Back

ⓘ 法学 - 法学, 法学者, 博士(法学), 法学部, 京都大学大学院法学研究科・法学部, 法学研究科, 学士(法学), 慶應義塾大学大学院法学研究科・法学部, 修士(法学), 九州 ..




                                               

法学

法学 (ほうがく、英: jurisprudence 、仏: jurisprudence 、独: Rechtswissenschaft, Jurisprudenz 、伊: giurisprudenza )とは、法又は法律に関する学問である。法学の分類として一般的なのは、実定法に関する研究を行う実定法学(実定法の意味を認識体系化する法解釈学と、立法に関する立法学に分けることができる。)と、基礎法学への分類である。 法律学 ともいう。

                                               

法学者

法学者 (ほうがくしゃ)は、学問分野で法学として分類される領域で研究をおこなう学者・研究者。 日本においては、大学に所属する研究者のみを指すのが通常である。 現役の法学研究者の中にも、同時に実務家(法実務家)として活躍する者もいる。

                                               

博士(法学)

博士(法学) (はくし ほうがく)は、法学に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されている博士の学位である。1991年以前の日本では、学位規則により個別の学位の名称が定められていたので、 法学博士 (ほうがくはくし)という博士の学位が授与されており、法学博士は、現在の「博士(法学)」とほぼ同じものである。 法学博士は、1887年(明治20年)制定の学位令において、文部大臣より授与される5種類の博士のうちの1つとして定められた。 研究業績を学位請求論文として提出し、審査を経て授与される「博士(法学)」と、法科大学院修了者に授与される法務博士(専門職)は、いずれも法および博士の字を含む点で類似の名称と ...

                                               

法学部

法学部 (ほうがくぶ、英称:Faculty of Law / School of Law / College of Law)は、大学の学部の一つで、法学を研究・教授の対象とする。また、法学部政治学科のように、法学部内で政治学を研究・教授の対象とするところもある。

                                               

京都大学大学院法学研究科・法学部

京都大学大学院法学研究科 (きょうとだいがくだいがくいんほうがくけんきゅうか、英称:Graduate School for Law)は、京都大学大学院に設置される研究科の一つである。また、 京都大学法学部 (きょうとだいがくほうがくぶ、英称:Faculty of Law)は、京都大学に設置される学部の一つである。

                                               

法学研究科

法学研究科 (ほうがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Law )は、日本の 大学院 研究科のうち、法学に関する高度な教育・研究を行う機構(研究大学院)の1つである。具体的な研究分野については法学部も参照。

                                               

学士(法学)

学士(法学) (がくし ほうがく)は、日本の学士の学位の一つであって、法学を専攻分野とした者等に授与されるものである。イギリスにおける「Bachelor of Laws」(略記は、「LL.B.」、「LLB」又は「Ll.B.」)に相当するものである。

                                               

慶應義塾大学大学院法学研究科・法学部

慶應義塾大学法学部 (けいおうぎじゅくだいがくほうがくぶ)は、慶應義塾大学が設置する法学部。 慶應義塾大学大学院法学研究科 (けいおうぎじゅくだいがくだいがくいんほうがくけんきゅうか)は、法学および政治学を研究する慶應義塾大学が設置する大学院法学研究科。

                                               

修士(法学)

修士(法学) (しゅうし ほうがく)は、修士の学位であり、法学を専攻分野として修めることによって、日本で授与されるものである。1991年以前の日本では、学位規則により個別の学位の名称が定められていたので、 法学修士 (ほうがくしゅうし)という修士の学位が授与されていたが、これは、現在の「修士(法学)」とほぼ同じものである。 諸外国ではわが国と学位制度に違いがある。例えば、アメリカのロースクールでは、外国人を対象としたプログラムを1年間履修することでLL.M.(Legum Magisterの略)という学位が与えられるが、これは論文審査をへて与えられる学位である日本の修士(法学)とは異なる。アメリカ国内からのロースクール ...

                                               

九州大学大学院法学研究院・大学院法学府・法学部

九州大学大学院法学研究院 (きゅうしゅうだいがくだいがくいんほうがくけんきゅういん、英称:Faculty of Law)は、九州大学大学院に設置される研究科以外の研究組織の一つであり教員が所属する。 九州大学大学院法学府 (きゅうしゅうだいがくだいがくいんほうがくふ、英称:Graduate School for Law)は、九州大学大学院に設置される研究科以外の教育組織の一つであり大学院生が所属する。 九州大学法学部 (きゅうしゅうだいがくほうがくぶ、英称: Faculty of Law)は、九州大学に設置される学部の一つである。

                                               

中央大学法学部

中央大学法学部 (ちゅうおうだいがくほうがくぶ)は、英吉利法律学校を源流とする中央大学の看板学部である。

                                               

歴史法学

歴史法学 (れきしほうがく, 独: Geschichtliche Rechtsschule, 英: Historical jurisprudence )とは、19世紀初頭のドイツを中心に起こった歴史主義を採る 歴史法学派 (れきしほうがくは)と彼らによる、法の歴史的研究を重要視する法学を指す。後の法制史研究の源流となった。 先駆者としてフーゴー(en)を挙げることも可能であるが、歴史法学派の祖であり完成者とされるのは、サヴィニーである。 当時ドイツでは、ナポレオン時代にフランス民法典が導入されていたが、これは自然法を法典化したものと考えられていた。 サヴィニーは、法を言語と同じ様に民族共通の確信である「民族精神」(Volksgeist)の発露として捉え、民族の歴史とと ...

