Back

ⓘ 地球科学 - 地球化学, 生命地球科学研究群, 現世, 地球科学, 地球物理学, 惑星科学, 日本地球惑星科学連合, 地球科学に関する記事の一覧, プロジェクト: 地球科学, Encyclo ..




                                               

地球化学

地球化学 (ちきゅうかがく、geochemistry)とは、地球や地球の構成物質について化学的な手段を用いて研究する分野のことであり、自然界における元素や同位体の分布や挙動を把握することを目的とする。 地球化学が発展したのは20世紀であり、ヴィクトール・モーリッツ・ゴルトシュミットは、地球での元素の分布や挙動のメカニズムを研究し、成果を『 Geochemische Verteilungsgesetze der Elemente 』にまとめている。ゴルトシュミットは地球化学の父と呼ばれている。 地球化学は当初は固体地球科学と化学の学際分野として発展し、マントル物質、マグマ、岩石などを扱っていたが、21世紀では地球環境問題と関連し、水圏、大気圏、生物圏も研 ...

                                               

生命地球科学研究群

生命地球科学研究群 (せいめいちきゅうかがくけんきゅうぐん)は、国立大学法人筑波大学大学院理工情報生命学術院の3研究群の内の一つ。旧来の生命環境科学研究科を改組再編して発足。

                                               

現世 (地球科学)

地質学を始めとする地球科学における 現世 (げんせ)とは、「現在の、世 」を意味する呼称であり、地質時代のうちの新生代第四紀 完新世 を指す表現である。 「完新世」という地質時代区分も「現在」を基準としている主観的なものであるが、「今この時が属している地質時代」といういっそう主観的なニュアンスを表そうとする場合に、「現世」という語が用いられる。 用例を挙げるならば次のとおり。 ヒト亜科の生存期間は、約700万年前もしくは約600万年前(新生代新第三紀中新世末期) - 現世 (第四紀完新世)。 項目「イヌ」や「ワニ」、「鳥類」の右上段にあるテンプレートを参照。

                                               

地球物理学

地球物理学 (ちきゅうぶつりがく、英語: geophysics )は、地球を物理的な手法を用いて研究する学問分野。20世紀後半に大きく発展した。

                                               

惑星科学

惑星科学 (わくせいかがく、planetary science)は、惑星について研究する学問である。地球科学と天文学をつなぐ学問であるといえるが、天文学が中学校・高等学校においては地学分野に、大学では物理学の一分野として位置づけられているのに対し、惑星科学は中学・高校・大学のいずれでも地学=地球科学の一分野とされている。それは惑星科学が地球科学の他惑星への応用という一面を持っているからである。 なお、惑星科学のうち特に物理学的手法を用いるものを惑星物理学と呼ぶ。

                                               

日本地球惑星科学連合

日本地球惑星科学連合 (にほんちきゅうわくせいかがくれんごう、英語: Japan Geoscience Union 、略称: JpGU )とは、日本国内に所在する地球科学及び惑星科学領域の学術関連団体が組織する学術団体の連合組織のこと。 事務局は、東京都文京区弥生に所在し、各加盟団体の委員によって組織される。

                                               

地球科学に関する記事の一覧

地球科学に関する記事の一覧 (ちきゅうかがくにかんするきじのいちらん)。 以下の項目は、地質学・鉱物学の諸分野(岩石学・古生物学など)、地球物理学の諸分野(地震学・気象学・測地学など)、地理学の自然地理的分野(自然地理学、地域地理学など)、海洋学、惑星科学を含む。

                                               

プロジェクト: 地球科学

まず最初に、心に留めておくべき重要な注意事項をひとつ: 数人のウィキペディアンが 地球科学 関連の記事でどのようにデータを整理するかについての提案をすべく集まりました。これらは単なる提案であり、記事を執筆する際に迷わず作業を進めるよう手助けするためのものです。これらの提案に従う義務があるなどと感じたりするべきではありません。けれども、何を書いていいか、どこから手をつけていいかわからない、といった状態の人には、以下のガイドラインは助けになるかも知れません。つまるところ、われわれはあなたに記事を書いて欲しいのです!

