Back

ⓘ 生活科学 - 生活科学, 生活環境学部, 生活科学研究科, 生活科学運営, 人間生活科学研究科, 鴻池生活科学専門学校, 人間生活学部, 京都聖母女学院短期大学, 生活, 教科, 健 ..




                                               

生活科学

生活科学 ( せいかつかがく 、sciences of living)とは、人間生活における人間と環境の相互作用について、人的・物的両面から、自然・社会・人文の諸科学を基盤として研究し、生活の向上とともに人類の福祉に貢献する実践的総合科学である。 (※この定義は日本家政学会において採択された「家政学未来構想1984」に基づく家政学に対する定義を改定したものである。)

                                               

生活環境学部

生活科学部 は、生活科学を研究、教育の専門分野とする大学の学部のひとつ。女子大学に多く設置されており、特に歴史を有する大学では、その多くが家政学部を前身としている。また大学によっては 生活環境学部 や 人間生活学部 と称している場合もある。 なお、1975年大阪市立大学で家政学部を改組し生活科学部を設置したのが最初である。当時の同学部における学科編成は、食物学科、被服学科、住居学科、児童学科、社会福祉学科の5学科であった。 食品・栄養や被服・服飾といった従来の家政学部の教育・研究に加え、環境や保育・児童教育、人間関係や現代文化等、時代のニーズに応じた教育を行う大学が増えている。

                                               

生活科学研究科

生活科学研究科 (せいかつかがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Human Life Science )は、日本の大学院研究科のうち、生活科学(食物学・栄養学や住居学(住環境学)などの従来の家政学系統を中心と据えていることが多く見受けられる。)に関する高度な教育・研究を行う機構(研究大学院)の1つである。具体的な研究分野については生活科学部も参照。人間生活科学研究科、人間科学研究科などと言った名称の研究科とも研究分野は重なることが多い。

                                               

生活科学運営

株式会社生活科学運営 (せいかつかがくうんえい、英文社名: Seikatsu Kagaku Un-Ei Co.,Ltd. )は長谷工コーポレーションのグループ企業。関東・中部・関西を中心に有料老人ホーム、シニア向け共同住宅、グループホームなどを運営する。

                                               

人間生活科学研究科

人間生活科学研究科 (にんげんせいかつかがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Human Life Science )は、日本の大学院研究科のうち、人間科学(心理学、人類学、社会学、教育学、生活科学など)に関する高度な教育・研究を行う機構(研究大学院)の1つである。具体的な研究分野については人間生活科学部も参照。また、人間科学研究科、生活科学研究科などと言った名称の研究科とも研究分野は重なることが多い。

                                               

鴻池生活科学専門学校

鴻池生活科学専門学校 (こうのいけせいかつかがくせんもんがっこう)は、大阪府東大阪市西鴻池町一丁目にある私立専修学校。設置者は学校法人鴻池学院。

                                               

人間生活学部

人間生活学部 (にんげんせいかつがくぶ)は大学の学部のひとつ。

                                               

京都聖母女学院短期大学

京都聖母女学院短期大学 (きょうとせいぼじょがくいんたんきだいがく、英語: Kyoto Seibo College )は、京都府京都市伏見区深草田谷町1に本部を置いていた日本の私立大学である。1962年に設置され、2018年に廃止された。大学の略称は聖母短大、聖短。 2017年度以降は学生募集を行わず、2018年3月に閉校。

                                               

生活 (教科)

生活 (せいかつ、英: Life Environment Studies )とは、1989年(平成元年)に改訂、1992年度(平成4年度)から施行された学習指導要領より小学校第1学年および第2学年に設置された教科である。

                                               

健康科学研究科

健康科学研究科 (けんこうかがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Health Sciences )は、日本の大学院研究科のうち、健康科学に関する高度な教育・研究を行う機構の1つである。 公立大学では、2003年に青森県立保健大学が、私立大学では、1999年に東海大学に設立されたのが最初である。

                                               

美作大学

美作大学 (みまさかだいがく、英語: Mimasaka University )は、岡山県津山市北園町50に本部を置く日本の私立大学である。1967年に設置された。大学の略称は美大(みまだい)、美作(みまさか)。

                                               

食品科学科

食品科学科 (しょくひんかがくか、英称: Department of Food Science / Division of Food Science )は、農業 分野の高等教育機関や水産大学校などで教育研究を行っている分野の大学学科のひとつ。日本の学校等の他、韓国や台湾の学校にも設置されている。 水産大学校他、これら食品科学科を卒業すると、食品衛生監視員の任用資格と食品衛生管理者の資格が得られる。

                                               

家庭 (教科)

家庭 (かてい)は、家庭生活に必要な見解・知識・技能を習得することを目的とする科目・教科である。

                                               

