフ建設者(arkhi-、チーフ + tekton、建設者)から派生している。 建築家 は 建築 の作者のタイトルであり、都市環境、建築物、および屋内外の環境を計画および設計する職である。 専門的には、建築家の決定は公共の安全に影響するため、建築を ...

                                               

岡田光正 (建築学者)

岡田 光正 (おかだ こうせい、1929年 - )は、日本の建築学者。工学博士。大阪大学名誉教授、大阪工業大学教授。専門は建築計画・都市計画のうち災害の避難誘導避難シミュレーション、安全性評価や群集流動、滞留人口など。

                                               

加藤渉 (建築学者)

加藤 渉 (かとう わたる、1915年 - 1997年)は、日本の建築構造学者。海洋建築工学者。構造デザイナー。

                                               

日本建築学会作品選奨

日本建築学会作品選奨 (にほんけんちくがっかいさくひんせんしょう)は、1995年に創設された賞である。一般社団法人日本建築学会が発行するその年の作品選集に掲載された作品であって、学術・技術・芸術の総合的視点からみて、特に優れたものを対象とする。毎年12作品が選出され、賞楯・銘板が贈られる。

                                               

高山建築学校

高山建築学校 (たかやまけんちくがっこう、英称:Takayama Architecture Seminar School)とは、1972年7月20日開校の、夏季開講の建築学の学校である。岐阜県飛騨市の数河峠の校地にて、毎年8月に完全合宿制のセミナーの開催を活動の中心としている。

                                               

建築工学

建築工学 (けんちくこうがく、英語: Architectural engineering ) 建築工学科 建築学のうちの工学分野

                                               

COBie

COBie ( Construction Operations Building Information Exchange )は スペースや設備などの管理資産情報に関連する国際標準である。BIMによる構築された資産の設計、建設、管理へのアプローチと密接に関連しており、USACEのBill Eastにより考案された。彼は2007年6月にパイロット規格を作成していた。 COBieは設備リスト、製品データシート、保証、スペアパーツリスト、予防メンテナンススケジュールなどの原点の重要なプロジェクタデータをキャプチャして記録するのに役立つ。この情報は構築された資産が利用可能になった際に運用、メンテナンス、資産管理を支援するために不可欠である。 2011年12月には米国建築科学研究所により米国建 ...

                                               

火薬学

火薬学 (かやくがく、Explosives Engineering)は、火薬類の分類や取り扱い、法令などに関する学問である。

                                               

景観

景観 (けいかん)とは、日常生活において風景や景色の意味で用いられる言葉である。植物学者がドイツ語のLandschaft(ラントシャフト)の学術用語としての訳語としてあてたもので、後に地理学において使用されるようになった。辻村太郎『景觀地理學講話』によれば、三好学が与えた名称である。 字義的にも一般的な用法としても「景観」は英語のlandscape(ランドスケープ)に近接したことばであるが概念としてはドイツを中心としたヨーロッパのLandschaftgeographie(景観地理学)の学派のものを汲んでいる。 田村明によると、都市の景(街並み)や村落の景(例えば屋敷森や棚田、漁港)など人工的な(人間の手が加わった)景を指すことが多 ...

                                               

建築音響工学

建築音響工学 (けんちくおんきょうこうがく、英: Architectural acoustics )とは、音響工学のうち、建築に主眼を置いたもの。建築工学の一分野でもある。建築物の雑音・騒音対策などを主とする。

                                               

建築計画学

建築計画学 (けんちくけいかくがく)とは、建築学の一分野であり、人間の行動や心理に適した建物を計画するための研究とその応用のことをいう。建築計画学は、環境に存在する人間の視点から「建築」空間をいかに「計画」・設計するかを論じる学問、すなわち、人間の行為・行動面からの要求と、空間性能との関係の調整・創造を設計と捉え、それらの対応関係を明らかにしようとする学問と考えられる。一方、工学としての建築計画学を捉える場合、学問知識の体系として、対象に対する知識と方法に関する知識とが考えられる。すなわち、住宅、集合住宅、福祉施設、病院、学校、劇場・ホール、図書館、地域施設、事務所、庁舎…等の対象とする施設に関 ...

                                               

建築史

建築史 (けんちくし、英語:architectural history)とは、建築の歴史のこと。建築学の一分野であると同時に、歴史学の一分野でもある。 さらに、建築史は文化史・美術史・技術史・社会史の一つとしても捉えられる。ゴシック、ルネサンスなど表層としての様式の変遷に目が行きがちであるが、建築様式のみが独自に展開するわけではなく、また様式はあくまでも個々の建築物の結果の総体であるので、社会的・経済的・文化的・技術的状況などの時代背景を総合的に考察する必要があるとされている。 現に残っている歴史的建造物の研究が中心になるが、古文書の分析や発掘などの考古学的手法により、失われた建造物の復元的考察も行われる。近代以 ...

                                               

建築設備

建築設備 (けんちくせつび) 建築学#建築設備学 設備のうち、建築に関わる設備(機械・電気設備、配管(MEP) Mechanical,_electrical,_and_plumbing 建築設備のうち、建物の設計と建設における 機械、電気、配管 ( Mechanical, electrical and plumbing 、 MEP )について言及する。 商業ビルでは、これらの要素は多くの場合、専門のエンジニアリング会社によって設計されており、 MEPの設計は、計画、意思決定、正確な文書化、パフォーマンスとコストの見積もり、建設、および結果として得られる施設の運用/維持にとって重要である。 MEPは、メーカーが単に機器を設置するのではなく、これらのシステムの詳細な設計と選択を明確に網羅し ...

