Back

ⓘ 社会 - 社会, 社会保障, 社会主義, 市民社会, 情報化社会, 国家社会主義 ..




                                               

社会

社会 (しゃかい、英: Society )は、ある共通項によってくくられ、他から区別される 人々の集まり 。また、仲間意識をもって、みずからを他と区別する人々の集まり。社会の範囲は非常に幅広く、単一の組織や結社などの部分社会から国民を包括する全体社会まで様々である。社会の複雑で多様な行為や構造を研究する社会科学では人口、政治、経済、軍事、文化、技術、思想などの観点から社会を観察する。

                                               

社会保障

社会保障 (しゃかいほしょう、英: Social security schemes )は、個人的リスクである、病気・けが・出産・障害・死亡・老化・失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会が所得移転によって所得を保障し、医療や介護などの社会的サービス(Social benefits)を給付する制度を指す。社会保障という言葉は社会福祉と同義で使われることも多いが、公的には、社会福祉の他に公衆衛生をも含む、より広い概念である。 社会保障の目的は多くの国で共通するが、言葉の意味するところは国によって異なる。たとえばイギリスでは、Social Security(社会保障)は経済的保障のみを指す。国際労働 ...

                                               

社会主義

社会主義 ( しゃかいしゅぎ 、 ( 英: socialism )は、個人主義的な自由主義経済や資本主義の弊害に反対し、より平等で公正な社会を目指す思想、運動、体制。 社会主義は広義には社会を組織化することにより人々を支える制度であり、歴史的には社会改良主義、社会民主主義、無政府主義、サンディカリズム、共産主義、国家社会主義なども含まれる。

                                               

市民社会

市民社会 (英: civil society 独: bürgerliche Gesellschaft 仏: société civile, société bourgeoise)または 資本主義社会 、 近代社会 、 ブルジョア社会 とは、市民階級が封建的な身分制度や土地制度を打倒して実現した、民主的・資本主義的社会。「市民階級」「市民革命」「市民法」「市民的自由」等と共に、第二次大戦後から有力になった用語。 この言葉は本来、「市民革命 ブルジョア革命 によって成立した社会」を意味する。資本家や知識人らの市民階級が絶対君主制・封建制を打破し、基本的人権を確保したことで市民社会は成立した。政治的には民主主義に、経済的には資本主義に基づく社会だとされる。

                                               

情報化社会

情報化社会 ( じょうほうかしゃかい ) 、あるいは 情報社会 ( じょうほうしゃかい ) とは、情報が諸資源と同等の価値を有し、それらを中心として機能する社会のこと。また、そのような社会に変化していくことを 情報化 ( じょうほうか ) という。狭義には、そのような社会へと変化しつつある社会を情報化社会とし、そのような社会を情報社会と定義して区別する場合がある。この場合は情報社会を発展させたものを 高度情報化社会 ( こうどじょうほうかしゃかい ) 、 高度情報社会 ( こうどじょうほうしゃかい ) と呼ぶこともある。

                                               

国家社会主義

国家社会主義 (こっかしゃかいしゅぎ)とは、国家と社会主義を関連づけた思想や運動で、以下の異なる思想・運動を指して使われている。 ナショナル・ソーシャリズム (英語: national socialism 、ドイツ語: Nationalsozialismus - 国家が社会主義を推進する思想。初期にはモーリス・バレスやルドルフ・チェーレンが使用したが、1920年以降のアドルフ・ヒトラーと国家社会主義ドイツ労働者党による使用が著名であり、このため「 国家社会主義 」 英語: Nazism は労働者党の思想と説明される例が多い。 日本の「国家社会主義」 - 高畠素之、赤松克麿らがとなえた。これは上述の各思想とは異なる。赤松は自著では「国民社会主義」と称した。ま ...