Back

ⓘ 自然 - 自然, 自然法論, 自然哲学, 都道府県立自然公園, 自然崇拝, 自然地理学, 自然法, 自然数, 自然選択説, 自然主義, 自然破壊, 自然遺産, 世界遺産, NA空間, 小笠原諸 ..




                                               

自然

自然 (しぜん、希: φύσις 羅: natura 英: nature )について解説する。

                                               

自然法論

自然法論 (しぜんほうろん、英: natural law theory 、独: Naturrechtslehre )は、広義においては、自然法に関する法学、政治学ないし倫理学上の諸学説の総称である。最広義においては、ギリシャ神話以来の、自然から何らかの規範を導き出そうとする考え方全般を意味するが、狭義においては、近世自然法論から法実証主義の台頭までの期間で論じられることが多い。

                                               

自然哲学

自然哲学 (しぜんてつがく、羅: philosophia naturalis )とは、自然の事象や生起についての体系的理解および理論的考察の総称であり、自然を総合的・統一的に解釈し説明しようとする形而上学である。 自然学 (羅: physica )と呼ばれた。自然、すなわちありとあらゆるものごとのnature(本性、自然 英・仏: nature 、独: Natur )に関する哲学である。しかし同時に人間の本性の分析を含むこともあり、神学、形而上学、心理学、道徳哲学をも含む。自然哲学の一面として、自然魔術(羅: magia naturalis )がある。自然哲学は、学問の各分野の間においても宇宙の様々な局面の間でも、事物が相互に結ばれているという感覚を特徴とする。 ...

                                               

都道府県立自然公園

都道府県立自然公園 (とどうふけんりつしぜんこうえん)とは、自然公園法およびそれに基づく都道府県の条例の規定に基づき、その都道府県を代表する優れた風景地について知事が指定する自然公園の一種である。環境大臣が指定する国立公園・国定公園とともに、自然環境の保護と快適で適正な利用を目的として設定されている。2012年(平成24年)6月1日現在、全国で315箇所、1.977.528haの都道府県立自然公園が指定されている。

                                               

自然崇拝

自然崇拝 (しぜんすうはい、英: nature worship 、 physiolatry )とは、自然物・自然現象を対象とする崇拝、もしくはそれらを神格化する信仰の総称。 「自然への崇拝」ではなく、「自然」という概念ができる以前の崇拝形態である。自然崇拝は世界各地に見られ、また各地の神話にも自然物・現象を神格化した神が登場することから、古くは普遍的であったと思われる。万物に宿る精霊を崇拝対象とするアニミズムとも関係が深く、その原初的な形とも捉えられる。しかし自然崇拝では精霊でなく自然物・現象そのものを崇拝対象とする(自然と超自然的存在を区別しない)場合も多く、またしばしば特定の自然物・現象だけを尊重する点で区別される。

                                               

自然地理学

自然地理学 (しぜんちりがく、英語: physical geography )は、自然現象を取り扱う地理学の一部門であり、系統地理学の一部門として位置づけられる。地形、気候などの地球環境における自然現象を対象とする。

                                               

自然法

自然法 (しぜんほう、英: natural law 、独: Naturrecht 、羅: lex naturae 、 lex naturalis )とは、事物の自然本性(英: nature 、独: Natur 、羅: natura )から導き出される法の総称である。

                                               

自然数

自然数 (しぜんすう、英: natural number )とは、個数、もしくは順番を表す一群の数のことである。集合論においては、自然数は物の個数を数える基数のうちで有限のものであると考えることもできるし、物の並べ方を示す順序数のうちで有限のものであると考えることもできる。 自然数を 1, 2, 3, … とする流儀と、0, 1, 2, 3, … とする流儀があり、前者は数論などでよく使われ、後者は集合論、論理学などでよく使われる(詳しくは自然数の歴史と零の地位の節を参照)。日本では高校教育課程においては0を入れないが、大学以降では0を含めることが多い。いずれにしても、0 を自然数に含めるかどうかが問題になるときは、その旨を明記する必要 ...

                                               

自然選択説

自然選択説 (しぜんせんたくせつ、英: natural selection )は、進化を説明するうえでの根幹をなす理論。厳しい自然環境が、生物に無目的に起きる変異(突然変異)を選別し、進化に方向性を与えるという説。1859年にチャールズ・ダーウィンとアルフレッド・ウォレスによってはじめて体系化された。 自然淘汰説 (しぜんとうたせつ)ともいう。日本では時間の流れで自然と淘汰されていくという意味の「自然淘汰」が一般的であるが、本項では原語に従って「自然選択」で統一する。

                                               

自然主義

自然主義 (しぜんしゅぎ)とは 文学において 自然主義文学 哲学と科学において 自然主義 哲学 - 超自然的なもの(超越者など)に訴えず、自然的なもの(物質・感覚・衝動・生命など)を基盤にした世界の捉え方。 方法論的自然主義 -世界の探求に神のような超自然的、オカルト的要因を用いないこと。科学的方法の一部。 自然主義的二元論 倫理的自然主義 または道徳自然主義 - 自然主義的誤謬も参考 自然科学 および 自然史、唯物論、物理主義、科学的懐疑主義も参考 環境教育 環境保護運動において 保全生態学 自然主義(芸術) - 自然をあるがまま描くこと。類義語:写実主義 芸術において