                                               

Encyclopedia of Earth

Encyclopedia of Earth (インサイクロピーディア・オブ・アース、 EoE )は、地球と自然環境、そしてそれらと人間社会との関わりをテーマとする、無料で利用可能な信頼性の高いオンライン百科事典。環境問題やエネルギー問題などと関連した内容の記事が多い。記事は研究者や教師やその他承認を受けたエキスパートらによって執筆され、査読を受けた上でオンラインで公開されている。文章は平易な英語で書かれており、専門用語の使用を極力減らすことで、研究者や教育者のみではなく学生や広く一般の人々の間でも役に立つ百科事典になることを目指している。 EoE は Earth Portal(「デジタル・ユニバース」プロジェクトの一部)の一部で、ニ ...

                                               

遠洋性堆積物

遠洋性堆積物 (えんようせいたいせきぶつ、英語: pelagic sediment )は、陸から遠く離れた海洋底に堆積した、プランクトンの遺骸に由来する堆積物のことである。

                                               

花粉学

花粉学 (かふんがく、Palynology)は、名の通り花粉を研究する学問である。その中身は多岐にわたり、植物学・農学・医学・地質学・考古学等の、あらゆる分野において、現生や化石の花粉についての研究テーマが多数存在する。 花粉学は、現生植物の花粉の形とその生物学的特性を研究する基本的な「現生花粉学」と、花粉 ・胞子化石を研究対象とする「古花粉学」に大別される。しかし、それ以外にも様々で多彩な分野に別れる。

                                               

国際地学オリンピック

国際地学オリンピック (こくさいちがくオリンピック、英: I nternational E arth S cience O lympiad 、 IESO )は、毎年行われる高校生を主な対象とした地学の問題を解く能力を競う国際大会である。、地学分野に秀でた生徒の発掘と地学学習の促進、ならびに地学および地学教育における国際交流・協力の促進を主な目的とし、成績優秀者には、金メダル(参加者の約10%)、銀メダル(同20%)、銅メダル(同30%)が与えられる。主催は開催国の組織委員会。

                                               

国際地球観測年

国際地球観測年 (こくさいちきゅうかんそくねん、英語: International Geophysical Year 、略称: IGY )は、1957年7月1日から1958年12月31日まで続いた、国際科学研究プロジェクトの名称。国際年の第一号として数えられる。当初は太陽の磁気が地球に与える影響を研究するために設定された。 かつての1882年から1883年の第1回国際極年と、1932年から1933年の第2回国際極年にひき続くものである。 なお、 International Geophysical Year は直訳すると「国際地球物理年」または「国際地球物理学年」となるが、日本学術会議IGY特別委員会は「国際地球観測年」を日本での正式名称として採用した。これは、IGY特別委員会の長谷川万吉委員長と永 ...

                                               

国際地質科学連合

国際地質科学連合 (こくさいちしつかがかくれんごう、英語:International Union of Geological Sciences、略称: IUGS )は、地質学の分野における国際協力を目的として設立された非政府科学機関(非政府組織)である。

                                               

国際標準模式層断面及び地点

国際標準模式層断面及び地点 (こくさいひょうじゅんもしきそうだんめんおよびちてん、英: Global Boundary Stratotype Section and Point, GSSP )とは、各地質時代を区切る境界を示すものとして、国際的同意の下に定められた層序断面及び境界の位置のことである。 国際境界模式層断面とポイント (こくさいきょうかいもしきそうだんめんとポイント)ともいう。 GSSPは、国際地質科学連合 International Union of Geological Sciences, IUGS の下部組織である 国際層序委員会 International Commission on Stratigraphy, ICS の決定及び勧告に基づいたIUGSの批准によって定められる。そのほとんどは、化石記録に基づく古生物学的変化つまり ...