                                               

プロジェクト: 法学

まず最初に、心に留めておくべき重要な注意事項をひとつ: 数人のウィキペディアンが法学関連の記事でどのようにデータを整理するかについての提案をすべく集まりました。これら単なる提案であり、記事を執筆する際に迷わず作業を進めるよう手助けするためのものです。これらの提案に従う義務があるなどと感じたりするべきではありません。けれども、何を書いていいか、どこから手をつけていいかわからない、といった状態の人には、以下のガイドラインは助けになるかも知れません。つまるところ、われわれはあなたに記事を書いて欲しいのです!  

                                               

オイヤー・アンド・ターミナー

オイヤー・アンド・ターミナー (oyer and terminer、 「傾聴と決定」を意味するアングロフランス語「oyer et terminer」の部分的翻訳)は、巡回裁判所判事の職務の一部を指して用いられるフランス法の用語で、イングランド法における概念。 「オイヤー・アンド・ターミナー」という言葉は、傾聴と決定の効果が及ぶ限り、刑事裁判を行う権限を持つ裁判所を指す際にも用いられる。

                                               

公共信託

公共信託 (こうきょうしんたく) 公共信託論 (こうきょうしんたくろん)とは、政府や地方政府は、一般公衆から公物の管理の信託を受けているのであり、一般公衆の利益に沿った管理をすべき義務があるとする考え方。ローマ法における「公共信託理論」は河川、海岸、空気等は一般公衆が自由に阻害されないで使うことができるように、政府が信託されて保管しているという考えの上に組み立てられていた。 J.L.サックスによると、公共信託の理論は下記の3つの関連する原則の上に立っている。 大気や水は、個々の企業のものというよりは、自然の恵みにあずかることきわめて大であるから、個人の経済的地位にかかわりなく、すべての市民が自由に ...

                                               

ジュリメトリックス

ジュリメトリックス あるいは 計量法学 は、法に定量的な手法 を適用した、法学の一分野である。 ジュリメトリックスは、アメリカ合衆国およびブラジルでよく知られている。合衆国では、学術雑誌『ジュリメトリックス』がアメリカ法曹協会から出版されている 。ブラジルでは、ブラジル・ジュリメトリックス協会の存在が主として知られている。ブラジル・ジュリメトリックス協会は自らを「『法と数学』の研究者の集まる非営利組織」だと規定している。 この用語は1949年に リー・レウインジャー の論文「ジュリメトリックス――新たなる一歩――」において初めて使用された。この論文は オリバー・ウェンデル・ホームズ・ジュニアの影響を受けてお ...

                                               

人工知能と法

人工知能と法 とは、主として人工知能技術を法情報学の問題へと応用し、あるいはこれらの問題について独自の研究をする人工知能研究の一部門である。この分野における研究成果は必ずしも法的な問題にとどまるものではなく、法的問題の文脈で開発されてきた技術および道具立てを人工知能一般へと還元するという仕方で人工知能研究へと寄与してきた。例えば、法的意思決定の理論、特に議論のモデルは、知識表現と推論の研究に貢献してきた。また、規範に基づく社会の組織化のモデルは、マルチエージェントシステムの研究に貢献してきた。あるいは、法的事例についての推論は事例ベース推論の研究に貢献してきた。そして、大規模な文章データの ...

                                               

批判法学

批判法学 とは、1970年代にアメリカにおいて興隆した学派・運動である。法の不確定性や裁判所の欺瞞を強調したリアリズム法学から強く影響を受けているが、カール・マルクスやジャック・デリダ等の大陸哲学を大々的に摂取した点等に大きな違いがある。批判法学は、その名の示すとおり、当時の主流派の法学、すなわち「リベラル・リーガリズム」を批判するものである。しかしながら、その批判の射程は法学にとどまるものではなく、社会理論一般に対して向けられたものであり、総じて左派的な社会の形成を試みるためのものだと解される。

                                               

