Back

ⓘ 地理学 - 王立地理学会, 東北地理学会, 村落地理学, 人文地理学会, 人文主義地理学, 歴史地理学会, 地理学の歴史, 沖縄学, 尾根, 河間地域, 韓国地名学会, 計量革命, 月理 ..




                                               

王立地理学会

王立地理学会 (おうりつちりがっかい、英語: Royal Geographical Society RGS )は、地理学の発展のために1830年に設立されたイギリスの学会。日本語では 王立地理学協会 、 王立地学協会 などとも訳される。今日においては、世界の地理学の中心的位置を占める学会であり、研究、教育、巡検とフィールドワークを支援し、世界の人々、場所、環境についての一般法則化と詳細な理解を奨励している。

                                               

東北地理学会

東北地理学会 (とうほくちりがっかい)とは、東北地方に在住している地理学者達を主な構成員とする学会。以前は東北地方に関連するものを主とし、東北地方の地理学研究所の発展に貢献するものが大半を占めていた。その後、地方学会のような性格を取り払う方針がとられ、会員数の増加とともに会員分布も全国的に広まり、現在では全国各地の地理学者の協力の下、全国的な地理学会の一つとして認められている。

                                               

村落地理学

村落地理学 (そんらくちりがく、英語: rural geography )は、農村など村落に関する人文地理学の一分野。農業主体の村落だけではなく、漁村なども含まれるので 村落地理学 という方が包括的であるが、純粋に漁業のみの村落は少ないので、この分野は 農村地理学 (のうそんちりがく)という呼称でも多く呼ばれている。また、集落地理学の主要な分野でもある。 一般的には、人口が少なく人口密度が低く第一次産業を主体としている地域に関する地理学という認識で一致している。扱う内容も村落の形態の分析から、産業構造の問題、さらには過疎化の問題など、文化学的な分野、社会学的な分野、経済学的な分野、人口学的な分野など様々な要素が詰 ...

                                               

人文地理学会

一般社団法人人文地理学会 (じんぶんちりがっかい、英語: The Human Geographical Society of Japan )は、人文地理学を中心に地理学的な研究を行う日本の学会。本部を京都市に置く。2011年(平成23年)9月30日現在の会員数は1394人。 1948年(昭和23年)3月に発足。人文地理学を研究し、その進歩普及を図ることを目的とする(会則第2条)。日本学術会議協力学術研究団体、地理学連携機構に参加している。 学会の事業として機関誌『人文地理』の発行、大会・例会・研究部会・公開セミナーの開催を行う。

                                               

人文主義地理学

人文主義地理学 (じんぶんしゅぎちりがく、英語: humanistic geography )あるいは 人間主義地理学 (にんげんしゅぎしゅぎちりがく)は、1970年代にアメリカ合衆国やカナダで発生した人文地理学の考え方で、空間における個々の人間性を重視する。

                                               

歴史地理学会

歴史地理学会 (れきしちりがっかい、英語: The Association of Historical Geographers in Japan )は、日本の地理学関係の主要学会の1つである。機関誌は「歴史地理学」。

                                               

地理学の歴史

地理学の歴史 (ちりがくのれきし、英語: History of geography )では、地理学の発展の歴史について解説する。

                                               

沖縄学

沖縄学 (おきなわがく)は、沖縄県(琉球)を巡る諸学問の総称。伊波普猷が1911年に『古琉球』を著して、学問として成立した。従って、伊波の学問を現在の沖縄学の源流として見る必要がある。

                                               

尾根

尾根 (おね)は、谷と谷に挟まれた山地の一番高い部分の連なりのことである。 山稜 (さんりょう)、 稜線 (りょうせん)とも言う。地図上では等高線の突出として示される。

                                               

河間地域

河間地域 (かかんちいき、英: interfluve )は、2つの谷の間にある尾根状の細長い地形である。ホウィットー(Whittow)はより一般的な2つの同じ水系の川に挟まれた高地と定義した。

                                               

韓国地名学会

韓国地名学会 (かんこくちめいがっかい)は、韓国の地名を調査、整理、研究して地名に関連した学問が発展することを目的として設立された学会で、1997年9月に設立した。同学会は国内唯一の地名関連学術誌である を毎年刊行している。

                                               

計量革命

計量革命 (けいりょうかくめい、英語: quantitative revolution )とは、数理科学的・統計学的な手段を用いて地理学のモデルを作成したり、地理学的な諸現象の説明を行ったりしようとした運動のことである。計量革命は1950年後半から1960年代前半に欧米で発生・進行し、1960年代のアメリカ合衆国の地理学界に大きな影響を及ぼしたほか、全世界に拡大した。

                                               