                                               

国際惑星地球年

国際惑星地球年 (こくさいわくせいちきゅうねん、英語: International Year of Planet Earth, 2008 、 IYPE )は、主に2008年に行われた国際年の一つである。 2008年を中心とし、2007年から2009年まで各種事業が行われた:68 。

                                               

ジオコスモス

ジオコスモス (希 geocosmos ; 英: geocosm )は、「地下世界」や「大地の世界」、あるいは「地球世界」と訳される地球を中心とした領域を指す。

                                               

水象

水象 (すいしょう)とは、気象又は地震に密接に関連する陸水及び海洋の諸現象をいう。

                                               

雪氷圏

雪氷圏 (せっぴょうけん、ギリシア語で「寒冷」、「凍結」、「氷」を意味する κρύος ( kryos )と「球」を意味する σφαῖρα ( sphaira )から英語の cryosphere ができた)は、海氷、湖氷、河川氷、積雪、氷河、氷冠、氷床、そして凍土を含めた、水が固体になっている地球表面の部分のことをいう。したがって、水圏と内容が幅広く重複する。雪氷圏は、地球表面のエネルギーや水分の流動、雲、降水、水文学、大気循環、大洋循環への影響を通じて生じる重要なつながりとフィードバックをもった地球の気候システムになくてはならない部分である。こうしたフィードバックの過程を通して、雪氷圏は地球の気候やそれに応じた気候モデルにおいて重 ...

                                               

大気散逸

大気散逸 とは、惑星の大気が宇宙空間へと失われることである。大気散逸を引き起こすメカニズムには様々なものがあり、熱的散逸 、非熱的散逸 、衝突による剥ぎ取り に大別される。それぞれの散逸過程の相対的な重要性は、惑星の脱出速度、大気組成、恒星からの距離に依存する。散逸は、分子の運動エネルギーが重力エネルギーを上回った際に発生する。言い換えれば、分子がその惑星の脱出速度よりも速く運動する場合に散逸することができるということである。太陽系外惑星における大気散逸率を分類することは、その惑星で大気が持続できるかどうか、ひいてはその惑星の居住可能性や生命の存在可能性を決定するために必要である。

                                               

地域多様性

地域多様性 (ちいきたようせい、英語: Regional diversity )は、地域の多様性を示す概念。

                                               

地殻変動

地殻変動 (ちかくへんどう、diastrophism)とは、地殻に応力が加わることで、長期間にわたり地殻の位置が年間数mmから数cm程度移動する現象である。地殻を構成するプレート運動や断層運動と密接に関係している。地殻変動と地殻変動の結果として引き起こされる地震や火山活動など地殻内で起こるすべての現象を 地殻活動 と呼ぶ。 陸上では水準測量、三角測量、GPS、水管傾斜計、石英管伸縮計によって長期間にわたり観測されている。近年では音波を用いて海底でも観測が始まっている。地殻変動観測は地震の研究・予知やプレート運動の研究などに生かされている。

                                               

地象

地象 (ちしょう)とは、地震及び火山現象並びに気象に密接に関連する地面及び地中の諸現象をいう。

                                               

テクトニクス

テクトニクス (英語: tectonics )とは、地質学において、地球や地球以外の惑星の主に岩石圏の動きのことである。元々は俗ラテン語の tectonics(建築物の意)に由来する。 テクトニクスは造山運動や安定陸塊等の地形の形成、火山帯における地震等に関連している。また、テクトニクスを理解する上では地形学の侵食を理解しておくことも重要であり、これは鉱床学での石油や金属の鉱石の位置を特定するのに用いられる。その他にも、月に関する天文学的な知識が要される。 昨今のテクトニクスにおける現象をネオテクトニクスとして区別する考え方もある。これは構造地質学と領域が重なる部分もあるが、主に扱う現象の大きさによって区別される ...