Pro hac vice

Pro hac vice とは、ラテン語で「今回限り」あるいは「本件限り」 の意味で、法律用語では一般に、あるコモン・ローの法域において、その法域では業務を行う資格を持っていない弁護士が、特定事件で業務を行うことをいう。 pro hac vice による許可はアメリカの法域ではすべてにおいて利用可能であるが、大陸法の法域では、法域をまたがる業務については一般により厳しい規制がある。

                                               

法学方法論

法学方法論 (ほうがくほうほうろん、juristische MethodenlehreないしMethodenlehre der Rechtswissenschaft)とは、法に関する知見の在り方を考察するものである。以下に、日本の法学の方法に大きな影響を与えた大陸法の方法論について、条文解釈で用いられる法的推論のひとつを紹介する。

                                               

法的特異点

法的特異点 (ほうてきとくいてん)とは、技術的特異点の到来に対応して、法律学において生じる質的変化である 。

                                               

法学のラテン語成句の一覧

法学のラテン語成句の一覧 (ほうがくのラテンごせいくのいちらん)では、法学の分野で用いられるラテン語の成句を挙げる。 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V

                                               

立法と法学に対するわれわれの時代の使命について

『 立法と法学に対するわれわれの時代の使命について 』(りっぽうとほうがくにたいするわれわれのじだいのしめいについて、Vom Beruf unserer Zeit für Gesetzgebung und Rechtswissenschaft)とは1814年にドイツの法学者フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーによって書かれた著作である。

                                     

ⓘ 法学

  • 法学 特に比較 法学 と法史学 による知見を基に一定の解釈を展開するというスタイルが支配的である 実定 法学 の対象は 大きく公法と私法に分かれる これらの対象に応じて 公 法学 私 法学 と呼ぶ 憲 法学 国 法学 行政 法学 租税 法学 刑 法学 などは公 法学 に属し 民 法学 商 法学 などは私 法学
  • 法学 者 ほうがくしゃ は 学問分野で 法学 として分類される領域で研究をおこなう学者 研究者 日本においては 大学に所属する研究者のみを指すのが通常である 現役の 法学 研究者の中にも 同時に実務家 法実務家 として活躍する者もいる 法学 者一覧 日本の 法学 者一覧 ウラマー - イスラムにおける 法学 者
  • 博士 法学 はくし ほうがく は 法学 に関する専攻分野を修めることによって 日本で授与されている博士の学位である 1991年以前の日本では 学位規則により個別の学位の名称が定められていたので 法学 博士 ほうがくはくし という博士の学位が授与されており 法学 博士は 現在の 博士 法学 とほぼ同じものである
  • 法学 部 ほうがくぶ 英称 Faculty of Law School of Law College of Law は 大学の学部の一つで 法学 を研究 教授の対象とする また 法学 部政治学科のように 法学 部内で政治学を研究 教授の対象とするところもある 法学
  • 法学 研究科 ほうがくけんきゅうか 英称 The Graduate School of Law は 日本の大学院研究科のうち 法学 に関する高度な教育 研究を行う機構 研究大学院 の1つである 具体的な研究分野については 法学 部も参照 主に 法学 部の上位に連続した形で設置され 博士前期課程 修士課程
  • 分科大学制から学部制への変更に伴い 法科大学が 法学 部に改組される 1949年 - 新制京都大学 法学 部となる 1953年 - 大学院 法学 研究科を設置 2004年 - 法科大学院 専門職大学院 を設置 学科組織はなく 以下4つの系統に分類される 基礎 法学 系 公 法学 系 民刑事法系 政治学系 法学
  • 学士 法学 がくし ほうがく は 日本の学士の学位の一つであって 法学 を専攻分野とした者等に授与されるものである イギリスにおける Bachelor of Laws 略記は LL.B. LLB 又は Ll.B. に相当するものである 従来 法学
  • 1883年6月 - 東京大学 法学 部に修業年限3年の別課 法学 科を設置 1886年4月に廃止 1884年1月 - 法学 協会を設立 1884年12月 - 法学 校が文部省所轄の東京 法学 校に 1884年8月 - 東京大学法 文学部 本郷校地に移転 1885年9月 - 東京大学 法学 部に東京 法学 校を統合 1885年12月
  • 修士 法学 しゅうし ほうがく は 修士の学位であり 法学 を専攻分野として修めることによって 日本で授与されるものである 1991年以前の日本では 学位規則により個別の学位の名称が定められていたので 法学 修士 ほうがくしゅうし という修士の学位が授与されていたが これは 現在の 修士 法学 とほぼ同じものである
  • 慶應義塾大学大学院 法学 研究科 法学 部 慶應義塾大学 法学 部 けいおうぎじゅくだいがくほうがくぶ は 慶應義塾大学が設置する 法学 部 慶應義塾大学大学院 法学 研究科 けいおうぎじゅくだいがくだいがくいんほうがくけんきゅうか は 法学 および政治学を研究する慶應義塾大学が設置する大学院 法学 研究科 慶應義塾大学 法学