Back

ⓘ 数学 - 数学, 数学, 教科, 数学史, 線型代数学, 実用数学技能検定, 算数・数学教育, 数学記号の表, 応用数学, アラビア数学, 離散数学, 超数学, インドの数学, プロジェク ..




                                               

数学

数学 (すうがく、 英:Mathematics)とは、数・量・図形などに関する学問である。 数学は、一般に形式科学に分類され、自然科学とははっきり区別される。方法論の如何によらず最終的には、数学としての成果というものは自然科学のように実験や観察によるものではない。

                                               

数学 (教科)

数学 (すうがく、英: mathematics, math )は、中等教育の課程(中学校の課程、高等学校の課程、中等教育学校の課程など)における教科の一つである。 本項目では、主として現在の学校教育における数学について取り扱う。関連する理論・実践・歴史などについては「算数・数学教育」を参照。

                                               

数学史

数学史 (すうがくし、英語:history of mathematics)とは、数学の歴史のこと。第一には、数学上の発見の起源についての研究であり、副次的な興味として、過去の数学においてどのような手法が一般的であったかや、どのような記号が使われたかなども調べられている。

                                               

線型代数学

線型代数学 (せんけいだいすうがく、英: linear algebra )とは、線形空間と線形変換を中心とした理論を研究する代数学の一分野である。現代数学において基礎的な役割を果たし、幅広い分野に応用されている。また、これは特に行列・行列式・連立一次方程式に関する理論を含む。 線形 などの用字・表記の揺れについては線型性を参照。 日本の大学においては、多くの理系学部学科(特に理学部・工学部)で解析学(微分積分学)とともに初学年から履修する。高校教育においては平成27年度からの新課程では行列の分野が除外されている。

                                               

実用数学技能検定

実用数学技能検定 (じつようすうがくぎのうけんてい)は、公益財団法人日本数学検定協会が実施する数学・算数の検定であり、一般に 数学検定 または 算数検定 と呼ばれる。

                                               

算数・数学教育

算数・数学教育 (さんすう・すうがくきょういく)とは、算数および数学に関する教育活動・内容の総称である。 本項目では、主として教科「算数」「数学」に関連のある理論・実践・歴史などについて取り扱う。現在の学校教育における教科自体については「算数」「数学 教科」を参照。

                                               

数学記号の表

数学的概念を記述する記号を 数学記号 という。数学記号は、数学上に抽象された概念を簡潔に表すためにしばしば用いられる。 数学記号が示す対象やその定義は、基本的にそれを用いる人に委ねられるため、一見して同じ記号であっても内容が異なっていたり、逆に異なる記号であっても、同じ対象を示していることがある。従って本項に示す数学記号とそれに対応する数学的対象は、数多くある記号や概念のうち、特に慣用されうるものに限られる。

                                               

応用数学

応用数学 (おうようすうがく、英語:applied mathematics)とは、数学的知識を他分野に適用することを主眼とした数学の分野の総称である。 数学のさまざまな分野のどれが応用数学であるかというはっきりした合意があるわけではなく、しばしば純粋数学と対置されるものとして、大まかには他の科学や技術への応用に歴史的に密接に関連してきた分野がこう呼ばれている。

                                               

アラビア数学

アラビア数学 (アラビアすうがく、Arabic mathematics)とは、8世紀から15世紀のイスラム世界において、主にアラビア語を用いて行われた数学全般のことである。近年では イスラム数学 と称される場合もある。名称は慣例によるものであって、必ずしも明確に対象を表しておらず、アラブ地域外でも行われ、担い手にはアラブ人でない者もイスラム教徒でない者もいた。

                                               

離散数学

離散数学 (りさんすうがく、英語:discrete mathematics)とは、原則として離散的な(言い換えると連続でない、とびとびの)対象を扱う数学のことである。 有限数学 あるいは 離散数理 と呼ばれることもある。 グラフ理論、組み合わせ理論、最適化問題、計算幾何学、プログラミング、アルゴリズム論が絡む応用分野で、その領域を包括的・抽象的に表現する際に用いられることが多い。また、もちろん離散数学には整数論が含まれるが、初等整数論を超えると解析学などとも関係し(解析的整数論)、離散数学の範疇を超える。

