Back

ⓘ 人類学 - 人類学, 自然人類学, 文化人類学, 医療人類学, 日本人類学会, 分子人類学 ..




                                               

人類学

人類学 (じんるいがく、英: anthropology )とは、人類に関しての総合的な学問である。生物学的特性について研究対象とする学問分野を形質人類学もしくは自然人類学と呼び、言語や社会的慣習など文化的側面について研究する学問分野を文化人類学もしくは社会人類学と呼ぶ。さらに言語学や考古学、民俗学や民族学、芸能も包括する。

                                               

自然人類学

自然人類学 (しぜんじんるいがく、英語:biological anthropology)は、別名 形質人類学 (けいしつじんるいがく、physical anthropology)と 生物人類学 とも呼ばれる人類学の一分野である。 人類やチンパンジーやゴリラなどヒト科の共通祖先からどのように現生人類が進化してきたのかを解明する学問である。主に発掘された霊長類や人類の化石を対象に、その形態を分析する。骨や歯の形態からその古人類の運動様式・食性・生殖・生活環境・社会構造などを明らかにする。進化の過程ではなく、進化のメカニズムに焦点を当てた下位分野は進化人類学とも呼ばれる。分子人類学を自然人類学に含むこともあるが、形質人類学と言う場合には分子人類 ...

                                               

文化人類学

文化人類学 (ぶんかじんるいがく)は、人間の生活様式全体(生活や活動)の具体的なありかたを研究する人類学の一分野である。

                                               

医療人類学

医療人類学 (いりょうじんるいがく、英語: medical anthropology )とは、病気と健康(保健)に関する人類学研究分野のことである。 当初は医学史や医療・医学の哲学領域から、考古・歴史上の過去の事象や、非西洋の同時代の異文化・異民族の事象を検討することを通して、西洋近代医療概念を相対化するために、この学問領域が登場してきた。したがって医療・医学の研究から人類学の方法論や概念を身につけて研究した人たちと、人類学の分野から医療すなわち病気・健康・保健を対象とする学問を研究する人たちの2つに大別することができた。やがて人類学研究の細分化が加速し医療人類学の専門を名乗る人たちが出てきて、専門学会や研究会を ...

                                               

日本人類学会

一般社団法人 日本人類学会 (にほんじんるいがっかい、欧文名:The Anthropological Society of Nippon、略称:ASN)は、人類学上の事項を研究し、これに関する知識の交流をはかることを目的とした、日本の単独学会である。

                                               

分子人類学

分子人類学 (ぶんしじんるいがく、molecular anthropology)とは人類学の一分野。分子生物学を人類研究に応用して、ヒト集団の遺伝的系譜やその多様性、疾患との関連性を議論する場合が多い。広義の自然人類学に含めることがあるが、形質人類学には包含されない。 対象とする遺伝子はヒトのY染色体、ミトコンドリアDNA、常染色体さらにはヒトに感染するウイルスや細菌まで多岐にわたる。ウイルス学や免疫学とかかわりが深く、日本人の起源の解明も盛んに行われている。