Back

ⓘ 商学 - 商学, 博士(商学), 日本大学商学部・大学院商学研究科, 商学部, 早稲田大学大学院商学研究科・商学部, 慶應義塾大学大学院商学研究科・商学部, 商学研究科, 一橋 ..




                                               

商学

商学 (しょうがく、英: Commercial Science )とは、販売者と消費者を結びつける商業そのものについて学ぶ学問であり、それに伴う「マーケティング」「流通」「金融」「会計」などを研究の対象とする。近似の分野として、社会全体の経済の動きや仕組みを研究する経済学や、経済活動を行う組織の仕組みやマネジメントを研究する経営学などがある。

                                               

博士(商学)

博士(商学) (はくし しょうがく)は、博士の学位であり、商学に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。 1991年以前の日本では、 商学博士 (しょうがくはくし)という博士の学位が授与されており、商学博士は、現在の「博士(商学)」とほぼ同じものである。 商学博士は、1920年(大正9年)の学位令改正により追加された。それ以前は、法学博士の中に商学の研究に関するものが含まれていた。日本で初めて商学博士を授与されたのは、藤本幸太郎(1921年。授与機関は東京商科大学(現在の一橋大学))である。

                                               

日本大学商学部・大学院商学研究科

日本大学商学部 (にほんだいがくしょうがくぶ、Nihon University College of Commerce)は、商業学科・経営学科・会計学科の全3学科を擁し、教育・研究する大学の学部である。また、 商学研究科 (しょうがくけんきゅうか)は、商学の理論および応用を教育・研究する大学院の研究科である。

                                               

商学部

商学部 (しょうがくぶ)は、大学の学部の一つ。商学の教育、研究がなされる。

                                               

早稲田大学大学院商学研究科・商学部

早稲田大学商学部 (わせだだいがくだいがくいんしょうがくけんきゅうか・しょうがくぶ)は、早稲田大学が設置する商学部。 早稲田大学大学院商学研究科 (わせだだいがくだいがくいんしょうがくけんきゅうか)は、早稲田大学が設置する商学を研究する大学院商学研究科。

                                               

慶應義塾大学大学院商学研究科・商学部

慶應義塾大学商学部 (けいおうぎじゅくだいがく しょうがくぶ)は、慶應義塾大学が設置する商学部。 慶應義塾大学大学院商学研究科 (けいおうぎじゅくだいがくだいがくいんしょうがくけんきゅうか)は、商学を研究する慶應義塾大学の大学院。

                                               

商学研究科

商学研究科 (しょうがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Commerce )は、日本の大学院研究科のうち、商学に関する高度な教育・研究を行う機構の1つである。 主に、商学部の上位に連続した形で設置され、博士前期課程(修士課程)および博士後期課程(博士課程)あるいはそれに相当する課程で構成される。学位は、修士課程は修士(商学)を、博士課程は博士(商学)を修めることができる。

                                               

一橋大学大学院経営管理研究科・商学部

一橋大学大学院経営管理研究科 (ひとつばしだいがくだいがくいんけいえいかんりけんきゅうか、英称:Graduate School of Business Administration)は、一橋大学に設置される大学院研究科の一つである。通称、 一橋ビジネススクール(HUB) 。また、 一橋大学商学部 (ひとつばしだいがくしょうがくぶ、英称:Faculty of Commerce and Management)は、一橋大学に設置される学部の一つである。

                                               

明治大学商学部

明治大学商学部 (めいじだいがくしょうがくぶ、英称:School of Commerce)は、明治大学に設置されている商学部である。私学初の商学部として設立された伝統を誇り、”明治の商科”として事実上明治大学の看板学部である。

                                               

商学科

商学科 (しょうがっか)とは大学、短期大学に置かれる学科の一つであり商学を教育研究することを目的としている。 設置形態は商学部内に商学科が置かれているところから経済学部や経営学部などの違った名称の学部内に置かれているところまで大学によって様々である。 1873年(明治6年)6月に福澤諭吉が日本初の簿記書である『帳合の法』初編を出版し、簿記講習所を設立させ、近代日本の商取引に簿記が導入された。その後、商法講習所、三菱商業学校等の官民の教育機関が商学教育の主軸となった。四年制大学や短期大学で学科が現存している大学もあるが、経営学科などの他学科への改組により募集停止となった大学も数多く見られる。一方、大 ...

                                               

早稲田大学商学学術院

早稲田大学商学学術院 (わせだだいがくしょうがくがくじゅついん、英語:Faculty of Commerce)は、商学・経営学・会計学系の学部・大学院を運営・管理する早稲田大学の教員組織の名称。「学術院」は早稲田大学独自の名称である。早稲田大学に設置されている商学部、商学研究科、経営管理研究科、ファイナンス研究科、会計研究科、商学学術院総合研究所が学生教育のための組織であり、学術院所属の教員がその教育メンバーを構成する。

                                               

松商学園高等学校

松商学園高等学校 (まつしょうがくえんこうとうがっこう)は、長野県松本市にある私立高等学校。 旧名は 松本商業学校 。略称は 松商(まつしょう・まっしょう) 。なお、広島県に存在した松本商業高校(広島県瀬戸内高等学校の前身)および島根県立松江商業高等学校・愛媛県立松山商業高等学校・三重県立松阪商業高等学校(略称が同じ松商)らとは無関係である。

                                               

残高

残高 (ざんだか)とは商学用語の一つ。これは収入から支出を差し引いた上で残った金額の事を言う。また貸借を決済した上で残った金額のことを言う。家計においても残高という言葉は存在しており、個人が所有する預金の額という意味で用いられている。この場合には個人がどれだけの残高を所有しているかということが、個人の信用を証明するということにもなり、ローンを組むなどといった場合に残高証明書が求められることがある。

                                               

商品学

商品学 (しょうひんがく、英:commoditics、独:Warenkunde)とは、商品について、商業的な観点と科学的な観点から研究する学問である。大学では、商学部あるいは商経学部でこれを学ぶことが出来る。

                                               

仲介

仲介 (ちゅうかい)は間に入ること。商学用語では取引が行われる際に、売り手と買い手の間に入って話をまとめて契約を成立できるようにすることである。金融や不動産おいて多く行われている事柄であり、仲介を専門とする企業も存在する。仲介を行っている企業は、契約の際の手数料を徴収することで利益を上げている。売買を行う際に仲介を利用するならば、売り手と買い手は仲介企業に対して要求を行い、価格交渉も仲介企業が代理で行うこととなり、仲介企業が話をまとめた上で、売り手と買い手は契約を結ぶという形式になる。