                                               

超数学

超数学 (ちょうすうがく)あるいは メタ数学 (メタすうがく、英: metamathematics )とは、数学自体を研究対象とした数学のこと。超数学という語を初めて用いたのはヒルベルトであり、彼は数学の無矛盾性や完全性を問題とした。ゲーデルの完全性定理や不完全性定理はその例である。

                                               

インドの数学

インドの数学 (インドのすうがく、Indian mathematics)とは、紀元前1200年頃から19世紀頃までのインド亜大陸において行われた数学全般を指す。

                                               

プロジェクト: 数学

まず最初に、心に留めておくべき重要な注意事項をひとつ: 数人のウィキペディアンが数学関連の記事でどんな風にデータを整理するかについての提案をするために集まりました。これらは単なる提案であって、記事を書く際の迷いを取り除いて先に進めるようにするためのもので、これに従う義務があるというものではありません。ただ、もしも何を書いていいか、どこから手をつけていいかわからない、といった状態にいる場合には、以下のガイドラインは助けになるかも知れません。つまるところ、われわれはあなたにぜひ記事を書いていただきたいと考えています!

                                               

冪剰余記号

代数的整数論では、 n 乗剰余記号 (整数 n > 2の場合)は、(2次の場合の)ルジャンドル記号を n 乗に一般化したものである。これらの記号は、 3次、 4次、および関連するより高い次数での相互法則の文脈と証明で使用される。

                                               

相愛数

相愛数 (そうあいすう、SOAI numbers)とは、同個数の整数からなる異なる構成の二つ以上の組において、0乗数〜k乗数総和が等しくなる場合における、それらの数のことをいう。より具体的には、組を構成する数の個数をnとし、 n-n相愛数 (相愛力の強さ)とあらわされる。相愛力の強さは0乗数〜k乗数総和が等しくなる場合におけるkで示され、❤︎の個数で表記されることもある。一般に、n-n相愛数における相愛力の強さはが上限であると考えられている。 ex)4-4相愛数(❤︎❤︎❤︎) a 1 + b 1 + c 1 + d 1 = e 1 + f 1 + g 1 + h 1 {\displaystyle a^{1}+b^{1}+c^{1}+d^{1}=e^{1}+f^{1}+g^{1}+h^{1}} a 2 + b 2 + c 2 + d 2 = e 2 + f 2 + g 2 + h 2 ...

                                               

相愛数左右対称陣

相愛数左右対称陣(そうあいすうさゆうたいしょうじん、SOAI numbers symmetrical formation)とは、n-n相愛数を用いて左右対称の形式で配列された2n個の数のことである。 例10-10相愛数( ❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎ )を用いて作られた相愛数左右対称陣 1 + 4 1 + 4 1 + 4 1 + 6 1 + 9 1 + 11 1 + 11 1 + 11 1 + 14 1 = 2 1 + 2 1 + 3 1 + 7 1 + 7 1 + 8 1 + 8 1 + 12 1 + 13 1 + 13 1 {\displaystyle 1^{1}+4^{1}+4^{1}+4^{1}+6^{1}+9^{1}+11^{1}+11^{1}+11^{1}+14^{1}=2^{1}+2^{1}+3^{1}+7^{1}+7^{1}+8^{1}+8^{1}+12^{1}+13^{1}+13^{1}} 1 2 + 4 2 + 4 2 + 4 2 + 6 2 + 9 2 + 11 2 + 11 2 + 11 2 + 14 2 = 2 + 2 + 3 2 + 7 2 + 7 2 + 8 2 + 8 2 + 12 2 + ...

                                               

複偶数

複偶数 (ふくぐうすう)とは、半分にして偶数の数。4の倍数である。