                                               

建築美学

                                               

建築物管理

建築物管理 (けんちくぶつかんり)とは、建築物を使用し、維持・管理するために、清掃・点検・修繕などの各種業務を行うこと、またはそれを請け負う事業のこと。 ビルメンテナンス (Building Maintenance)、 ビル管理 とも。略称は ビルメン 。 日本では第二次世界大戦後に登場した比較的新しい業態。

                                               

建築様式

建築様式 (けんちくようしき、英語:Architectural style)とは、ある特定の特徴を持った建造物の様式、または、その建築手法、対象物を特徴づける特定の建築手法のことをいう。建築様式と美術などの他の様式と名称が同じであっても、それぞれは時代的には必ずしも完全に一致するとはかぎらない。

                                               

住育

住育 (じゅういく)とは、様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と「住」を選択したり、見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。これらは一般社団法人日本建築プロデュース協会や一般社団法人住まい教育推進協会などで主に定義されている。 更には国民一人一人が、生涯を通じて健全で安全な住生活の実現、住文化の継承、健康や、良好な環境の確保等が図れるよう、自らの「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指す。

                                               

住居学

住居学 は、主に日本の大学で家政学部・生活科学部、 教育学部の家庭科教育教室等で開講している学問分野。 住まいと住居、人間生活のライフスタイルや住環境、家具、 住まい設備などについて研究し、人間にとって快適な住居・住環境を 実現するための知識や技術を学ぶ。 下記の通り大学の学科や研究室単位で教育教室が設けられている。 建築学科に準じた教育が成されている学科コースも含まれ、そうした 大学の学科では建築士資格の条件を満たした授業講義を取り揃える学科もある。 女子大学生活科学部等に設置されている場合生活、服飾アパレルデザイン、被服学・ファッションデザイン、 インテリアなども含めデザインの理論や技術を基礎から ...

                                               

スターパティア・ヴェーダ

スターパティア・ヴェーダ は、ウパ(副)・ヴェーダの1つで、ヴェーダの建築学(建築計画学)都市計画学。後に中国に伝わり、風水になったといわれる。 環境との調和を重視した(ヴァースツ)街作りから、個別の住宅の設計に関わる知識を提供する。都市の場合は、中心にブラフマスターンという広場を設け、そこから道路や住宅を配置する。 住居の場合は朝・昼・夕の太陽の光の影響を重視した部屋の作りをする。活動欲求の湧く部屋の位置、食欲が湧く部屋位置、休息に向いた部屋位置などがあるという。

                                               

建物のライフサイクル管理

建物のライフサイクル管理 は、製品ライフサイクル管理(PLM)の手法を、建物の設計、建設、および管理に適応すること。建物のライフサイクル管理には、正確で広範なビルディングインフォメーションモデリング(BIM)が必要となる。 建設済みの環境のライフサイクル管理には、標準化されたオントロジーと、異なる能力、テクノロジー、およびプロセスの統合が必要となる。

                                               

ティルトアップ

ティルトアップ (英語: tilt up ) ティルトスラブまたはティルトウォールともいい、コンクリートを使用した建物および建設技術の一種。本項で紹介 ビデオ撮影でのカメラワークの一つ。はじめ足元を映しそのままカメラを上に向ける撮影方法。人物の衣装を見せたい時に使う撮影方法 ティルトアップ、 ティルトスラブ またはティルトウォール( Tilt-up, tilt-slab or tilt-wall)は、コンクリートを使用した建物および建設技術の一種。地震時の性能が低いため、古い建物では大幅な耐震補強が義務付けられている。

                                               

デザインビルド方式

デザインビルド方式 (デザインビルドほうしき、英: Design-build 、または デザイン/ビルド 、および略して D - B または D / B )は、建設業界で使用されるプロジェクトシステム。これは、設計と建設のサービスが設計 - 建築業者または設計 - 建築請負業者など、単一のエンティティによって契約プロジェクトをもって提供する方法。建設事業において設計と施工を一括にして発注を行う設計・施工一括発注方式のこと。 これは 建築家主導のデザイン・ビルド (時には デザイナー主導のデザイン・ビルド として知られているALDB)および請負業者主導の設計・構築など細分化することができる。

                                               

土地排水

土地排水 (とちはいすい、英:Land drains)の目的は、湿ったまたは湿った地面にある水を急速に排水するか、 静水圧で排水することであるが、実用的な限り落下に適した急勾配であるべき地形線形構造にして、これらは農業や建築現場で活用されている。現代の陸地排水路は有孔または不連続(すなわち、開放接合)パイプの形態をとる。典型的な陸地排水路は余剰水を開放溝にまたは天然水源に導く。

                                               

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャ (英: project manager)とはプロジェクトマネジメントに於いて総合的な責任を持つ職能あるいは職務である。 プロマネ と略されることもある。 プロジェクトマネージャは、定義された範囲、定義された開始および定義された終了を有するあらゆる事業(業界に関係なく)において、プロジェクトの計画、調達、および実行の責任を負う。プロジェクトマネージャは、プロジェクトの代表者として、組織内のさまざまな部門の責任者内で発生する問題の報告を最初に受け、解決する。 プロジェクトマネジメントはプロジェクトマネージャの責任である。この個人は、最終結果を生み出す活動に直接参加することはめったにないが、全 ...