Back

ⓘ 薬学 - 薬学, 薬学研究科, 薬学科, 博士(薬学), 学士(薬学), 東京大学大学院薬学系研究科・薬学部 ..




                                               

薬学

薬学 (やくがく、英語: pharmacy )とは、薬物を専門とする学問である。医療をサポートする学問領域の医療薬学と薬の発見と製造に関する領域の医薬品化学に大別される。

                                               

薬学研究科

薬学研究科 (やくがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Pharmaceutical Sciences )は、日本の大学院研究科のうち、薬学に関する高度な教育・研究を行う機構の1つである。具体的な研究分野については薬学部も参照。

                                               

薬学科

薬学部 (やくがくぶ)は、大学の学部のひとつ。薬学の教育、研究がなされる。本項においては、別段の記述が無い限り日本の大学における薬学部について述べるものとする。薬剤師国家試験の受験資格が与えられる6年制の薬学科と、与えられない4年制の薬科学科がある。 薬学部を有する大学は、薬用植物園(薬草園)を附属させることを必要とされ(大学設置基準第39条)、6年制課程を有する薬学部をもつ大学は、薬学実務実習に必要な施設を確保する義務を有する(大学設置基準第39条の2)。

                                               

博士(薬学)

博士 ( 薬学 ) (はくし やくがく、英: doctor of pharmacy )は、博士の学位であり、薬学(医薬化学、天然物化学、生薬学、薬理学、病理学、薬物動態学、生理学、生化学など)に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。学士(薬学)、修士(薬学)の上位の学位に当たる。 1991年以前の日本では、 薬学博士 (やくがくはくし)という博士の学位が授与されており、薬学博士は、現在の「博士(薬学)」とほぼ同じものである。

                                               

学士(薬学)

学士(薬学) は学士の学位の一つ。薬学分野の学士号で上位の学位として博士(薬学)がある。 主に大学の薬学部卒業生に授与される学位である。薬学分野の学士号の歴史は古く、1877年明治10年の旧制東京大学の開学とともに、法学士、理学士、文学士、医学士とともに製薬士の学位が定められ、翌78年明治11年に9人の卒業生に製薬士号が授与されたが5期で授与が停止された。 1886年(明治19年)の学制改革に際し、東京大学製薬学科が廃止となったが、医科大学薬学科として復活した。1887年明治20年、帝国大学令が発令され、学士号は学位から称号に移行。1890年明治23年に医科大学で第1回卒業生5名に薬学士号が授与された。1897年明治30年、京都 ...

                                               

東京大学大学院薬学系研究科・薬学部

東京大学大学院薬学系研究科 (とうきょうだいがくだいがくいんやくがくけいけんきゅうか、英称:Graduate School of Pharmaceutical Sciences)は、東京大学に設置される大学院研究科の一つである。また、 東京大学薬学部 (とうきょうだいがくやくがくぶ、英称:Faculty of Pharmaceutical Sciences)は、東京大学に設置される学部の一つである。 薬学部と薬学系研究科は一体となって運営されているため、この記事で合わせて解説する。