                                               

内作用

内作用 (ないさよう、英語: endogenic process )とは、地球内部のエネルギーによって引き起こされる地形の形成作用で、火山活動や地殻変動がその例に挙げられる。

                                               

内部波

内部波 (ないぶは、英語: internal wave )とは、液状媒質の表面ではなく、その内部で振動が発生する重力波である。

                                               

軟泥

軟泥 (英: ooze )とは、海洋底の堆積物(遠洋性堆積物)で、微小なプランクトンの遺骸が30%以上含まれる、柔らかく泥状で細粒なもののことである。軟泥を構成する成分によって 石灰質軟泥 と 珪質軟泥 の2つに分けられる。

                                               

不均質構造

不均質構造 (ふきんしつこうぞう)とは、地球内部の物性定数が、空間的に均質ではない状態(構造)をいう。例えば、組成の違いや空隙の分布状態、流体の含有などによって、物性定数が変化する。応力場も不均一になり、特定の場所に応力集中が生じる可能性がある。なお、物質科学的分析とは、物質の組成、構成鉱物種、同位体比等を、組成分析や同位体分析などの科学的な手法に基づいて明らかにする分析(調査)のことをいう。

                                               

プラネタリー・バウンダリー

プラネタリー・バウンダリー は、人類の活動がある閾値または転換点を通過してしまった後には取り返しがつかない「不可逆的かつ急激な環境変化」の危険性があるものを定義する地球システムにおけるフレームワークの中心的概念である。「地球の限界」、あるいは「惑星限界」とも呼ばれる。 ストックホルム・レジリエンス・センターのヨハン・ロックストロームとオーストラリア国立大学のウィルステファンが主導する地球システムと環境科学者のグループは、持続可能な開発のための前提条件として、あらゆるレベルでの政府や、国際機関、市民社会、科学界および民間部門を含む国際社会のための「人類のために安全動作領域」を定義するように設計 ...

                                               

プルームテクトニクス

プルームテクトニクス は、1990年代以降の地球物理学の新しい学説。マントル内の大規模な対流運動を プルーム と呼び、この変動をプルームテクトニクスと命名された。 プレートテクトニクス理論が地球の表面に存在するプレート(厚さ約100km)の変動(テクトニクス)を扱うのに対し、この説では深さ2.900kmに達するマントル全体の動きを検討する。日本の深尾良夫(元東京大学地震研究所)や丸山茂徳(東京工業大学地球生命研究所)が提唱している。

                                               

プレートテクトニクス

プレートテクトニクス (英: plate tectonics )は、 プレート理論 ともいい、1960年代後半以降に発展した地球科学の学説。地球の表面が、右図に示したような何枚かの固い岩盤(「プレート」と呼ぶ)で構成されており、このプレートが互いに動くことで大陸移動などが引き起こされると説明される。従来の大陸移動説・マントル対流説・海洋底拡大説など基礎として、「プレート」という概念を用いることでさらに体系化した理論で、地球科学において一大転換をもたらした。

                                               

ポートランド島

ポートランド島 (ポートランドとう 英語: Isle of Portland )は、イギリス南部の陸繋島である。 ドーセット州ウェイマスの南方約6キロメートルのイギリス海峡上に位置し、幅200メートル弱の陸繋砂州でグレートブリテン島とつながっている。 全島がジュラ紀の石灰岩から成り、採掘して ポートランド石 の名称で建築用材として供給される。セント・ポール大聖堂の石材は当地から提供された。代表的なセメントであるポルトランドセメントは、仕上がりがポートランド石に似ていることからその名がつけられた。 2001年、「ドーセットと東デヴォンの海岸」として、ユネスコ世界遺産に登録された。 かつてはイギリス海軍の基地があった。第一次世 ...

                                               

マグマオーシャン

マグマオーシャン (英語: Magma ocean )とは、惑星表層の珪酸塩部分が融けた状態になり、マグマの海が形成された状態のことをいう。地球においては、その形成の最終段階でジャイアント・インパクトを経験した際に、マグマオーシャンが形成されたとの説がある。

                                               

脈石

脈石 (みゃくせき、gangue)は、鉱石とともに鉱床に産するが、経済的に無価値なため採掘の対象とならない鉱物のことで、鉱石中の不用部分で選鉱の工程で除去される。 同じ鉱物であっても、鉱石の種類や品位、鉱業の技術水準などによって常に価値が左右されるため、脈石鉱物にも鉱石鉱物(有用鉱物)にも転じ得る。また、技術の発展により脈石が鉱石に変化することがある。