                                               

自然破壊

自然破壊 (しぜんはかい)とは、人間によって手を加えられる事がない、あるがままの状態のもの(すなわち自然)に、人間の手を加えて破壊することをいう。人間が直接的に手を加えて破壊すること(森林破壊など)もあれば、人間の活動によって間接的に影響を受けて破壊に至る(大気汚染、気候変動など)こともある。 「あるがままの自然」に人間の手を介入させること自体が「あるがままの自然」ではないとみなし、人間の手を加えてしまうことそのものを指すこともあれば、「人間が手を加えた自然」さえも利用できない状態にまで破壊されてしまう場合もあるが、いずれにしても人間の都合によって自然が変えられてしまうことには変わりはない。 ...

                                               

自然遺産 (世界遺産)

ユネスコが登録する世界遺産は、その特質に応じて「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」に分類されている。この項目では、そのうち「 自然遺産 」について扱う。

                                               

NA空間

NA空間 とは、Natural Artificial Space (自然的人工空間)のこと。略語でNAS、NA空間、NA施設とも呼ばれる

                                               

小笠原諸島の自然

小笠原諸島の自然 (おがさわらしょとうのしぜん)では、東京都小笠原村に属する小笠原諸島の自然の特徴について説明する。小笠原諸島を構成する島々はこれまで一度も大陸や大きな島と陸続きになったことがない海洋島で、亜熱帯の気候の中で独自の生態系が育まれてきた。現在、小笠原諸島内の多くの地域は小笠原国立公園に指定され、またこれまで人間から受けた影響が極めて少ないため、原生の自然が保たれている南硫黄島に関しては南硫黄島原生自然環境保全地域に指定されている。その独自の生態系が高く評価された結果、小笠原諸島は2011年に世界遺産の自然遺産に登録された。日本政府が作成した「世界遺産一覧表記載推薦書 小笠原諸島」に ...

                                               

花鳥諷詠

花鳥諷詠 (かちょうふうえい)は、高浜虚子の俳句理論を代表する根本理念である。 「花鳥諷詠」は高浜虚子の造語で、1928年に提唱された (1928年4月21日の「大阪毎日新聞」の講演会)。 「花鳥」は季題の花鳥風月のこと。「諷詠」は調子を整えて詠う意味であるが、挨拶をこれに含めるとする考えもある。 花鳥風月といえば、通常は自然諷詠の意味になるが、虚子によれば「春夏秋冬四時の移り変りに依って起る自然界の現象、並にそれに伴ふ人事界の現象を諷詠するの謂(いい)であります」(『虚子句集』)と人事も含めている。この「花鳥諷詠」は「ホトトギス」(俳誌)の理念であるが、それまで主張していた「客観写生」との関係は必ずしも ...

                                               

グレーディング (曖昧さ回避)

グレーディング は、 登山ルートについての難易度ランク付け 造成#グレーディング - 造成手法 カラーグレーディング グレーディング - ドイツ連邦共和国バイエルン州ミッテルフランケンのロート郡に属す郡所属市

                                               

自然詠

自然詠 (しぜんえい)は、短歌用語である(俳句についても用いられる)。

                                               

自然観

自然観 (しぜんかん)とは、価値判断の根底にある自然への価値観のこと。文化の差によって大きな違いがあると考えられる。

                                               

自然景観

自然景観 (しぜんけいかん)とは、構成要素の多くが山や川、森林、植物群落などといった自然物からなる地域や場所の景観。山岳景観、河川景観、森林景観、島嶼景観などがあり、これらの景観の総称。

                                               

自然史学

                                               

自然史博物館

自然史博物館 (しぜんしはくぶつかん、英:Museum of Natural History, Natural History Museum)は、自然史(博物学)に関する博物館 アメリカ自然史博物館 - ニューヨーク州ニューヨーク市にある自然史博物館。 フィールド自然史博物館 - イリノイ州シカゴ市にある自然史博物館。 国立自然史博物館 アメリカ - ワシントンD.C.にあるスミソニアン博物館群の一つである自然史博物館。 アメリカ合衆国 ライマン博物館 - ハワイ州ハワイ島ヒロにある自然史博物館。 イギリス ロンドン自然史博物館 - ロンドンのサウス・ケンジントンにある元大英博物館分館の自然史博物館。 ウィーン自然史博物館 - ウィーンにある自然史博物館。 オーストリア ...

                                               

自然写真

自然写真 (しぜんしゃしん)とは、自然を撮影した写真のこと。 ネイチャーフォト とも呼ばれる。 自然の風景を撮影した風景写真、山岳写真、野生の動植物等の生物(すなわち、人間やペットは通常除かれる)を対象とした写真、水中写真等を含む。 日本自然科学写真協会会長の海野和男は自然写真をこう定義している。「自然写真は自然を切り取る写真である。その自然は裏庭の自然である場合もあるし、近くの山や野原から熱帯や極北の自然もまた撮影対象になる」。その対象は広範であり、『自然写真の平成30年とフォトグラファー』では野鳥・哺乳類・両生類・爬虫類・昆虫・海洋生物・淡水生物・風景・山岳・気象・オーロラ・天体・植物・菌類 ...

