Back

ⓘ 神学 - 神学, 自由主義神学, 神学部, 博士(神学), 東京神学大学, フラー神学大学 ..




                                               

神学

神学 (しんがく、英語:theology、ドイツ語:Theologie、ラテン語:theologia)は、信仰を前提とした上で、神をはじめとする宗教概念についての理論的考察を行う学問である。神道や仏教では、 教学 (きょうがく)や 宗学 (しゅうがく)と呼称することが多い。 護教学 (ごきょうがく)と呼ばれることもある。各宗教ごとに存在するものではなく、自身の信仰について考察する学問として、一般的な神学が存在しうるとの理解も可能である。Theologyの語源はギリシア語の θεολογια。θεος (神)および λογος (言葉)の合成語。「神についての議論(学問)」という意味。

                                               

自由主義神学

自由主義神学 (じゆうしゅぎしんがく、英: Liberal theology, Theological liberalism 、リベラル、リベラリズム)は、キリスト教のプロテスタントの神学的立場の一つ。その発生以来、プロテスタント教会の主流エキュメニカル派の多くが採用する立場。 「自由主義」の語は社会学・政治学用語からの仮借であり、神学分野では「歴史的・組織的な教理体系から自由に、個人の理知的判断に従って再解釈する」の意である。教義・教理の批判的研究である教義史を確立させた。 かつては新神学( New Theology )とも呼ばれ、日本のキリスト教界にも大きな影響を与えた。

                                               

神学部

日本においては、「神学」が慣習上キリスト教神学を指すことが多いため、「神学部」もキリスト教神学の研究・教育を行う学部を意味することが多い。しかし一般的には、キリスト教以外の宗教学も学問対象として含むものであり、実際、欧米の大学や、日本の一部の大学の中にはイスラム教やヒンドゥー教なども神学部で講じているところがある。 キリスト教を学ぶ学部としての神学部における具体的なカリキュラムには、旧約・新約聖書に関する聖書学、歴史神学、教義学、実践神学、宗教哲学などが含まれる。大学・学部によって、キリスト教会の牧師や司祭など、神学校として宗教家の養成を主な使命とするものと、教養としての神学教育を並行して ...

                                               

博士(神学)

博士(神学) (はくし しんがく)は、博士の学位であり、神学(倫理学、聖書など)に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。 1991年以前の日本では、 神学博士 (しんがくはくし)という博士の学位が授与されており、神学博士は、現在の「博士(神学)」とほぼ同じものである。 神学博士は、1920年(大正9年)の学位令改正により追加された。

                                               

東京神学大学

東京神学大学 (とうきょうしんがくだいがく、英語: Tokyo Union Theological Seminary )は、東京都三鷹市大沢三丁目10番30号に本部を置く日本の私立大学である。1949年に設置された。大学の略称は東神大(とうしんだい)。

                                               

フラー神学大学

フラー神学大学院 (フラーしんがくだいがくいん、 Fuller Theological Seminary )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナに位置し、世界で最大級の超教派的なプロテスタント系の神学大学院である。 学問的な厳しさ、民族、教派の多様性が有名であり、67以上の国の、108を越す教派から、4300人以上の学生が在籍している。3つの大学院(神学研究科、心理学研究科、国際文化学研究科)と種々の研究センターを有し、各研究科や研究センターが協同して13の学位を授与できる総合大学院的な教育を提供している。形の上では、今なお1972年改訂の福音的信仰箇条10条を堅持しているが、入学に当たってそれらの信仰箇条を厳密に学生に義務付けた ...