月理学

月理学 (げつりがく)または 月面地理学 (げつめんちりがく)は、月面の地形と特徴を研究する学問分野である。 英語ではselenography で、geography(地理学)のgeo-(ギリシャ神話の大地の女神ガイアに由来し、地球を意味する)をseleno-(ギリシャ神話の月の女神セレネに由来し、月を意味する)に置き換えた言葉である。graphyは「書く」という意味である。日本語の月理学も、地理学の「地(地球)」を「月」に置き換えた言葉である。

                                               

ジオソフィ

ジオソフィ は、1947年に ジョン・カートランド・ライト によって地理学に導入された概念。ギリシア語の「大地/地球」に由来する geo と「知恵」に由来する sophy を結びつけた造語である。

                                               

日本の歴史・地理に関する資格一覧

日本の歴史・地理に関する資格一覧 (にほんのれきし・ちりにかんするしかくいちらん)は、日本国内で実施されている、歴史学および地理学に関する資格あるいは資格試験の名称を一覧としたものである。

                                               

測量学

                                               

高杉さん家のおべんとう

『 高杉さん家のおべんとう 』(たかすぎさんちのおべんとう)は、柳原望による日本の漫画。『コミックフラッパー』(メディアファクトリー発行)にて2009年5月号から2015年6月号まで連載された。 とある事情で同居することになった、主人公・高杉温巳と年齢の離れた従妹・久留里が、お弁当作りなどを通して触れ合い、家族となっていく過程を綴った物語である。作中には、地理学に関する話題が取り上げられていて、地理学者からも評価されている。本作を通じた地理学の普及・啓発などの貢献により2014年度日本地理学賞(社会貢献部門)が作者に授与されている。 主な舞台は名古屋市であり、柳橋中央市場などが登場する。そのほか、岐阜県恵那 ...

                                               

地域

地域 (ちいき、英語: region )とは、地形が似通っている、同じ性質をもっているなどの理由からひとまとめにされる土地のこと。

                                               

地域調査

地域調査 (ちいきちょうさ)とは、特定の地域を目的をもって調査する学習活動のことであり、調査したい地域を先に決め、その地域にふさわしい主題を選ぶ方法と、関心をもった主題から、それに適した地域を選んで調べる方法がある。

                                               

地形学

地形学 (ちけいがく、英語: geomorphology )は、地球の表面上を構成するあらゆる地形の記載・分類・成因などを研究する分野で、自然地理学の一分野でもあり、地球科学の一分野でもある。 19世紀末期に地質学、自然地理学の一分野としてはじめられ、20世紀後半には独立の学問領域として発展した。 地形学は、火山地形学、変動地形学、河川地形学、海岸地形学、氷河地形学などの分野をもつ。

                                               

地誌学

地誌学 (ちしがく、英語: regional geography )とは、系統地理学の研究成果を利用しながら、特定の地域の性格について総合的に理解していくことを目標とする、地理学の一分野である。 特殊地理学 、 地域地理学 、 地方地理学 とよぶこともある。 地誌学では、特定の地域における地域構造(地域の構成要素の関係性)や地域性の解明などを目標としていく。

                                               

地名学

地名学 (ちめいがく、英語: toponymy )とは、特定の地域の地名の成り立ちや各地の命名法則などについて研究する学問。 地名研究 ともいう。地理学の一部門としての要素が強いが、歴史学や、民俗学、言語学などからのアプローチも欠かせない。 日本などでは、学問分野としての確立はまだ見られないが、イギリス、フランスなどのように、一学問分野として見られている国もヨーロッパを中心に少なくない。 一般的には古文書・古記録などを精読し、その地名の記録上の初見や綴りの変遷を研究して現在地との比定を行うが、文献解読では解明しきれない部分も存在する。また地図の読解や語彙から地名の意味を探ったり、口承などからも検討されるこ ...

                                               

地名集

地名集 は地名の辞書やデータベースを指す。地名とその場所に関する情報を提供する役割を果たし、地図や地図帳と同時に使用されることも多い。国、地方、大陸のような地理的な特徴に関する知識だけでなく、社会統計や山、水道、道路などの都市環境なども掲載している。地名集で提供される情報の例としては地名とその場所の位置、都市環境、人口、GDP、識字率などがある。地名集は通常50音順もしくはアルファベット順で地名を検索することができるようになっている。 古代ギリシャの地名集はヘレニズム時代には存在していた。世界初の地名集は1世紀の中国に見ることができる。 9世紀の中国 における 活版印刷の発達 とともに、郷紳は自分の住 ...

                                               

地理 (科目)

地理 (ちり、英: geography )は、日本の高等学校における科目の一つ。本項では、高等学校科目としての地理及び、小学校・中学校で学習する地理について解説する。

                                               

地理学者

地理学者 (ちりがくしゃ)とは、学問としての地理学を専門に研究・調査・教育活動などを行っている人物。現代に至るまで時代を問わず世界中に存在している。何かしらの学術的成果を残している人物を指すので、近代以前の未知の土地へ行き、そこでの有り様を記述したものがそのまま地理的な成果になるような時代と違い、現在では探検家や冒険家などは地理学者には通常は含まれない。逆に、経済学、社会学、国際関係学、文化人類学、地質学、環境科学など近接した学問分野を専門にした人物が地理学にも影響を与えるような成果を残した場合は、地理学者として考えられることも多い。 また、オランダの画家ヨハネス・フェルメールが1669年頃に描 ...

