Back

ⓘ 考古学 - 考古学, 海洋考古学, 奈良県立橿原考古学研究所, 宗教考古学, 神道考古学, 近世考古学 ..




                                               

考古学

考古学 (こうこがく、英語: archeology )は、人類が残した物質文化の痕跡(例えば、遺跡から出土した遺構などの資料)の研究を通し、人類の活動とその変化を研究する学問である。

                                               

海洋考古学

海洋考古学 (かいようこうこがく、英語:nautical archaeology)は、考古学の一分野である。国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の水中文化遺産保護条約が定義する水中文化遺産(すいちゅうぶんかいさん、英語:underwater cultural heritage)を研究対象とする学問である。一般には、水中考古学(すいちゅうこうこがく、英語:underwater archaeology)と呼ばれている。近年では、水中文化遺産研究という表現が使用される場合もある。

                                               

奈良県立橿原考古学研究所

奈良県立橿原考古学研究所 (ならけんりつかしはらこうこがくけんきゅうしょ)は、奈良県橿原市畝傍町に設置された県立の埋蔵文化財調査研究機関。奈良県に属する機関である。現在まで存続している公的な埋蔵文化財研究機関としては最も古い歴史を持つ。 橿考研 (かしこうけん)と略されることもある。主に奈良県内の遺跡発掘調査を手がけ、初期の纒向遺跡をはじめ、ホケノ山古墳、黒塚古墳、桜井茶臼山古墳、メスリ山古墳、藤ノ木古墳、高松塚古墳などの学史に残る著名な古墳や、飛鳥京跡や東大寺、唐招提寺などの発掘で全国に名を知られる。附属博物館を併設するほか、宇陀市に室生埋蔵文化財整理収蔵センターを設置している。 附属博物館 ...

                                               

宗教考古学

宗教考古学 (しゅうきょうこうこがく)とは、欧米においては聖書考古学、日本においては仏教考古学がある。

                                               

神道考古学

神道考古学 (しんとうこうこがく)は考古学的に神道を研究する学問。かつては 神社考古学 とも称された。

                                               

近世考古学

近世考古学 (きんせいこうこがく)とは、 有史考古学 (ゆうしこうこがく)の一つで、いわゆる「近世」の遺跡・遺物を研究の対象とする考古学のことである。

                                     

ⓘ 考古学

  • 考古 説略 に 緒言を記した吉田正春が 考古学 は欧州学課の一部にして 云々 とのべており 考古学 という名前が使われた最初とされている 佐原真によると 考古学 の内容を正しく明確にしたのがシーボルトの 考古 説略 であることは間違いない が 考古学
  • 海洋 考古学 かいようこうこがく 英語 nautical archaeology は 考古学 の一分野である 国際連合教育科学文化機関 ユネスコ の水中文化遺産保護条約が定義する水中文化遺産 すいちゅうぶんかいさん 英語 underwater cultural heritage を研究対象とする学問で
  • 考古学 では 古い時代とくに先史時代の人びとの人びとの信仰など精神的な側面 あるいは親族や婚姻などといった社会組織にかかわる側面を復元していくのは至難のわざである 対象とする時期がさかのぼるほど 残存して具体的に扱うことのできる文化遺産 考古
  • 博物館法による博物館として登録 1970年 昭和45年 - 橿原公苑 考古 博物館に改称 1973年 昭和48年 - 奈良県立 考古 博物館に改称 1974年 昭和49年 - 橿原 考古学 研究所附属 考古 博物館に改称 1980年 昭和55年 - 現在名称の橿原 考古学 研究所附属博物館に改称 1951年 末永雅雄 1980年 有光教一
  • 宗教 考古学 しゅうきょうこうこがく とは 欧米においては聖書 考古学 日本においては仏教 考古学 がある 聖書 考古学 は 旧約聖書の基本となるような出来事を確認できる紀元前2000年紀頃から新約聖書の成立頃までを範囲とする 地理的にはパレスチナ及びその周辺となる 旧約聖書に記された都市遺跡の発掘 教会や教
  • 神道 考古学 しんとうこうこがく は 考古学 的に神道を研究する学問 かつては神社 考古学 とも称された 宮地直一は1926年 大正15年 に 神社 考古学 の必要性を提唱し具体的に以下の分類をした 第一類 神社と最も密接な関係をもつもの 神籬 磐境 社殿 神像 神服 神宝 神体 調度 祭器 神輿 神符
  • 近世 考古学 きんせいこうこがく とは 有史 考古学 ゆうしこうこがく の一つで いわゆる 近世 の遺跡 遺物を研究の対象とする 考古学 のことである ヨーロッパでは 産業革命当時に建設された工場やダムなどの建造物の保存と それらの遺跡を調査して当時の道具や装置の配置の復元などを行う 産業 考古学 industrial
  • 天文 考古学 てんもんこうこがく 英語 archaeoastronomy とは 考古 資料に残る天体現象の記録を 天文学の知識を用いて検証する 考古学 の分野 また 天文学の立場から斉藤国治が命名した 先史時代 歴史時代の両方の天文現象の記録を扱う 古天文の学問 すなわち古天文学 こてんもんがく 英語 p
  • しようとする考古学研究の目的を達するものと考えられる 従来の 考古学 が 特定の時代や地域に限定される傾向が強い地域偏重主義である点を矯正することが期待されている 環境 考古学 動物 考古学 植物 考古学 実験 考古学 民族 考古学 鈴木公雄 考古学 入門 東京大学出版会 1988年 ISBN 4 - 13 - 022051 - 9
  • 現在 ロンドン大学 考古学 研究所は 人間環境部 保存科学部 先史 考古学 部 ローマ属州 考古学 部 西アジア 考古学 部 考古 写真部の 部構成となっている そのうち 人間環境学部では 第四紀生態学 地質 考古学 植物 考古学 人類進化と生態学 土壌学と 考古学 無脊椎動物生態学と 考古学