                                               

自然体験活動

自然体験活動 (しぜんたいけんかつどう)とは、自然の中で自然を利用して行う各種活動であり、具体的にはキャンプ、ハイキング、スキー、カヌーといった野外活動、動植物や星の観察といった自然・環境学習活動、自然物を使った工作や自然の中での音楽会といった文化・芸術活動、一次産業体験(農作業体験・漁業体験等)などを含んだ総合的な活動である。 環境教育、野外教育は,自然体験活動を取り扱う教育領域であると位置付けることもできる。 文部科学省は、2008年に小学校長期自然体験活動支援プロジェクトを立ち上げ、2012年までに国内全ての小学校で5年生の児童に対して、7日間の自然体験活動を行う方針が示されている。

                                               

自然の生存権

自然の生存権 (しぜんのせいぞんけん)とは、動物や植物、生態系、地形などの人間以外の自然にも生存の権利があり、人間はそれを守る義務があるという考え方。環境問題を考える上では、環境倫理学の3つの基本主張の1つに位置づけられる。人間における生存権に近いが、その遵守は人間に比べて厳格ではない。 生物や生態系に土地や景観などを加え、自然保護に関する問題を解決する手段として特化したものを自然の権利と呼ぶ。また、生物に関して種差別の撤廃といった非常に強い権利主張を行うのが動物の権利の考え方である。ここでは、これらとは異なる、一般的に受け入れられた「自然の有する権利」について述べる。 自然と人間の関係を規定 ...

                                               

自然の聖地

自然の聖地 (しぜんのせいち)とは、人間が自然の中に神秘的な 場所の精神 を感じて宗教的聖地とする自然崇拝の場(文化的空間)を指す。 ユネスコ自然遺産の諮問機関である国際自然保護連合(IUCN)が提唱したもので、単なる自然保護に留まらず精神文化の保全も図ることで人間性や尊厳を守り、 社会的環境 ・社会的結束を維持し、協調社会と持続可能性を追求するもので、自然の権利も呼び掛ける。その展開には2007年に承認された先住民族の権利に関する国際連合宣言が重要な役割を果たしている。 世界遺産では自然と人間の共生が見られる文化的景観として捉えられる事例が多い。

                                               

自然法則

自然法則 (しぜんほうそく、law of nature)とは、自然の事象の間になりたっている、反復可能で一般的な関係のこと。 自然律 とも言う。 法則と言ってもいくつか分類があるが、自然法則というのは、規範法則ではないもののほうであり、人間の道徳的なlaw(法規)ではないほうの法則である。自然法則は因果関係を基礎に置いて考えられている。 川崎謙によると、東洋の歴史で自然に数理的法則を見出す考え方が生まれず、それに対して西洋の歴史においてガリレオらによって自然の中に意図的に数理的法則(自然法則)を見出そうとする近代科学が生まれることになったのは、東洋と西洋では自然観が全く異なっていたこと、別の言い方をすると「nat ...

                                               

自然利用

自然利用 (しぜんりよう)は、土地と共に使われることが多く、土地の自然利用とは、山や林、森のままで開発されていない状態、あるいは田畑として利用されている状態のことを言う。

                                               

新・世界七不思議 自然版

新・世界七不思議 自然版 (しん・せかいななふしぎ しぜんばん、英:New7Wonders of Nature)は、新世界七不思議財団(New7Wonders Foundation)が主宰し、全世界からの投票により選んだ7つの自然景観である。新・世界七不思議 自然部門、世界7大自然景観、世界7大自然奇観、世界7大奇観等とも呼ばれる。 ネットでの投票は1度きりだが、 有料 の電話投票や、 有料 の文書投票だと1人で何回でも投票できるシステムになっており、公平性もなく、国際的な詐欺ではないかとも疑われている。

                                               

月への階段

月への階段 (英: Staircase to the Moon )は、様々な条件が重なり見る事が出来る自然現象。オーストラリア北西部のブルームでよく確認される。日本でも千葉県銚子市犬吠埼の君ヶ浜しおさい公園で見ることができる。

                                               

母なる自然

母なる自然 (ははなるしぜん)とは、自然の擬人化であり、自然が生命を生み、育むことを母の形で具現化したものである。 母なる大地 (ははなるだいち)、 母なる地球 (ははなるちきゅう)ともいう。

                                               

不自然

不自然 (ふしぜん)とは、自然に反した状態、あるいは自然に反した行動であるため、好ましく思えないものを指す。

                                               

身近な自然

身近な自然 (みぢかなしぜん)(英語:familiar nature)は、自然遺産(ユネスコ世界遺産)の諮問機関である国際自然保護連合(IUCN)が、森林情報学(森林科学)や環境学における 自然に近い森林 と、生活文化における里山のような入会地(コモンズ)の意義に鑑み、持続可能な開発に則した森林資源の活用と自然保護の両立、人間の精神衛生に必要なものとして今後保護の対象とすべき場所としている。