椅子学

椅子学 (いすがく)とは椅子に関する研究を行う学問である。 芸術品としての美術研究と建築学的、人間工学的な実用品としての両面から研究が行われている。椅子のデザイン史観、潮流などの歴史研究も行われている。 椅子学の研究を行う人は大きく分けて二種類いる、家具デザイナーや家具職人などの家具にかかわる系統と建物などを扱う建築家である。椅子学は成立するが家具学は成立しないと主張する研究者が居るほどであり、椅子学は椅子だけで独特の研究体系を持っている。 日本では武蔵野美術大学などで研究が行われており、武蔵野美術大学近代椅子コレクションが特に有名である。

                                               

家族社会学

家族社会学 (かぞくしゃかいがく、英語:family sociology)は、集団としての家族とその形態や機能、そこにおけるさまざまな病理などを研究テーマとする学問。社会学の一分野。 特に著しい20世紀の近代家族の変化をとりあげることも多い。現代までの家族の変容や、結婚、夫婦の役割分担についての意識の変化や、高齢化に伴う介護問題、家族に対する社会的制度についてなどを取り上げている。

                                               

家族心理学

家族心理学 ( かぞくしんりがく )とは、家族関係を研究対象とする心理学である。三世代・四世代同居の拡大家族から夫婦と子の核家族への変化に伴う、現代家族の直面する問題に焦点を合わせる。例えば、子供の養育と巣立ちの問題、不登校、少年非行と思春期の子供の家庭内暴力、中年夫婦の心理的な家庭内離婚、離婚と子の監護などの問題が挙げられる。地縁や社縁などによる援助システムの減退から、家族の孤立化が進んでいる。 非行少年や不登校の児童・生徒あるいは神経症青年への援助に、本人への心理療法より、家族への治療的介入が効果的であるとの見地から、1980年代に発展した心理学の中でも比較的新しい分野である。 現代家族が直面 ...

                                               

家庭経済学

家庭経済学 (かていけいざいがく)とは、家庭がおもに貨幣を通じて社会と結びつきながら生活の内容を調整していく側面を問題と捉え、日本においては家政学の一分野として研究され発展してきた学問である。また同時に、経済学からのアプローチでは、家庭という範囲に着目したミクロ経済学と捉え、アプローチの多様化から学際分野化した。 家政経済学 (かせいけいざいがく)、 生活経済学 (せいかつけいざいがく)ともいう。

                                               

くらしの生物学科

                                               

Co-sleeping

コ・スリーピング (co-sleeping)は、1部屋に1人で寝る独り寝に対して、複数の家族成員が1部屋に寝ることを指している。即ち夫婦、親子、きょうだい、祖父母や親族などが同室に寝る場合である。コスリーピングの語は米国の人類学者らが日本で行った家族の就寝形態調査のなかで特に親子同室寝の型として使用される。日本の研究者によって 合寝 、 混寝 、 共寝 、 添い寝 などと様々に訳された。 コ・スリーピングの用語法には、三通りある。 第1は、比較文化的な文脈で使われる場合で、「就寝形態」と同義に使われて、就寝形態研究をコ・スリーピング研究と称する場合である。この場合は独り寝も含まれる。 第2は、夫婦、親子、きょうだいあ ...

                                               

児童心理学

児童心理学 (じどうしんりがく)とは、子供の心理的発達を扱う発達心理学の一部門。

                                               

就寝形態

就寝形態 (しゅうしんけいたい:英 sleeping arrangements)は、家族社会学において家族が就寝する際の形態を表す。 就寝時の家族成員の空間的位置関係に着目して表示するものであり、複数の家族成員が単数または複数の部屋に寝ている位置関係のことで、家族の寝方を研究する際に用いる。

                                               

酢 (す、 醋 とも 酸 とも書く、英: vinegar)は、酢酸を3 - 5%程度含み酸味のある調味料。

                                               

生活環境学部

                                               

ヒーブ

ヒーブ (HEIB、Home economists in businessの略)は大学で家政学(生活科学)を修めて、企業の中で生活者としての女性の視点を尊重しつつ、家政学の専門知識を生かして、商品開発や消費者サービス、あるいは販売の現場で専門知識の提供をしながら、購入のアドヴァイスをする女性たちのことをいう。「企業内家政学士」と訳す場合もある。 大手のメーカーの中には商品開発の部門の中に「ヒーブ室」、もしくはそれに類した名所のセクションを設置しているところもある。たとえば、ハウス食品など。

                                               

被服学

被服学 (ひふくがく)は、被服を中心にあつかう一学問分野であり、家政学あるいは生活科学の一領域である。

                                               

追沼龍三

追沼龍三 (おいぬまりゅうぞう、1940年4月30日 - 2019年7月9日)は、宮城教育大学名誉教授。学位は博士(工学)。専門は生活科学、高分子化学。日本政府より2019年7月9日瑞宝小綬章、従四位に追叙された。血液型B型。

                                               

おばけの学校たんけんだん

『 おばけの学校たんけんだん 』(おばけのがっこうたんけんだん)は、NHK Eテレが2019年4月9日から2019年12月11日まで放送された小学校1 ・2年生向けの生活科番組である。 本項目では、2018年6月13日に放送されたパイロット版についても合わせて触れる。