                                               

地理学者の一覧

地理学者の一覧 (ちりがくしゃのいちらん)は、地理学に実績がある人物(地理学者)の一覧である。広い意味での地理に影響を与えた人物も含める(日本以外)。なお、日本の地理学者は、多数にわたるので日本の地理学者の一覧を参照。

                                               

地理学科

地理学科 (ちりがっか)とは、大学で地理学を専門に研究する学科である。 日本の国公立大学では、東日本では理学部に設置されることが多く、西日本では文学部に設置される場合が多い。この背景には、京都帝国大学では日本最古の地理学教室が文科大学(文学部)に設置されたものの、東京帝国大学では理科大学(理学部)に設置されたことが挙げられる。なお私立大学では文学部に設置されていることが多い。文系・理系のどちらの要素も含む。強いて言えば、人文地理学が文系、自然地理学が理系ということになるが、各大学で扱いは異なる。大学入試センター試験においても受験する大学によって課される科目の設定は異なる。 海外では地理学部が ...

                                               

地理教育

地理教育 (ちりきょういく、 Geography education )とは、地理に関連する教育活動・内容の総称である。

                                               

地理システムアプローチ

地理システムアプローチ (ちりシステムアプローチ)とは、地理教育においてシステムの見方・考え方(システム思考やネットワーク思考)に基づき、ダイナミクス、複雑系、創発などのシステムの概念から物事を理解し、応用する学びのこと。地理のコンピテンシー論と学習方法論から成る。

                                               

地理哲学

地理哲学 (ちりてつがく)とは、地理学に於ける認識論、形而上学、価値論を扱う哲学の一分野である。

                                               

ナショナルジオグラフィック協会

ナショナル ジオグラフィック協会 (National Geographic Society)は、地理学の普及を目指した33人のメンバーによって1888年1月13日に設立された団体。現在、本部はワシントンD.C.。 月刊誌『ナショナル ジオグラフィック』の発行元として有名だったが、2015年にメディア部門をアメリカの21世紀フォックス(現・ウォルト・ディズニー・カンパニー)に売却したため、同誌やケーブルテレビチャンネルなどは新会社ナショナルジオグラフィックパートナーズに変更となった。

                                               

日本の地理学者の一覧

日本の地理学者の一覧 (にほんのちりがくしゃのいちらん)は、現在に至るまでの日本における地理学者の一覧である(地理に見るべき影響を与えた人物も含む)。

                                               

ブラタモリ

『 ブラタモリ 』(英称: BURATAMORI 、通称: ブラタモ )は、NHK総合テレビで2008年から断続的に放送されている日本の紀行・教養バラエティ番組。司会を務めるタモリの冠番組でもある。ステレオ放送、ステレオ2音声による解説放送(2016年4月30日放送分から実施)、字幕放送、ハイビジョン放送を実施。 レギュラー版の放送時間は、第3シリーズまでは毎週木曜22:00 - 22:48 であったが、第4シリーズからは毎週土曜19:30 - 20:15(いずれもJST)へと変更された。パイロット版や特番の放送時間は#番組の推移節などを参照。

                                               

文化的空間

文化的空間 (ぶんかてきくうかん、英語:Cultural Space)は、人間の営み(現象的意識)の中で築かれてきた空間のこと。広義では「 社会的空間 」に包括される。

                                               

ボランタリー地理情報

ボランタリー地理情報 とは、個人によって自発的に共有される地理的データを生成・結合し、普及するためにツールを活用する事である 。この現象の幾つかの例としてはウィキペディア、オープン・ストリート・マップ、そしてGoogle_マップのマイマップがある。VGIはまた、地理情報システムの批判的・参加型アプローチの延長として、さらにはオンラインまたはwebの 信用性 における特定の関心分野として見る事ができる。これらのサイトは一般的な基盤地図の情報を提供し、ユーザーが様々なイベントの発生あるいは特定の機能が存在する場所をマーキングすることで、独自のコンテンツを作成することができる。しかし、基盤地図上には即座に反映さ ...

                                               

立地特性

立地特性 (りっちとくせい)とは、地理学でいう動植物の生息環境における気候や地形の特徴のことで、開発予定地や市街地の気候や地形といった自然条件と商業環境、土地建物利用状況、社会基盤整備状況、交通環境、各種地域資源など社会的状況の総体。 都市環境を把握するうえで重要な条件であり、的確な計画条件把捉および課題抽出、方針検討の基礎的情報である。